設問205:税関職員

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:砂子
PC名:不変空沙子
所属藩国:FVB
連絡先(Twitterまたはe-mail):@sunakosuna

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 税関職員(帝国共通) RD:13 評価値:6
    • 部品: 概要
    • 部品: 制服
    • 大部品: 税関職員になるためには RD:3 評価値:2
      • 部品: 資格
      • 部品: 訓練期間
      • 部品: 業務の習熟チェックシート
    • 大部品: 保税蔵置場 RD:3 評価値:2
      • 部品: 設置の許可
      • 部品: 役割
      • 部品: 外国貨物と内国貨物とは
    • 大部品: 仕事 RD:5 評価値:3
      • 部品: 調査の程度
      • 部品: 方法
      • 部品: 啓蒙
      • 部品: 提出させる書類様式の作成
      • 部品: やり取りをする相手



部品定義


部品: 概要

外国とやり取りする際に、適切なもののみを取り扱うかどうか確認する。また、輸入されるものに国から定められた関税を徴収することもある。
不適切なものは国により個別に定めることができるが、主に犯罪によりやり取りされているもの、兵器や武器である。

部品: 制服

自らの身分を開示するために必要である。仕事時以外の着用は好ましくなく、仕事を行うもの以外が所持することのないよう管理される

部品: 資格

その職務の内容上、適切な知識や規律を守ることができるか重要である。また、国家資格である。業務上知りえたことをみだりに伝えることはできない。

部品: 訓練期間

業務に関する知識に習熟している者の下で、指導を受けながら業務を行い、支障なく遂行できるようになる必要がある。最低でも3年は期間を要する。

部品: 業務の習熟チェックシート

一人で問題なく業務を行うことが出来るかどうか可視化したもの。簡単なことや、全体の流れを知る事から始まり、最後まで行うと訓練期間の終了である。

部品: 設置の許可

適切に管理・運営することが可能であると税関長が許可した場合のみ、設置をすることが出来る。
3年ごとに再度申請をする必要があり、問題があれば許可の取り消しとなる。
また、適切に管理が行えないと税関長が判断すれば即座に許可を取り消すことが出来る。

部品: 役割

外国貨物を保管しておく場所である。業務に必要な最低限の人と物の出入りが可能である。
この場所に保管されているものがなくなると税関検査を受けずに流出する恐れがあるので管理は厳正である。


部品: 外国貨物と内国貨物とは

外国貨物とは外国に輸出する準備ができたものであり、内国貨物は国内に輸入する準備ができたものである。
輸出の流れとして、内国貨物を税関検査を経て外国貨物となる。
輸入の流れとして、外国貨物を税関検査を経て内国貨物となる。

部品: 調査の程度

やり取りする数が膨大である場合、調査の度合いを大まかに決める。よく不法なものが紛れ込んでくる国や外装はおおよそ見当がつくので、そういったものは詳しく調査する。

部品: 方法

書類があれば書類を確認する。次に中身を開け調べていく。不適切なものがあれば保留する。犯罪性が高いものに関しては警察に連絡する。また、中身を空けずに不適切なものがあるかどうか選別するために探知犬やX線検査を行う国もある。

部品: 啓蒙

水際で阻止することも重要であるが、より多くの人に不法なもののやり取りをしないようにすることも重要なので広報活動を行っている。

部品: 提出させる書類様式の作成

審査が必要な物のやり取りを行う際に、審査を円滑に行うため必要な書類の様式や内容を決定する。税関長の許可が必要。物の名前、個数、量が簡潔に分かりやすく記載されている必要がある。

部品: やり取りをする相手

税関職員は物の調査を行うのみである。郵便局から渡された物を調査し、調査が終われば郵便局に物を返す。税関長が適切と判断する会社と物をやり取りする場合もある。



提出書式


 大部品: 税関職員(帝国共通) RD:13 評価値:6
 -部品: 概要
 -部品: 制服
 -大部品: 税関職員になるためには RD:3 評価値:2
 --部品: 資格
 --部品: 訓練期間
 --部品: 業務の習熟チェックシート
 -大部品: 保税蔵置場 RD:3 評価値:2
 --部品: 設置の許可
 --部品: 役割
 --部品: 外国貨物と内国貨物とは
 -大部品: 仕事 RD:5 評価値:3
 --部品: 調査の程度
 --部品: 方法
 --部品: 啓蒙
 --部品: 提出させる書類様式の作成
 --部品: やり取りをする相手
 
