設問205:歌い手

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:とりまとめ担当 あぎ
PC名:えるむ
所属藩国:満天星国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@elm_agi

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 歌い手(帝國共通) RD:12 評価値:6
    • 部品: 歌い手とは
    • 部品: たくさんの歌を知る
    • 部品: 客あしらい
    • 部品: 声を合わせる
    • 部品: 静けさを聴く
    • 部品: 歌に対する想い
    • 大部品: 歌い手の訓練 RD:6 評価値:4
      • 部品: 声量
      • 部品: 声質
      • 部品: 呼吸
      • 部品: 音域
      • 部品: 発音
      • 部品: リズム



部品定義


部品: 歌い手とは

主になりわいとして歌を歌う人。またその技量の高い人のこと。
酒場や祭など人の集まる場所で自らの歌を披露するなど、様々な相手を楽しませるために、様々な資質が必要になる。



部品: たくさんの歌を知る

伝承や流行歌など先達の歌を学び、自分のレパートリーを広げ、また自らの経験を糧に歌の深みを増す努力も必要となるだろう。
失われた古い歌や、各地に伝わる土地独特の歌を求めて、旅することもあるかもしれない。
同じ歌であっても、如何に自分流に歌いこなすのか、それにはまずたくさんの歌を知ることが重要となる。

部品: 客あしらい

歌い手とは客の好みに合わせ、また場の雰囲気に合わせた歌を選びながら、歌を聞かせる仕事である。
座を盛り上げ、時には怒りや哀しみを鎮めて人々の心を揺り動かすことも歌い手の技量として求められる。
その場に相応しい歌を選ぶためには、人々の喜怒哀楽を感じ取る感性と共に、それに流されない心の強さを併せ持つ必要がある。

部品: 声を合わせる

歌い手は他の歌や楽器と声を合わせて歌う場面が多い。
互いの音を良く聴き響きを和を作ること、そして音の濁りもまた響きの味わいとなる。
これを学ぶには、世界に満ちているあらゆる音に対して礼をもって接する、長い時間が必要になる。

部品: 静けさを聴く

歌とは、音の繋がりばかりでなく、音の途切れる間にも意味を持っている。
大きな声で相手を驚かすばかりではない、静かにささやく微かな風に合わせて、時に沈黙と向かい合うことも、歌を極めることの姿勢のひとつとして求められる。


部品: 歌に対する想い

歌い手は、人に歌を聴かせるなりわいではあるが、自分自身の歌に対する気持ちこそが、歌を本物として響かせる出発点であることを忘れてはならない。
歌うことの楽しさ、初心の気持ち、他の歌い手の歌を聴く、そうした自分の為の歌も、大切な心の支えとしたいものである。

部品: 声量

歌い手にまず求められるのは、豊かな声量である。大きな声というばかりではない、良く響き遠くまで届く声の存在感には最も人気が集まる。
同時に、声のボリュームはその調節が難しい。静かにささやくように優しいのに、不思議に遠くまで届く声の技量というのも身に付けたいものである。


部品: 声質

歌い手の声質は、それぞれに個性が表れる。強く響く威勢の良い声もあれば、すすり泣くような切なさが味という声もある。
自分の個性と、観客の好み、それぞれに大きく違いの現れるのか声の質であるかもしれない。
長い時間歌い続けることが必要な歌い手は、自らの声質に合わせ、長く歌う喉の強さも必要になる。

部品: 呼吸

人の喉が紡ぎ出す歌の調べは、人の身体の呼吸によって支えられている。
ブレスの短い細切れの音は観客を飽きさせてしまうので、歌の表現に必要な呼吸の訓練はとても大切になる。
腹式呼吸を身に付け、身体全体を楽器のように響かせることが一般的には求められるが、様々な歌の表情に合わせて呼吸を操る表現力が必要とも言える。


部品: 音域

声の音域の広い方が、歌の表現力もレパートリーも広げられる。
特に高い音域を得意とする超絶技巧の歌い手は、最も人々の注目を集める人気者となることが出来るだろう。

部品: 発音

歌の響きだけでなく、詩の意味を伝える言葉の表現力も大切である。
発音が明瞭であることが基本だが、歌の表情、また外国の言葉や土地の訛りなど、母音と子音の発音を意識して操ることも、聞き手に気持ちを伝える重要な技術である。

部品: リズム

歌の拍子は、観客を巻き込む重要な技術のひとつである。
言葉のリズムとして韻を効果的に聴かせたり、手拍子や合いの手、即席の太鼓、弾き語りの楽器などがあれば更に効果的である。
観客も共にリズムの波に乗せるような、場の一体感を盛り上げることも、歌い手に求められる技術と言えるだろう。




提出書式


 大部品: 歌い手(帝國共通) RD:12 評価値:6
 -部品: 歌い手とは
 -部品: たくさんの歌を知る
 -部品: 客あしらい
 -部品: 声を合わせる
 -部品: 静けさを聴く
 -部品: 歌に対する想い
 -大部品: 歌い手の訓練 RD:6 評価値:4
 --部品: 声量
 --部品: 声質
 --部品: 呼吸
 --部品: 音域
 --部品: 発音
 --部品: リズム
 
