設問205:執事

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:はぐろ
PC名:羽黒
所属藩国:蒼梧藩国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@haguro_karasu

状態:完了


※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 執事 RD:23 評価値:7
    • 部品: 定義
    • 部品: 外見・服装
    • 大部品: 基本職務 RD:4 評価値:3
      • 部品: 主人の身支度
      • 部品: スケジュール管理
      • 部品: 来客対応
      • 部品: 贈答管理
    • 大部品: 求められる能力 RD:7 評価値:4
      • 部品: 立ち居振る舞い
      • 部品: 数学処理能力
      • 部品: 言語理解能力
      • 部品: コミュニケーション能力
      • 部品: 語学能力
      • 部品: 情報収集能力
      • 部品: 経済・経営学
    • 大部品: 伝統的な職務についての知識 RD:6 評価値:4
      • 部品: 必要性
      • 部品: 食器の管理
      • 部品: 財産の管理
      • 部品: 酒類の管理
      • 部品: 給仕
      • 部品: 使用人の管理
    • 大部品: 職業資格 RD:4 評価値:3
      • 部品: 執事の資格とは
      • 部品: 執事協会
      • 部品: 取得までの経緯
      • 部品: 試験と受験資格



部品定義


部品: 定義

執事とは、伝統的には高位の人物の家などで家事使用人の上に置かれる立場の者であるが、現代においては雇用主の秘書・側近としての役割が主体となる。本職業「執事」においては、雇用の状況に拘わらず、執事の職務をこなす能力のある使用人と定義する。

部品: 外見・服装

正式な場では執事にも相応の正装が求められる。また、多くの場合勤務中は紳士的な装いが求められる。黒の洋装が一般的だが、滞在国や雇用主によっては異なる場合もある。制服は基本的に存在しない。

部品: 主人の身支度

その日主人が出かける場に相応しい装いを整えるのも大事な仕事である。服を選び、身支度を整える。特に正式な場に出る場合に重要視される。

部品: スケジュール管理

雇用主の公私を把握し、仕事・私事両面の予定の調整を行う。移動手段を整える。雇用主が自家用移動手段を持つ場合は運転を行うこともあるが、雇用主所在地の一般的移動手段でない限り運転及び運転の資格取得は必須事項には含まれない。

部品: 来客対応

雇用主の家や職場を訪れる客に対しもてなしの手筈を整えるのもまた執事の役目である。事前に来客についての調査を行い、好悪はもちろん健康状態や周辺事情も確認した上で最善の対応を行うことが望ましい。

部品: 贈答管理

雇用主の家や企業に関わりの深い相手について、本人はもちろん家族はじめ大切な相手を把握、必要に応じて相応の品を手配する仕事。また雇用主宛に贈られた品の把握管理も行う。

部品: 立ち居振る舞い

背筋を伸ばして姿勢正しく、動きは機敏かつ優雅に。気品を保つ所作は雇用主への礼儀であると同時に、外から見た雇用主の評価をも上げる。

部品: 数学処理能力

大きな家に仕えるという職務性質上、基本的な数字の把握からその数字がどのような意味を持つのかまで理解できる能力が必要とされる。

部品: 言語理解能力

雇用主に言われたことを理解する能力、ではない。言われたそのままを実行して満足するのではなく、主人がなぜそれを望むのかを考え、最善の形で応える姿勢・能力が要求される。

部品: コミュニケーション能力

執事たるもの、相手を選ばずコミュニケーションがとれなければ仕事にならない。誰が相手でも円滑で正確なやりとりが出来ることが望ましい。

部品: 語学能力

帝國共用語、共和国共用語両言語において複雑な会話や交渉が可能なレベルが最低限。資格試験では更に地方言語1種類以上で日常会話が可能なレベルを求められる。

部品: 情報収集能力

ときに雇用主は困難な要求をする。現実的に叶えられないことは勿論あるが、現実として可能な範囲で手を尽くし、出来得る限り主の希望を叶えるのもまた執事の務めである。そのための情報収集の手段に通じていることが求められる。

部品: 経済・経営学

執事を雇うともなれば、多くの場合は相当に資産のある家である。主人の務めを理解して支える、資産を任せられて運用する、などの場面は少なくない。そのため経済の知識も必要とされる。

部品: 必要性

現代社会においては薄れつつある旧来の執事の務めであるが、地域によっては伝統的な形式や格式を重んじる家も多い。そのため、執事の資格を得る者は旧来の務めについても一通りの知識を必要とする。

