設問205:探偵

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:砂子
PC名:不変空沙子
所属藩国:FVB
連絡先(Twitterまたはe-mail):@sunakosuna

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 探偵 RD:9 評価値:5
    • 部品: 探偵の訓練期間
    • 部品: 仕事内容
    • 部品: 守秘義務
    • 大部品: 調査方法 RD:6 評価値:4
      • 部品: 人物追跡
      • 部品: 情報収集
      • 部品: 場にとけ込む服装
      • 部品: コネクション
      • 部品: 人物撮影のコツ
      • 部品: 証拠品のつながりを想像する



部品定義


部品: 探偵の訓練期間

支障なく業務を遂行するためには最低3年の訓練期間を要する。
情報収集を現地で行う方法や、現地でなくてもわかることなど
効率的に行うために必要な期間である。

部品: 仕事内容

調査内容は世相によって変化するが、浮気調査や人探し、人物の動向調査が主体であろうと思われる。
これらを依頼人に報告する。

部品: 守秘義務

調査で得られた結果や、依頼人の情報など正当な理由なしに他人と共有してはならない。
倫理面からも、探偵個人の信頼性に関わってくるからだ。

部品: 人物追跡

目標に追跡されていると気づかせることなく、追跡する必要がある。
気付かれることによって、目標の行動が変化する恐れがあるからだ。

部品: 情報収集

独自の情報収集元を確保するため、それぞれ工夫によって確保している。
屋外での情報は、屋外に長くいるであろう、屋外で生活する者が詳しいかもしれない。


部品: 場にとけ込む服装

探偵が探偵であると即座に分かるようでは、情報収集に支障をきたすだろう。
場にとけ込むために、適した服装をその場その場で選択する必要がある。

部品: コネクション

さて、地域の情報を集めるためには、その地域に住む人とつながりがあったほうが有利に進むだろう。
常日頃の行動が重要である。顔は広くても、実際の調査は他のものが行えば目立たないであろう。

部品: 人物撮影のコツ

人はレンズを向けられると写真を撮られていると認識しやすい。
しかし、撮影範囲はレンズが向いている方向よりも広い。
なので、レンズを直接向けずとも撮影は可能である。
悪用してはならない。

部品: 証拠品のつながりを想像する

例えば、証拠品が複数の地域で発見された場合、ただ並べるよりも、地形の位置関係を把握できるように並べたりするとよかもしれない。
地図上に配置する、引き出した複数着いた箱に入れて立体的に把握してみる等。



提出書式


 大部品: 探偵 RD:9 評価値:5
 -部品: 探偵の訓練期間
 -部品: 仕事内容
 -部品: 守秘義務
 -大部品: 調査方法 RD:6 評価値:4
 --部品: 人物追跡
 --部品: 情報収集
 --部品: 場にとけ込む服装
 --部品: コネクション
 --部品: 人物撮影のコツ
 --部品: 証拠品のつながりを想像する
 
 
 部品: 探偵の訓練期間
 支障なく業務を遂行するためには最低3年の訓練期間を要する。
 情報収集を現地で行う方法や、現地でなくてもわかることなど
 効率的に行うために必要な期間である。
 
 部品: 仕事内容
 調査内容は世相によって変化するが、浮気調査や人探し、人物の動向調査が主体であろうと思われる。
 これらを依頼人に報告する。
 
 部品: 守秘義務
 調査で得られた結果や、依頼人の情報など正当な理由なしに他人と共有してはならない。
 倫理面からも、探偵個人の信頼性に関わってくるからだ。
 
 部品: 人物追跡
 目標に追跡されていると気づかせることなく、追跡する必要がある。
 気付かれることによって、目標の行動が変化する恐れがあるからだ。
 
 部品: 情報収集
 独自の情報収集元を確保するため、それぞれ工夫によって確保している。
 屋外での情報は、屋外に長くいるであろう、屋外で生活する者が詳しいかもしれない。
 
 
 部品: 場にとけ込む服装
 探偵が探偵であると即座に分かるようでは、情報収集に支障をきたすだろう。
 場にとけ込むために、適した服装をその場その場で選択する必要がある。
 
 部品: コネクション
 さて、地域の情報を集めるためには、その地域に住む人とつながりがあったほうが有利に進むだろう。
 常日頃の行動が重要である。顔は広くても、実際の調査は他のものが行えば目立たないであろう。
 
 部品: 人物撮影のコツ
 人はレンズを向けられると写真を撮られていると認識しやすい。
 しかし、撮影範囲はレンズが向いている方向よりも広い。
 なので、レンズを直接向けずとも撮影は可能である。
 悪用してはならない。
 
 部品: 証拠品のつながりを想像する
 例えば、証拠品が複数の地域で発見された場合、ただ並べるよりも、地形の位置関係を把握できるように並べたりするとよかもしれない。
 地図上に配置する、引き出した複数着いた箱に入れて立体的に把握してみる等。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "探偵",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "探偵の訓練期間",
         "description": "支障なく業務を遂行するためには最低3年の訓練期間を要する。\n情報収集を現地で行う方法や、現地でなくてもわかることなど\n効率的に行うために必要な期間である。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "仕事内容",
         "description": "調査内容は世相によって変化するが、浮気調査や人探し、人物の動向調査が主体であろうと思われる。\nこれらを依頼人に報告する。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "守秘義務",
         "description": "調査で得られた結果や、依頼人の情報など正当な理由なしに他人と共有してはならない。\n倫理面からも、探偵個人の信頼性に関わってくるからだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "調査方法",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "人物追跡",
             "description": "目標に追跡されていると気づかせることなく、追跡する必要がある。\n気付かれることによって、目標の行動が変化する恐れがあるからだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "情報収集",
             "description": "独自の情報収集元を確保するため、それぞれ工夫によって確保している。\n屋外での情報は、屋外に長くいるであろう、屋外で生活する者が詳しいかもしれない。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "場にとけ込む服装",
             "description": "探偵が探偵であると即座に分かるようでは、情報収集に支障をきたすだろう。\n場にとけ込むために、適した服装をその場その場で選択する必要がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "コネクション",
             "description": "さて、地域の情報を集めるためには、その地域に住む人とつながりがあったほうが有利に進むだろう。\n常日頃の行動が重要である。顔は広くても、実際の調査は他のものが行えば目立たないであろう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "人物撮影のコツ",
             "description": "人はレンズを向けられると写真を撮られていると認識しやすい。\nしかし、撮影範囲はレンズが向いている方向よりも広い。\nなので、レンズを直接向けずとも撮影は可能である。\n悪用してはならない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "証拠品のつながりを想像する",
             "description": "例えば、証拠品が複数の地域で発見された場合、ただ並べるよりも、地形の位置関係を把握できるように並べたりするとよかもしれない。\n地図上に配置する、引き出した複数着いた箱に入れて立体的に把握してみる等。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]