 
 部品: 歌い手とは
 主になりわいとして歌を歌う人。またその技量の高い人のこと。
 酒場や祭など人の集まる場所で自らの歌を披露するなど、様々な相手を楽しませるために、様々な資質が必要になる。
 
 
 
 部品: たくさんの歌を知る
 伝承や流行歌など先達の歌を学び、自分のレパートリーを広げ、また自らの経験を糧に歌の深みを増す努力も必要となるだろう。
 失われた古い歌や、各地に伝わる土地独特の歌を求めて、旅することもあるかもしれない。
 同じ歌であっても、如何に自分流に歌いこなすのか、それにはまずたくさんの歌を知ることが重要となる。
 
 部品: 客あしらい
 歌い手とは客の好みに合わせ、また場の雰囲気に合わせた歌を選びながら、歌を聞かせる仕事である。
 座を盛り上げ、時には怒りや哀しみを鎮めて人々の心を揺り動かすことも歌い手の技量として求められる。
 その場に相応しい歌を選ぶためには、人々の喜怒哀楽を感じ取る感性と共に、それに流されない心の強さを併せ持つ必要がある。
 
 部品: 声を合わせる
 歌い手は他の歌や楽器と声を合わせて歌う場面が多い。
 互いの音を良く聴き響きを和を作ること、そして音の濁りもまた響きの味わいとなる。
 これを学ぶには、世界に満ちているあらゆる音に対して礼をもって接する、長い時間が必要になる。
 
 部品: 静けさを聴く
 歌とは、音の繋がりばかりでなく、音の途切れる間にも意味を持っている。
 大きな声で相手を驚かすばかりではない、静かにささやく微かな風に合わせて、時に沈黙と向かい合うことも、歌を極めることの姿勢のひとつとして求められる。
 
 
 部品: 歌に対する想い
 歌い手は、人に歌を聴かせるなりわいではあるが、自分自身の歌に対する気持ちこそが、歌を本物として響かせる出発点であることを忘れてはならない。
 歌うことの楽しさ、初心の気持ち、他の歌い手の歌を聴く、そうした自分の為の歌も、大切な心の支えとしたいものである。
 
 部品: 声量
 歌い手にまず求められるのは、豊かな声量である。大きな声というばかりではない、良く響き遠くまで届く声の存在感には最も人気が集まる。
 同時に、声のボリュームはその調節が難しい。静かにささやくように優しいのに、不思議に遠くまで届く声の技量というのも身に付けたいものである。
 
 
 部品: 声質
 歌い手の声質は、それぞれに個性が表れる。強く響く威勢の良い声もあれば、すすり泣くような切なさが味という声もある。
 自分の個性と、観客の好み、それぞれに大きく違いの現れるのか声の質であるかもしれない。
 長い時間歌い続けることが必要な歌い手は、自らの声質に合わせ、長く歌う喉の強さも必要になる。
 
 部品: 呼吸
 人の喉が紡ぎ出す歌の調べは、人の身体の呼吸によって支えられている。
 ブレスの短い細切れの音は観客を飽きさせてしまうので、歌の表現に必要な呼吸の訓練はとても大切になる。
 腹式呼吸を身に付け、身体全体を楽器のように響かせることが一般的には求められるが、様々な歌の表情に合わせて呼吸を操る表現力が必要とも言える。
 
 
 部品: 音域
 声の音域の広い方が、歌の表現力もレパートリーも広げられる。
 特に高い音域を得意とする超絶技巧の歌い手は、最も人々の注目を集める人気者となることが出来るだろう。
 
 部品: 発音
 歌の響きだけでなく、詩の意味を伝える言葉の表現力も大切である。
 発音が明瞭であることが基本だが、歌の表情、また外国の言葉や土地の訛りなど、母音と子音の発音を意識して操ることも、聞き手に気持ちを伝える重要な技術である。
 