部品: 食器の管理

勤務邸内の食器を把握・管理し、料理のみならず主や来客に適切なものを選定する。本来は高価な食器の品質保持と盗難防止から始まった職務。現代でも求められる場合が多い。

部品: 財産の管理

家、土地、あれば領地などの不動産、食料や金銭に至るまでの財産の管理。管理能力は執事資格取得に必須ではあるが、実際どの程度までを任せるかは雇用主の判断による。

部品: 酒類の管理

繊細な果実酒をはじめとした酒類の管理もまた執事の仕事である。適切な保管・提供方法の知識と技術は必須の範囲。加えて実際に味わって知識を深め、料理に相応しい品を選ぶことも推奨される。

部品: 給仕

主人への食事の給仕。調理は料理人の仕事であり執事の職務には含まないが、軽食の用意程度ができことを求める雇用主も多い。

部品: 使用人の管理

主家全体の使用人の雇用、運用を雇用主に代わって取り仕切る。本来は男性使用人と女性使用人の管理は分けられているが、女性執事の出現もあり、よほど大きな家でなければ統括管理が一般的となっている。

部品: 執事の資格とは

本職業アイドレス着用に際しては、執事協会の定める資格試験に合格する必要がある。執事の正式な求人、斡旋などはこの協会を通して行われる。

部品: 執事協会

勤続30年以上の経験を持つ執事・元執事で構成される職業管理機関。より質の高い執事をという貴族や高位階級の後押しで設立された。

部品: 取得までの経緯

古くはフットマンと呼ばれる従僕の実務をこなしての昇格という規定であったが、現代においては執事養成施設や、教育資格を持つ執事からの教育を受け、資格試験を受けて執事資格を取得する場合が多い。

部品: 試験と受験資格

養成施設或いは勤続年数8年以上の現役執事からの推薦があれば、資格試験を受けることができる。学習年数は問われないが、求められる能力を主とした多岐に渡る試験項目をクリアする実力は当然必要とされる。また、推薦者は執事協会に記録が残るため、まずは推薦者の信用を得ることが第一関門となる。



提出書式


 大部品: 執事 RD:23 評価値:7
 -部品: 定義
 -部品: 外見・服装
 -大部品: 基本職務 RD:4 評価値:3
 --部品: 主人の身支度
 --部品: スケジュール管理
 --部品: 来客対応
 --部品: 贈答管理
 -大部品: 求められる能力 RD:7 評価値:4
 --部品: 立ち居振る舞い
 --部品: 数学処理能力
 --部品: 言語理解能力
 --部品: コミュニケーション能力
 --部品: 語学能力
 --部品: 情報収集能力
 --部品: 経済・経営学
 -大部品: 伝統的な職務についての知識 RD:6 評価値:4
 --部品: 必要性
 --部品: 食器の管理
 --部品: 財産の管理
 --部品: 酒類の管理
 --部品: 給仕
 --部品: 使用人の管理
 -大部品: 職業資格 RD:4 評価値:3
 --部品: 執事の資格とは
 --部品: 執事協会
 --部品: 取得までの経緯
 --部品: 試験と受験資格
 
 
 部品: 定義
 執事とは、伝統的には高位の人物の家などで家事使用人の上に置かれる立場の者であるが、現代においては雇用主の秘書・側近としての役割が主体となる。本職業「執事」においては、雇用の状況に拘わらず、執事の職務をこなす能力のある使用人と定義する。
 
 部品: 外見・服装
 正式な場では執事にも相応の正装が求められる。また、多くの場合勤務中は紳士的な装いが求められる。黒の洋装が一般的だが、滞在国や雇用主によっては異なる場合もある。制服は基本的に存在しない。
 
 部品: 主人の身支度
 その日主人が出かける場に相応しい装いを整えるのも大事な仕事である。服を選び、身支度を整える。特に正式な場に出る場合に重要視される。
 
 部品: スケジュール管理
 雇用主の公私を把握し、仕事・私事両面の予定の調整を行う。移動手段を整える。雇用主が自家用移動手段を持つ場合は運転を行うこともあるが、雇用主所在地の一般的移動手段でない限り運転及び運転の資格取得は必須事項には含まれない。
 
 部品: 来客対応
 雇用主の家や職場を訪れる客に対しもてなしの手筈を整えるのもまた執事の役目である。事前に来客についての調査を行い、好悪はもちろん健康状態や周辺事情も確認した上で最善の対応を行うことが望ましい。
 
 部品: 贈答管理
 雇用主の家や企業に関わりの深い相手について、本人はもちろん家族はじめ大切な相手を把握、必要に応じて相応の品を手配する仕事。また雇用主宛に贈られた品の把握管理も行う。
 
