設問205:職人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:あぎ
PC名:えるむ
所属藩国:満天星国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@elm_agi

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 職人 RD:11 評価値:5
    • 部品: 職人の仕事
    • 部品: 手がけるものの知識
    • 大部品: 職人の技術 RD:2 評価値:1
      • 部品: 鍛え上げた技
      • 部品: 注文へのこだわり
    • 大部品: 職人の資質 RD:3 評価値:2
      • 部品: 徒弟制度
      • 部品: 職人気質
      • 部品: 物を大切にする心
    • 大部品: 職人仕事のつながり RD:4 評価値:3
      • 部品: 職人の旅
      • 部品: 秘密の職人宿
      • 部品: 職人組合
      • 部品: 職人養成機関



部品定義


部品: 職人の仕事

経験によって身につけた技術を用い、物を作り出す職業に従事する人のこと。
手先の器用さを生かした細工ものや衣服、小道具、調度品などが主。
生活に密着した、必要性の高い物作りに従事していることが多いものの、個人の特別な思い入れを形にする仕事をすることもある。

部品: 手がけるものの知識

客の要求や自分のこだわりを形にするために、先人が積み上げてきた物の形を知ることが重要になる。
種類や材料、用途、そしてそれをどう作り上げるのか、たくさんのことを学ぶ必要がある。

部品: 鍛え上げた技

目的の品物を作り上げる技術は、時間をかけて作り手の身体に染み込ませるように蓄積されていく。
使い手の要望を形にする技術は、その経験値によって支えられている。

部品: 注文へのこだわり

客が生活の中で身近に使うものを作るには、使い心地や丈夫さ、用途にしっくりとそった品を作り上げることが大切になる。
そのためには、客がどんな品物を望んでいるのか正確に理解し、それを叶えることへのプライドが必要となる。

部品: 徒弟制度

職人の多くは、親方の元に弟子入りして技を学ぶ。
単なる技術の伝承だけではなく、物を作る心構え、材料の目利き、しきたりや礼儀作法、商売の仕方からまで、様々な事柄を長い時間をかけて修行する。
親方に認められないと、一人前になることは出来ない場合もある。

部品: 職人気質

自らの技術に対する自負とプライド、強い責任感という職業意識があり、自分の納得できる仕上がりにこだわりがある。
その実直さや意志の固さをさして、頑固者の代名詞のよう云われることもある。

部品: 物を大切にする心

自らの手で物を作ることは、材料の価値を見極め、それを最大限に活用する技術を積み重ねていくことでもある。
その経験が育む様々な物を尊重する心もまた、一人前の作り手としての大切な資質である。

部品: 職人の旅

職種や土地柄によって、職人は一人前となるために、遍歴の修行をしなければならない時がある。
住み慣れた土地を離れ、自分一人の技と知恵とで、客の注文に見合うものを作り上げる経験を積むためである。
新しい技術を学び、国元へと伝える役割もある。

部品: 秘密の職人宿

職人が修行の旅をする際には、その道の職人だけが泊まれる宿を利用することがある。
親方からその場所を伝えられ、秘密のあいさつを知る者だけが、その宿で道具や材料、情報を調達出来る。

部品: 職人組合

職人や土地柄によっては、同業の職人による組合が組織されている。
道具や材料、時には仕事を融通する互助組織の役割を担う。
組合の信用を保つため、厳密な決まり事や技能試験を行う場合もある。

部品: 職人養成機関

良い職人を育てるには長い時間がかかるため、後継者不足に陥らないよう、技能の伝承は大切な課題である。
領主、都市の庇護の元、その地域で必要な職人を育成するために、育成機関が設けられることもある。
宮廷や修道院がこの後ろ盾になることもある。



提出書式


 大部品: 職人 RD:11 評価値:5
 -部品: 職人の仕事
 -部品: 手がけるものの知識
 -大部品: 職人の技術 RD:2 評価値:1
 --部品: 鍛え上げた技
 --部品: 注文へのこだわり
 -大部品: 職人の資質 RD:3 評価値:2
 --部品: 徒弟制度
 --部品: 職人気質
 --部品: 物を大切にする心
 -大部品: 職人仕事のつながり RD:4 評価値:3
 --部品: 職人の旅
 --部品: 秘密の職人宿
 --部品: 職人組合
 --部品: 職人養成機関
 
 
 部品: 職人の仕事
 経験によって身につけた技術を用い、物を作り出す職業に従事する人のこと。
 手先の器用さを生かした細工ものや衣服、小道具、調度品などが主。
 生活に密着した、必要性の高い物作りに従事していることが多いものの、個人の特別な思い入れを形にする仕事をすることもある。 
 
 部品: 手がけるものの知識
 客の要求や自分のこだわりを形にするために、先人が積み上げてきた物の形を知ることが重要になる。
 種類や材料、用途、そしてそれをどう作り上げるのか、たくさんのことを学ぶ必要がある。
 
 部品: 鍛え上げた技
 目的の品物を作り上げる技術は、時間をかけて作り手の身体に染み込ませるように蓄積されていく。
 使い手の要望を形にする技術は、その経験値によって支えられている。
 
 部品: 注文へのこだわり
 客が生活の中で身近に使うものを作るには、使い心地や丈夫さ、用途にしっくりとそった品を作り上げることが大切になる。
 そのためには、客がどんな品物を望んでいるのか正確に理解し、それを叶えることへのプライドが必要となる。
 