 部品: リズム
 歌の拍子は、観客を巻き込む重要な技術のひとつである。
 言葉のリズムとして韻を効果的に聴かせたり、手拍子や合いの手、即席の太鼓、弾き語りの楽器などがあれば更に効果的である。
 観客も共にリズムの波に乗せるような、場の一体感を盛り上げることも、歌い手に求められる技術と言えるだろう。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 69978,
     "title": "歌い手(帝國共通)",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-24 19:19:14.664938",
     "updated_at": "2017-08-24 19:19:14.664938",
     "character_id": 795,
     "children": [
       {
         "id": 69979,
         "title": "歌い手とは",
         "description": "主になりわいとして歌を歌う人。またその技量の高い人のこと。\n酒場や祭など人の集まる場所で自らの歌を披露するなど、様々な相手を楽しませるために、様々な資質が必要になる。\n\n",
         "part_type": "part",
         "character_id": 795,
         "children": []
       },
       {
         "id": 69980,
         "title": "たくさんの歌を知る",
         "description": "伝承や流行歌など先達の歌を学び、自分のレパートリーを広げ、また自らの経験を糧に歌の深みを増す努力も必要となるだろう。\n失われた古い歌や、各地に伝わる土地独特の歌を求めて、旅することもあるかもしれない。\n同じ歌であっても、如何に自分流に歌いこなすのか、それにはまずたくさんの歌を知ることが重要となる。",
         "part_type": "part",
         "character_id": 795,
         "children": []
       },
       {
         "id": 69981,
         "title": "客あしらい",
         "description": "歌い手とは客の好みに合わせ、また場の雰囲気に合わせた歌を選びながら、歌を聞かせる仕事である。\n座を盛り上げ、時には怒りや哀しみを鎮めて人々の心を揺り動かすことも歌い手の技量として求められる。\nその場に相応しい歌を選ぶためには、人々の喜怒哀楽を感じ取る感性と共に、それに流されない心の強さを併せ持つ必要がある。",
         "part_type": "part",
         "character_id": 795,
         "children": []
       },
       {
         "id": 69982,
         "title": "声を合わせる",
         "description": "歌い手は他の歌や楽器と声を合わせて歌う場面が多い。\n互いの音を良く聴き響きを和を作ること、そして音の濁りもまた響きの味わいとなる。\nこれを学ぶには、世界に満ちているあらゆる音に対して礼をもって接する、長い時間が必要になる。",
         "part_type": "part",
         "character_id": 795,
         "children": []
       },
       {
         "id": 69983,
         "title": "静けさを聴く",
         "description": "歌とは、音の繋がりばかりでなく、音の途切れる間にも意味を持っている。\n大きな声で相手を驚かすばかりではない、静かにささやく微かな風に合わせて、時に沈黙と向かい合うことも、歌を極めることの姿勢のひとつとして求められる。\n",
         "part_type": "part",
         "character_id": 795,
         "children": []
       },
       {
         "id": 69984,
         "title": "歌に対する想い",
         "description": "歌い手は、人に歌を聴かせるなりわいではあるが、自分自身の歌に対する気持ちこそが、歌を本物として響かせる出発点であることを忘れてはならない。\n歌うことの楽しさ、初心の気持ち、他の歌い手の歌を聴く、そうした自分の為の歌も、大切な心の支えとしたいものである。",
         "part_type": "part",
         "character_id": 795,
         "children": []
       },
       {
         "id": 69985,
         "title": "歌い手の訓練",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 795,
         "children": [
           {
             "id": 69986,
             "title": "声量",
             "description": "歌い手にまず求められるのは、豊かな声量である。大きな声というばかりではない、良く響き遠くまで届く声の存在感には最も人気が集まる。\n同時に、声のボリュームはその調節が難しい。静かにささやくように優しいのに、不思議に遠くまで届く声の技量というのも身に付けたいものである。\n",
             "part_type": "part",
             "character_id": 795,
             "children": []
           },
           {
             "id": 69987,
             "title": "声質",
             "description": "歌い手の声質は、それぞれに個性が表れる。強く響く威勢の良い声もあれば、すすり泣くような切なさが味という声もある。\n自分の個性と、観客の好み、それぞれに大きく違いの現れるのか声の質であるかもしれない。\n長い時間歌い続けることが必要な歌い手は、自らの声質に合わせ、長く歌う喉の強さも必要になる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 795,
             "children": []
           },
           {
             "id": 69988,
             "title": "呼吸",
             "description": "人の喉が紡ぎ出す歌の調べは、人の身体の呼吸によって支えられている。\nブレスの短い細切れの音は観客を飽きさせてしまうので、歌の表現に必要な呼吸の訓練はとても大切になる。\n腹式呼吸を身に付け、身体全体を楽器のように響かせることが一般的には求められるが、様々な歌の表情に合わせて呼吸を操る表現力が必要とも言える。\n",
             "part_type": "part",
             "character_id": 795,
             "children": []
           },
           {
             "id": 69989,
             "title": "音域",
             "description": "声の音域の広い方が、歌の表現力もレパートリーも広げられる。\n特に高い音域を得意とする超絶技巧の歌い手は、最も人々の注目を集める人気者となることが出来るだろう。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 795,
             "children": []
           },
           {
             "id": 69990,
             "title": "発音",
             "description": "歌の響きだけでなく、詩の意味を伝える言葉の表現力も大切である。\n発音が明瞭であることが基本だが、歌の表情、また外国の言葉や土地の訛りなど、母音と子音の発音を意識して操ることも、聞き手に気持ちを伝える重要な技術である。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 795,
             "children": []
           },
           {
             "id": 69991,
             "title": "リズム",
             "description": "歌の拍子は、観客を巻き込む重要な技術のひとつである。\n言葉のリズムとして韻を効果的に聴かせたり、手拍子や合いの手、即席の太鼓、弾き語りの楽器などがあれば更に効果的である。\n観客も共にリズムの波に乗せるような、場の一体感を盛り上げることも、歌い手に求められる技術と言えるだろう。\n",
             "part_type": "part",
             "character_id": 795,
             "children": []
           }
         ]
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]