 部品: 立ち居振る舞い
 背筋を伸ばして姿勢正しく、動きは機敏かつ優雅に。気品を保つ所作は雇用主への礼儀であると同時に、外から見た雇用主の評価をも上げる。
 
 部品: 数学処理能力
 大きな家に仕えるという職務性質上、基本的な数字の把握からその数字がどのような意味を持つのかまで理解できる能力が必要とされる。
 
 部品: 言語理解能力
 雇用主に言われたことを理解する能力、ではない。言われたそのままを実行して満足するのではなく、主人がなぜそれを望むのかを考え、最善の形で応える姿勢・能力が要求される。
 
 部品: コミュニケーション能力
 執事たるもの、相手を選ばずコミュニケーションがとれなければ仕事にならない。誰が相手でも円滑で正確なやりとりが出来ることが望ましい。
 
 部品: 語学能力
 帝國共用語、共和国共用語両言語において複雑な会話や交渉が可能なレベルが最低限。資格試験では更に地方言語1種類以上で日常会話が可能なレベルを求められる。
 
 部品: 情報収集能力
 ときに雇用主は困難な要求をする。現実的に叶えられないことは勿論あるが、現実として可能な範囲で手を尽くし、出来得る限り主の希望を叶えるのもまた執事の務めである。そのための情報収集の手段に通じていることが求められる。
 
 部品: 経済・経営学
 執事を雇うともなれば、多くの場合は相当に資産のある家である。主人の務めを理解して支える、資産を任せられて運用する、などの場面は少なくない。そのため経済の知識も必要とされる。
 
 部品: 必要性
 現代社会においては薄れつつある旧来の執事の務めであるが、地域によっては伝統的な形式や格式を重んじる家も多い。そのため、執事の資格を得る者は旧来の務めについても一通りの知識を必要とする。
 
 部品: 食器の管理
 勤務邸内の食器を把握・管理し、料理のみならず主や来客に適切なものを選定する。本来は高価な食器の品質保持と盗難防止から始まった職務。現代でも求められる場合が多い。
 
 部品: 財産の管理
 家、土地、あれば領地などの不動産、食料や金銭に至るまでの財産の管理。管理能力は執事資格取得に必須ではあるが、実際どの程度までを任せるかは雇用主の判断による。
 
 部品: 酒類の管理
 繊細な果実酒をはじめとした酒類の管理もまた執事の仕事である。適切な保管・提供方法の知識と技術は必須の範囲。加えて実際に味わって知識を深め、料理に相応しい品を選ぶことも推奨される。
 
 部品: 給仕
 主人への食事の給仕。調理は料理人の仕事であり執事の職務には含まないが、軽食の用意程度ができことを求める雇用主も多い。
 
 部品: 使用人の管理
 主家全体の使用人の雇用、運用を雇用主に代わって取り仕切る。本来は男性使用人と女性使用人の管理は分けられているが、女性執事の出現もあり、よほど大きな家でなければ統括管理が一般的となっている。
 
 部品: 執事の資格とは
 本職業アイドレス着用に際しては、執事協会の定める資格試験に合格する必要がある。執事の正式な求人、斡旋などはこの協会を通して行われる。
 
 部品: 執事協会
 勤続30年以上の経験を持つ執事・元執事で構成される職業管理機関。より質の高い執事をという貴族や高位階級の後押しで設立された。
 
 部品: 取得までの経緯
 古くはフットマンと呼ばれる従僕の実務をこなしての昇格という規定であったが、現代においては執事養成施設や、教育資格を持つ執事からの教育を受け、資格試験を受けて執事資格を取得する場合が多い。
 