 
 部品: 概要
 外国とやり取りする際に、適切なもののみを取り扱うかどうか確認する。また、輸入されるものに国から定められた関税を徴収することもある。
 不適切なものは国により個別に定めることができるが、主に犯罪によりやり取りされているもの、兵器や武器である。
 
 部品: 制服
 自らの身分を開示するために必要である。仕事時以外の着用は好ましくなく、仕事を行うもの以外が所持することのないよう管理される
 
 部品: 資格
 その職務の内容上、適切な知識や規律を守ることができるか重要である。また、国家資格である。業務上知りえたことをみだりに伝えることはできない。
 
 部品: 訓練期間
 業務に関する知識に習熟している者の下で、指導を受けながら業務を行い、支障なく遂行できるようになる必要がある。最低でも3年は期間を要する。
 
 部品: 業務の習熟チェックシート
 一人で問題なく業務を行うことが出来るかどうか可視化したもの。簡単なことや、全体の流れを知る事から始まり、最後まで行うと訓練期間の終了である。 
 
 部品: 設置の許可
 適切に管理・運営することが可能であると税関長が許可した場合のみ、設置をすることが出来る。
 3年ごとに再度申請をする必要があり、問題があれば許可の取り消しとなる。
 また、適切に管理が行えないと税関長が判断すれば即座に許可を取り消すことが出来る。
 
 部品: 役割
 外国貨物を保管しておく場所である。業務に必要な最低限の人と物の出入りが可能である。
 この場所に保管されているものがなくなると税関検査を受けずに流出する恐れがあるので管理は厳正である。
 
 
 部品: 外国貨物と内国貨物とは
 外国貨物とは外国に輸出する準備ができたものであり、内国貨物は国内に輸入する準備ができたものである。
 輸出の流れとして、内国貨物を税関検査を経て外国貨物となる。
 輸入の流れとして、外国貨物を税関検査を経て内国貨物となる。
 
 部品: 調査の程度
 やり取りする数が膨大である場合、調査の度合いを大まかに決める。よく不法なものが紛れ込んでくる国や外装はおおよそ見当がつくので、そういったものは詳しく調査する。
 
 部品: 方法
 書類があれば書類を確認する。次に中身を開け調べていく。不適切なものがあれば保留する。犯罪性が高いものに関しては警察に連絡する。また、中身を空けずに不適切なものがあるかどうか選別するために探知犬やX線検査を行う国もある。
 
 部品: 啓蒙
 水際で阻止することも重要であるが、より多くの人に不法なもののやり取りをしないようにすることも重要なので広報活動を行っている。
 
 部品: 提出させる書類様式の作成
 審査が必要な物のやり取りを行う際に、審査を円滑に行うため必要な書類の様式や内容を決定する。税関長の許可が必要。物の名前、個数、量が簡潔に分かりやすく記載されている必要がある。
 