 部品: 徒弟制度
 職人の多くは、親方の元に弟子入りして技を学ぶ。
 単なる技術の伝承だけではなく、物を作る心構え、材料の目利き、しきたりや礼儀作法、商売の仕方からまで、様々な事柄を長い時間をかけて修行する。
 親方に認められないと、一人前になることは出来ない場合もある。
 
 部品: 職人気質
 自らの技術に対する自負とプライド、強い責任感という職業意識があり、自分の納得できる仕上がりにこだわりがある。
 その実直さや意志の固さをさして、頑固者の代名詞のよう云われることもある。
 
 部品: 物を大切にする心
 自らの手で物を作ることは、材料の価値を見極め、それを最大限に活用する技術を積み重ねていくことでもある。
 その経験が育む様々な物を尊重する心もまた、一人前の作り手としての大切な資質である。
 
 部品: 職人の旅
 職種や土地柄によって、職人は一人前となるために、遍歴の修行をしなければならない時がある。
 住み慣れた土地を離れ、自分一人の技と知恵とで、客の注文に見合うものを作り上げる経験を積むためである。
 新しい技術を学び、国元へと伝える役割もある。
 
 部品: 秘密の職人宿
 職人が修行の旅をする際には、その道の職人だけが泊まれる宿を利用することがある。
 親方からその場所を伝えられ、秘密のあいさつを知る者だけが、その宿で道具や材料、情報を調達出来る。
 
 部品: 職人組合
 職人や土地柄によっては、同業の職人による組合が組織されている。
 道具や材料、時には仕事を融通する互助組織の役割を担う。
 組合の信用を保つため、厳密な決まり事や技能試験を行う場合もある。
 
 部品: 職人養成機関
 良い職人を育てるには長い時間がかかるため、後継者不足に陥らないよう、技能の伝承は大切な課題である。
 領主、都市の庇護の元、その地域で必要な職人を育成するために、育成機関が設けられることもある。
 宮廷や修道院がこの後ろ盾になることもある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "職人",
     "children": [
       {
         "title": "職人の仕事",
         "description": "経験によって身につけた技術を用い、物を作り出す職業に従事する人のこと。\n手先の器用さを生かした細工ものや衣服、小道具、調度品などが主。\n生活に密着した、必要性の高い物作りに従事していることが多いものの、個人の特別な思い入れを形にする仕事をすることもある。 ",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "手がけるものの知識",
         "description": "客の要求や自分のこだわりを形にするために、先人が積み上げてきた物の形を知ることが重要になる。\n種類や材料、用途、そしてそれをどう作り上げるのか、たくさんのことを学ぶ必要がある。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "職人の技術",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "鍛え上げた技",
             "description": "目的の品物を作り上げる技術は、時間をかけて作り手の身体に染み込ませるように蓄積されていく。\n使い手の要望を形にする技術は、その経験値によって支えられている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "注文へのこだわり",
             "description": "客が生活の中で身近に使うものを作るには、使い心地や丈夫さ、用途にしっくりとそった品を作り上げることが大切になる。\nそのためには、客がどんな品物を望んでいるのか正確に理解し、それを叶えることへのプライドが必要となる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "職人の資質",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "徒弟制度",
             "description": "職人の多くは、親方の元に弟子入りして技を学ぶ。\n単なる技術の伝承だけではなく、物を作る心構え、材料の目利き、しきたりや礼儀作法、商売の仕方からまで、様々な事柄を長い時間をかけて修行する。\n親方に認められないと、一人前になることは出来ない場合もある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "職人気質",
             "description": "自らの技術に対する自負とプライド、強い責任感という職業意識があり、自分の納得できる仕上がりにこだわりがある。\nその実直さや意志の固さをさして、頑固者の代名詞のよう云われることもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "物を大切にする心",
             "description": "自らの手で物を作ることは、材料の価値を見極め、それを最大限に活用する技術を積み重ねていくことでもある。\nその経験が育む様々な物を尊重する心もまた、一人前の作り手としての大切な資質である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "職人仕事のつながり",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "職人の旅",
             "description": "職種や土地柄によって、職人は一人前となるために、遍歴の修行をしなければならない時がある。\n住み慣れた土地を離れ、自分一人の技と知恵とで、客の注文に見合うものを作り上げる経験を積むためである。\n新しい技術を学び、国元へと伝える役割もある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秘密の職人宿",
             "description": "職人が修行の旅をする際には、その道の職人だけが泊まれる宿を利用することがある。\n親方からその場所を伝えられ、秘密のあいさつを知る者だけが、その宿で道具や材料、情報を調達出来る。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "職人組合",
             "description": "職人や土地柄によっては、同業の職人による組合が組織されている。\n道具や材料、時には仕事を融通する互助組織の役割を担う。\n組合の信用を保つため、厳密な決まり事や技能試験を行う場合もある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "職人養成機関",
             "description": "良い職人を育てるには長い時間がかかるため、後継者不足に陥らないよう、技能の伝承は大切な課題である。\n領主、都市の庇護の元、その地域で必要な職人を育成するために、育成機関が設けられることもある。\n宮廷や修道院がこの後ろ盾になることもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]