 部品: 試験と受験資格
 養成施設或いは勤続年数8年以上の現役執事からの推薦があれば、資格試験を受けることができる。学習年数は問われないが、求められる能力を主とした多岐に渡る試験項目をクリアする実力は当然必要とされる。また、推薦者は執事協会に記録が残るため、まずは推薦者の信用を得ることが第一関門となる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "執事",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "定義",
         "description": "執事とは、伝統的には高位の人物の家などで家事使用人の上に置かれる立場の者であるが、現代においては雇用主の秘書・側近としての役割が主体となる。本職業「執事」においては、雇用の状況に拘わらず、執事の職務をこなす能力のある使用人と定義する。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "外見・服装",
         "description": "正式な場では執事にも相応の正装が求められる。また、多くの場合勤務中は紳士的な装いが求められる。黒の洋装が一般的だが、滞在国や雇用主によっては異なる場合もある。制服は基本的に存在しない。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "基本職務",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "主人の身支度",
             "description": "その日主人が出かける場に相応しい装いを整えるのも大事な仕事である。服を選び、身支度を整える。特に正式な場に出る場合に重要視される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "スケジュール管理",
             "description": "雇用主の公私を把握し、仕事・私事両面の予定の調整を行う。移動手段を整える。雇用主が自家用移動手段を持つ場合は運転を行うこともあるが、雇用主所在地の一般的移動手段でない限り運転及び運転の資格取得は必須事項には含まれない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "来客対応",
             "description": "雇用主の家や職場を訪れる客に対しもてなしの手筈を整えるのもまた執事の役目である。事前に来客についての調査を行い、好悪はもちろん健康状態や周辺事情も確認した上で最善の対応を行うことが望ましい。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "贈答管理",
             "description": "雇用主の家や企業に関わりの深い相手について、本人はもちろん家族はじめ大切な相手を把握、必要に応じて相応の品を手配する仕事。また雇用主宛に贈られた品の把握管理も行う。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "求められる能力",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "立ち居振る舞い",
             "description": "背筋を伸ばして姿勢正しく、動きは機敏かつ優雅に。気品を保つ所作は雇用主への礼儀であると同時に、外から見た雇用主の評価をも上げる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "数学処理能力",
             "description": "大きな家に仕えるという職務性質上、基本的な数字の把握からその数字がどのような意味を持つのかまで理解できる能力が必要とされる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "言語理解能力",
             "description": "雇用主に言われたことを理解する能力、ではない。言われたそのままを実行して満足するのではなく、主人がなぜそれを望むのかを考え、最善の形で応える姿勢・能力が要求される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "コミュニケーション能力",
             "description": "執事たるもの、相手を選ばずコミュニケーションがとれなければ仕事にならない。誰が相手でも円滑で正確なやりとりが出来ることが望ましい。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "語学能力",
             "description": "帝國共用語、共和国共用語両言語において複雑な会話や交渉が可能なレベルが最低限。資格試験では更に地方言語1種類以上で日常会話が可能なレベルを求められる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "情報収集能力",
             "description": "ときに雇用主は困難な要求をする。現実的に叶えられないことは勿論あるが、現実として可能な範囲で手を尽くし、出来得る限り主の希望を叶えるのもまた執事の務めである。そのための情報収集の手段に通じていることが求められる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "経済・経営学",
             "description": "執事を雇うともなれば、多くの場合は相当に資産のある家である。主人の務めを理解して支える、資産を任せられて運用する、などの場面は少なくない。そのため経済の知識も必要とされる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "伝統的な職務についての知識",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "必要性",
             "description": "現代社会においては薄れつつある旧来の執事の務めであるが、地域によっては伝統的な形式や格式を重んじる家も多い。そのため、執事の資格を得る者は旧来の務めについても一通りの知識を必要とする。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "食器の管理",
             "description": "勤務邸内の食器を把握・管理し、料理のみならず主や来客に適切なものを選定する。本来は高価な食器の品質保持と盗難防止から始まった職務。現代でも求められる場合が多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "財産の管理",
             "description": "家、土地、あれば領地などの不動産、食料や金銭に至るまでの財産の管理。管理能力は執事資格取得に必須ではあるが、実際どの程度までを任せるかは雇用主の判断による。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "酒類の管理",
             "description": "繊細な果実酒をはじめとした酒類の管理もまた執事の仕事である。適切な保管・提供方法の知識と技術は必須の範囲。加えて実際に味わって知識を深め、料理に相応しい品を選ぶことも推奨される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "給仕",
             "description": "主人への食事の給仕。調理は料理人の仕事であり執事の職務には含まないが、軽食の用意程度ができことを求める雇用主も多い。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "使用人の管理",
             "description": "主家全体の使用人の雇用、運用を雇用主に代わって取り仕切る。本来は男性使用人と女性使用人の管理は分けられているが、女性執事の出現もあり、よほど大きな家でなければ統括管理が一般的となっている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "職業資格",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "執事の資格とは",
             "description": "本職業アイドレス着用に際しては、執事協会の定める資格試験に合格する必要がある。執事の正式な求人、斡旋などはこの協会を通して行われる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "執事協会",
             "description": "勤続30年以上の経験を持つ執事・元執事で構成される職業管理機関。より質の高い執事をという貴族や高位階級の後押しで設立された。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "取得までの経緯",
             "description": "古くはフットマンと呼ばれる従僕の実務をこなしての昇格という規定であったが、現代においては執事養成施設や、教育資格を持つ執事からの教育を受け、資格試験を受けて執事資格を取得する場合が多い。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "試験と受験資格",
             "description": "養成施設或いは勤続年数8年以上の現役執事からの推薦があれば、資格試験を受けることができる。学習年数は問われないが、求められる能力を主とした多岐に渡る試験項目をクリアする実力は当然必要とされる。また、推薦者は執事協会に記録が残るため、まずは推薦者の信用を得ることが第一関門となる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]