設問205:世話焼きおじさん

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:KODOKU
PC名:KODOKU
所属藩国:人狼領地
連絡先(Twitterまたはe-mail):@gudu_kodoku

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


部品構造


  • 大部品: 世話焼きおじさん RD:9 評価値:5
    • 部品: 能力①:紛争仲裁
    • 部品: 仲裁の決まり文句
    • 大部品: 仲裁の方法 RD:4 評価値:3
      • 部品: 紛争当事者の肉体的接触を避ける
      • 部品: 話を聞く順番
      • 部品: 不満と利害の確認
      • 部品: 解決策の提示
    • 部品: 能力②:日雇い労働
    • 部品: 相手を傷つけないよう配慮する
    • 部品: 着用制限



部品定義


部品: 能力①:紛争仲裁

対立する複数の人々がいると、つい口を挟んで仲裁したくなる。お互いの言い分を聞き、それぞれの不満や状況を明らかにして、双方の妥協点を探して紛争を仲裁することが出来る。

部品: 仲裁の決まり文句

「おっと待ちなよ、何があったんだい? 喧嘩してお互い怪我でもしたらつまらねえ、ここはひとつこの件はおっちゃんに預けて、話を聞かせてくれねぇか?」


部品: 紛争当事者の肉体的接触を避ける

相手がお互いに肉体的に傷つけられないように、両者の間に障害物を挟むか、一定の距離を取る。或いは自分が間に入る。

部品: 話を聞く順番

双方、自分の言い分を全て出し切るまで、どんなに腹が立っても途中で口を挟まないよう約束を取り付ける。この決まりに違反した場合やんわりと止める。


部品: 不満と利害の確認

お互いが不満に感じている事とその原因、それによって発生する利益と損害について整理し、お互いが何を望んでいるのか明らかにする。誤解が原因ならば、感情面を考え、本人らの意思を尊重しつつ謝罪のフォローを行う。


部品: 解決策の提示

紛争当事者、および世話焼きおじさんで解決策を出し合い、お互いに損害が最小となり、利益が最大となるような妥協点を探る。

部品: 能力②:日雇い労働

犯罪にならない範囲で、誰でも出来るような単純作業、体力があればなんとかなりそうな力仕事を手伝うことが出来る。

部品: 相手を傷つけないよう配慮する

世話焼きおじさんは、お互いを傷つけ合い、肉体的・精神的・経済的に損失を被る可能性から、対立する複数の人々を善意で助けようとする。そのため、どんな相手であろうと、肉体的・精神的・経済的に傷つけないよう配慮する。ただし、自らの身に危険が迫った場合、この限りではない。ただしその優しさから相手を殺害することはできない。

部品: 着用制限

生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩であり、男性や中年でなくとも着用できる。決まり文句は性別や種族固有の言語や言い回しに自動的に変換される。



提出書式


 大部品: 世話焼きおじさん RD:9 評価値:5
 -部品:  能力①:紛争仲裁
 -部品: 仲裁の決まり文句
 -大部品: 仲裁の方法 RD:4 評価値:3
 --部品: 紛争当事者の肉体的接触を避ける
 --部品: 話を聞く順番
 --部品: 不満と利害の確認
 --部品: 解決策の提示
 -部品: 能力②:日雇い労働
 -部品: 相手を傷つけないよう配慮する
 -部品: 着用制限
 
 
 部品:  能力①:紛争仲裁
 対立する複数の人々がいると、つい口を挟んで仲裁したくなる。お互いの言い分を聞き、それぞれの不満や状況を明らかにして、双方の妥協点を探して紛争を仲裁することが出来る。
 
 部品: 仲裁の決まり文句
 「おっと待ちなよ、何があったんだい? 喧嘩してお互い怪我でもしたらつまらねえ、ここはひとつこの件はおっちゃんに預けて、話を聞かせてくれねぇか?」
 