 部品: やり取りをする相手
 税関職員は物の調査を行うのみである。郵便局から渡された物を調査し、調査が終われば郵便局に物を返す。税関長が適切と判断する会社と物をやり取りする場合もある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 56700,
     "title": "税関職員(帝国共通)",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-24 07:59:43.6267",
     "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.6267",
     "character_id": 128,
     "children": [
       {
         "id": 56701,
         "title": "概要",
         "description": "外国とやり取りする際に、適切なもののみを取り扱うかどうか確認する。また、輸入されるものに国から定められた関税を徴収することもある。\n不適切なものは国により個別に定めることができるが、主に犯罪によりやり取りされているもの、兵器や武器である。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-24 07:59:43.652152",
         "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.652152",
         "character_id": 128,
         "children": []
       },
       {
         "id": 56702,
         "title": "制服",
         "description": "自らの身分を開示するために必要である。仕事時以外の着用は好ましくなく、仕事を行うもの以外が所持することのないよう管理される",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-24 07:59:43.682932",
         "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.682932",
         "character_id": 128,
         "children": []
       },
       {
         "id": 56703,
         "title": "税関職員になるためには",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 07:59:43.713846",
         "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.713846",
         "character_id": 128,
         "children": [
           {
             "id": 56704,
             "title": "資格",
             "description": "その職務の内容上、適切な知識や規律を守ることができるか重要である。また、国家資格である。業務上知りえたことをみだりに伝えることはできない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.715807",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.715807",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56705,
             "title": "訓練期間",
             "description": "業務に関する知識に習熟している者の下で、指導を受けながら業務を行い、支障なく遂行できるようになる必要がある。最低でも3年は期間を要する。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.739966",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.739966",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56706,
             "title": "業務の習熟チェックシート",
             "description": "一人で問題なく業務を行うことが出来るかどうか可視化したもの。簡単なことや、全体の流れを知る事から始まり、最後まで行うと訓練期間の終了である。 ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.760329",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.760329",
             "character_id": 128,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 56707,
         "title": "保税蔵置場",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 07:59:43.82715",
         "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.82715",
         "character_id": 128,
         "children": [
           {
             "id": 56708,
             "title": "設置の許可",
             "description": "適切に管理・運営することが可能であると税関長が許可した場合のみ、設置をすることが出来る。\n3年ごとに再度申請をする必要があり、問題があれば許可の取り消しとなる。\nまた、適切に管理が行えないと税関長が判断すれば即座に許可を取り消すことが出来る。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.8291",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.8291",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56709,
             "title": "役割",
             "description": "外国貨物を保管しておく場所である。業務に必要な最低限の人と物の出入りが可能である。\nこの場所に保管されているものがなくなると税関検査を受けずに流出する恐れがあるので管理は厳正である。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.855659",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.855659",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56710,
             "title": "外国貨物と内国貨物とは",
             "description": "外国貨物とは外国に輸出する準備ができたものであり、内国貨物は国内に輸入する準備ができたものである。\n輸出の流れとして、内国貨物を税関検査を経て外国貨物となる。\n輸入の流れとして、外国貨物を税関検査を経て内国貨物となる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.877203",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.877203",
             "character_id": 128,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 56711,
         "title": "仕事",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 07:59:43.924999",
         "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.924999",
         "character_id": 128,
         "children": [
           {
             "id": 56712,
             "title": "調査の程度",
             "description": "やり取りする数が膨大である場合、調査の度合いを大まかに決める。よく不法なものが紛れ込んでくる国や外装はおおよそ見当がつくので、そういったものは詳しく調査する。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.926843",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.926843",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56713,
             "title": "方法",
             "description": "書類があれば書類を確認する。次に中身を開け調べていく。不適切なものがあれば保留する。犯罪性が高いものに関しては警察に連絡する。また、中身を空けずに不適切なものがあるかどうか選別するために探知犬やX線検査を行う国もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.948417",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.948417",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56714,
             "title": "啓蒙",
             "description": "水際で阻止することも重要であるが、より多くの人に不法なもののやり取りをしないようにすることも重要なので広報活動を行っている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.965512",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.965512",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56715,
             "title": "提出させる書類様式の作成",
             "description": "審査が必要な物のやり取りを行う際に、審査を円滑に行うため必要な書類の様式や内容を決定する。税関長の許可が必要。物の名前、個数、量が簡潔に分かりやすく記載されている必要がある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:43.994575",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:43.994575",
             "character_id": 128,
             "children": []
           },
           {
             "id": 56716,
             "title": "やり取りをする相手",
             "description": "税関職員は物の調査を行うのみである。郵便局から渡された物を調査し、調査が終われば郵便局に物を返す。税関長が適切と判断する会社と物をやり取りする場合もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:59:44.038346",
             "updated_at": "2017-08-24 07:59:44.038346",
             "character_id": 128,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]