設問205:職人見習い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:伏見堂
PC名:セタ・ロスティフンケ・フシミ
所属藩国:星鋼京
連絡先(Twitterまたはe-mail):@fushimidou

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 職人見習い RD:6 評価値:4
    • 部品: 職人見習いとは
    • 部品: 衣食住の保証
    • 部品: 将来性
    • 部品: 見習い期間
    • 部品: 一門と名声
    • 部品: 生きるために



部品定義


部品: 職人見習いとは

いわゆる徒弟。職人見習いは雇用主である親方や師匠の下に弟子入りし、継続的に就労する事で技能や経験を学ぶことが出来る。

部品: 衣食住の保証

職人見習いは必要最低限の賃金しか支払われない。
これは雇用主に対して教えを乞う、という立場上、対価を労働として支払っているためである。
代りに雇用主は見習いが一人前になるまでの間は「仕事着」「まかない」「住み込み」の負担をするのが一般的である。

部品: 将来性

職人見習いは10代の前半から、その道に付き始める。
年若いうちに技能を身に着ける事で、成人し、心身が整った頃合いからすぐに現場で活躍できるようにするためである。
専門的な道ではあるが、手に職があるという事で将来性は決して低くない。

部品: 見習い期間

職人見習いと呼ばれるのは概ね5年から9年前後と言われている。
覚えの早く才のあるものは成人前に一人前となることもあるが、基本的には親方や師匠が認めない限りは長引く傾向がある。
これは不出来な弟子を世に出すことで業界全体の質が下がることを防ぐ意味もある。

部品: 一門と名声

職人見習いは一人前の職人となった後も師匠や親方の名に左右される。
これは優れた親方や師匠の下から出たものであれば、その実績や信頼から保証を得られるという仕組みである。
もちろん、見習いだったものもそれに見合った実力を出さねば、一門の恥となるため、一人前となった後も精進は欠かすことが出来ない。

部品: 生きるために

職人見習いには望んで道に進むものも少なくないが、糊口をしのぐために門戸を叩くものも少なくはない。
それでも、生活環境と将来性が保証されていることから、生家が貧しいものの中にはこの道を選ぶ若者も多い。



提出書式


 大部品: 職人見習い RD:6 評価値:4
 -部品: 職人見習いとは
 -部品: 衣食住の保証
 -部品: 将来性
 -部品: 見習い期間
 -部品: 一門と名声
 -部品: 生きるために
 
 
 部品: 職人見習いとは
 いわゆる徒弟。職人見習いは雇用主である親方や師匠の下に弟子入りし、継続的に就労する事で技能や経験を学ぶことが出来る。
 
 部品: 衣食住の保証
 職人見習いは必要最低限の賃金しか支払われない。
 これは雇用主に対して教えを乞う、という立場上、対価を労働として支払っているためである。
 代りに雇用主は見習いが一人前になるまでの間は「仕事着」「まかない」「住み込み」の負担をするのが一般的である。
 
 部品: 将来性
 職人見習いは10代の前半から、その道に付き始める。
 年若いうちに技能を身に着ける事で、成人し、心身が整った頃合いからすぐに現場で活躍できるようにするためである。
 専門的な道ではあるが、手に職があるという事で将来性は決して低くない。
 
 部品: 見習い期間
 職人見習いと呼ばれるのは概ね5年から9年前後と言われている。
 覚えの早く才のあるものは成人前に一人前となることもあるが、基本的には親方や師匠が認めない限りは長引く傾向がある。
 これは不出来な弟子を世に出すことで業界全体の質が下がることを防ぐ意味もある。
 
 部品: 一門と名声
 職人見習いは一人前の職人となった後も師匠や親方の名に左右される。
 これは優れた親方や師匠の下から出たものであれば、その実績や信頼から保証を得られるという仕組みである。
 もちろん、見習いだったものもそれに見合った実力を出さねば、一門の恥となるため、一人前となった後も精進は欠かすことが出来ない。
 
 部品: 生きるために
 職人見習いには望んで道に進むものも少なくないが、糊口をしのぐために門戸を叩くものも少なくはない。
 それでも、生活環境と将来性が保証されていることから、生家が貧しいものの中にはこの道を選ぶ若者も多い。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "職人見習い",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "職人見習いとは",
         "description": "いわゆる徒弟。職人見習いは雇用主である親方や師匠の下に弟子入りし、継続的に就労する事で技能や経験を学ぶことが出来る。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "衣食住の保証",
         "description": "職人見習いは必要最低限の賃金しか支払われない。\nこれは雇用主に対して教えを乞う、という立場上、対価を労働として支払っているためである。\n代りに雇用主は見習いが一人前になるまでの間は「仕事着」「まかない」「住み込み」の負担をするのが一般的である。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "将来性",
         "description": "職人見習いは10代の前半から、その道に付き始める。\n年若いうちに技能を身に着ける事で、成人し、心身が整った頃合いからすぐに現場で活躍できるようにするためである。\n専門的な道ではあるが、手に職があるという事で将来性は決して低くない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "見習い期間",
         "description": "職人見習いと呼ばれるのは概ね5年から9年前後と言われている。\n覚えの早く才のあるものは成人前に一人前となることもあるが、基本的には親方や師匠が認めない限りは長引く傾向がある。\nこれは不出来な弟子を世に出すことで業界全体の質が下がることを防ぐ意味もある。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "一門と名声",
         "description": "職人見習いは一人前の職人となった後も師匠や親方の名に左右される。\nこれは優れた親方や師匠の下から出たものであれば、その実績や信頼から保証を得られるという仕組みである。\nもちろん、見習いだったものもそれに見合った実力を出さねば、一門の恥となるため、一人前となった後も精進は欠かすことが出来ない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "生きるために",
         "description": "職人見習いには望んで道に進むものも少なくないが、糊口をしのぐために門戸を叩くものも少なくはない。\nそれでも、生活環境と将来性が保証されていることから、生家が貧しいものの中にはこの道を選ぶ若者も多い。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]