 
 部品: 紛争当事者の肉体的接触を避ける
 相手がお互いに肉体的に傷つけられないように、両者の間に障害物を挟むか、一定の距離を取る。或いは自分が間に入る。
 
 部品: 話を聞く順番
 双方、自分の言い分を全て出し切るまで、どんなに腹が立っても途中で口を挟まないよう約束を取り付ける。この決まりに違反した場合やんわりと止める。
 
 
 部品: 不満と利害の確認
 お互いが不満に感じている事とその原因、それによって発生する利益と損害について整理し、お互いが何を望んでいるのか明らかにする。誤解が原因ならば、感情面を考え、本人らの意思を尊重しつつ謝罪のフォローを行う。
 
 
 部品: 解決策の提示
 紛争当事者、および世話焼きおじさんで解決策を出し合い、お互いに損害が最小となり、利益が最大となるような妥協点を探る。
 
 部品: 能力②:日雇い労働
 犯罪にならない範囲で、誰でも出来るような単純作業、体力があればなんとかなりそうな力仕事を手伝うことが出来る。
 
 部品: 相手を傷つけないよう配慮する
 世話焼きおじさんは、お互いを傷つけ合い、肉体的・精神的・経済的に損失を被る可能性から、対立する複数の人々を善意で助けようとする。そのため、どんな相手であろうと、肉体的・精神的・経済的に傷つけないよう配慮する。ただし、自らの身に危険が迫った場合、この限りではない。ただしその優しさから相手を殺害することはできない。
 
 部品: 着用制限
  生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩であり、男性や中年でなくとも着用できる。決まり文句は性別や種族固有の言語や言い回しに自動的に変換される。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "世話焼きおじさん",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": " 能力①:紛争仲裁",
         "description": "対立する複数の人々がいると、つい口を挟んで仲裁したくなる。お互いの言い分を聞き、それぞれの不満や状況を明らかにして、双方の妥協点を探して紛争を仲裁することが出来る。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "仲裁の決まり文句",
         "description": "「おっと待ちなよ、何があったんだい? 喧嘩してお互い怪我でもしたらつまらねえ、ここはひとつこの件はおっちゃんに預けて、話を聞かせてくれねぇか?」\n",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "仲裁の方法",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "紛争当事者の肉体的接触を避ける",
             "description": "相手がお互いに肉体的に傷つけられないように、両者の間に障害物を挟むか、一定の距離を取る。或いは自分が間に入る。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "話を聞く順番",
             "description": "双方、自分の言い分を全て出し切るまで、どんなに腹が立っても途中で口を挟まないよう約束を取り付ける。この決まりに違反した場合やんわりと止める。\n",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "不満と利害の確認",
             "description": "お互いが不満に感じている事とその原因、それによって発生する利益と損害について整理し、お互いが何を望んでいるのか明らかにする。誤解が原因ならば、感情面を考え、本人らの意思を尊重しつつ謝罪のフォローを行う。\n",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "解決策の提示",
             "description": "紛争当事者、および世話焼きおじさんで解決策を出し合い、お互いに損害が最小となり、利益が最大となるような妥協点を探る。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "能力②:日雇い労働",
         "description": "犯罪にならない範囲で、誰でも出来るような単純作業、体力があればなんとかなりそうな力仕事を手伝うことが出来る。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "相手を傷つけないよう配慮する",
         "description": "世話焼きおじさんは、お互いを傷つけ合い、肉体的・精神的・経済的に損失を被る可能性から、対立する複数の人々を善意で助けようとする。そのため、どんな相手であろうと、肉体的・精神的・経済的に傷つけないよう配慮する。ただし、自らの身に危険が迫った場合、この限りではない。ただしその優しさから相手を殺害することはできない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "着用制限",
         "description": " 生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩であり、男性や中年でなくとも着用できる。決まり文句は性別や種族固有の言語や言い回しに自動的に変換される。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]