設問205:陶芸家

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:うたう
PC名:うたう
所属藩国:蒼梧藩国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@utaukamisora

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 陶芸家 RD:10 評価値:5
    • 部品: 概要
    • 大部品: 道のり RD:3 評価値:2
      • 部品: 入門
      • 部品: 修行
      • 部品: 後進の育成
    • 大部品: 仕事内容 RD:3 評価値:2
      • 部品: 形成まで
      • 部品: 焼成から完成
      • 部品: 販売
    • 部品: 唯一品と大量生産
    • 部品: 伝統にたいして
    • 部品: 安全管理



部品定義


部品: 概要

一定の成分比を持つ土を練り、形成、焼成する事でできあがる陶磁器を作成、販売する事で生計成り立たせる商売。陶磁器も色々と種類があるが、主に食器をはじめとした器や碗を作成する人を指す。

部品: 入門

ノウハウをはじめとした座学や実技も含めて教えてもらえる専門の学校へ入る、陶芸家に弟子入りする、陶芸家の親の手習いから、など、まずは基本を学ぶ必要がある。道は一つだけでなく、色々組み合わせて習う場合もある。

部品: 修行

過去から連綿と伝えられた技術はもちろん、時世やニーズに合わせるなど、師に習いながら身に着ける。機械化され、成分や分量比が明確になっていても、一朝一夕で身につくものではなく、年数を必要とする。

部品: 後進の育成

自らが教わり、または学び、身に着けた事を、同僚と共有し、弟子や後輩へ伝えていく。それにより、さらに洗練された技術となったり、良いものを安価で多くの人に手に取ってもらえたりと、長く続くものになっていく。

部品: 形成まで

求める用途に合った土を求め、各地に足を運ぶ事もある。土を利用する際には土地の権利者と交渉し、使用許可を得る。それを水分と合わせ、練るなどし、碗や器などに形成する。ろくろなどでの手作業もあれば、大量生産のため、機械化や分担制が採用されている場合もある。

部品: 焼成から完成

器などは一定期間乾燥させ、水分を抜いたうえで、窯などで焼成を行う。その際の温度や材料である土の成分、他に絵付や施釉の有無や工程の順番により、できあがりは様々となる。機械制御式の窯はいくらか管理を任せる事もできるが、旧来の窯となると、つきっきりで管理する事にもなる。

部品: 販売

生活の糧とするためには、できあがった物を販売し、代金を得る必要がある。個展や、所属する窯の店頭での販売。地方の特産品として土産物屋へ納品。国や町、個人や企業の依頼主へ納めるなど。他に販路拡大のため、デパートや遠方の催し物に出店したりなども行う。

部品: 唯一品と大量生産

依頼を受け、ただ一つのものとして作成する事。あるいは、同一の物を大量に作成する事。用途などにより様々であり、それにより工程も変化する。どちらが良い悪いというものではない。求められるものを、己の力で生み出す事が大切である。

部品: 伝統にたいして

過去から伝えられるものにはそれだけの意味と意義がある。しかし、それにこだわっていてはそれを求めるものや継ぐものがなくなり、消失してしまう事もある。文献などから復活させる事も可能であるが、かなりの困難も極める。だからといって安易に手を加えると本質が失われる事もあり、変わらぬ事の良さ、変わる事の良さに関しては、慎重に検討し、行う必要がある。

部品: 安全管理

高温を長時間維持する窯での作業時には、不測の事態も備え消火設備や連絡方法が備わっている状態かの確認が必要。単独での作業が長時間化、長期化しないよう工程担当の管理。また、使用する材料も、過去には有毒性のある物の使用により、製品の製作者や使用者の健康を害する事もあったが、現在は成分調査により、健康被害が見込まれるものの使用は不可となっている。



提出書式


 大部品: 陶芸家 RD:10 評価値:5
 -部品: 概要
 -大部品: 道のり RD:3 評価値:2
 --部品: 入門
 --部品: 修行
 --部品: 後進の育成
 -大部品: 仕事内容 RD:3 評価値:2
 --部品: 形成まで
 --部品: 焼成から完成
 --部品: 販売
 -部品: 唯一品と大量生産
 -部品: 伝統にたいして
 -部品: 安全管理
 
 
 部品: 概要
 一定の成分比を持つ土を練り、形成、焼成する事でできあがる陶磁器を作成、販売する事で生計成り立たせる商売。陶磁器も色々と種類があるが、主に食器をはじめとした器や碗を作成する人を指す。
 
 部品: 入門
 ノウハウをはじめとした座学や実技も含めて教えてもらえる専門の学校へ入る、陶芸家に弟子入りする、陶芸家の親の手習いから、など、まずは基本を学ぶ必要がある。道は一つだけでなく、色々組み合わせて習う場合もある。
 
 部品: 修行
 過去から連綿と伝えられた技術はもちろん、時世やニーズに合わせるなど、師に習いながら身に着ける。機械化され、成分や分量比が明確になっていても、一朝一夕で身につくものではなく、年数を必要とする。
 
 部品: 後進の育成
 自らが教わり、または学び、身に着けた事を、同僚と共有し、弟子や後輩へ伝えていく。それにより、さらに洗練された技術となったり、良いものを安価で多くの人に手に取ってもらえたりと、長く続くものになっていく。
 
 部品: 形成まで
 求める用途に合った土を求め、各地に足を運ぶ事もある。土を利用する際には土地の権利者と交渉し、使用許可を得る。それを水分と合わせ、練るなどし、碗や器などに形成する。ろくろなどでの手作業もあれば、大量生産のため、機械化や分担制が採用されている場合もある。
 
 部品: 焼成から完成
 器などは一定期間乾燥させ、水分を抜いたうえで、窯などで焼成を行う。その際の温度や材料である土の成分、他に絵付や施釉の有無や工程の順番により、できあがりは様々となる。機械制御式の窯はいくらか管理を任せる事もできるが、旧来の窯となると、つきっきりで管理する事にもなる。
 
 部品: 販売
 生活の糧とするためには、できあがった物を販売し、代金を得る必要がある。個展や、所属する窯の店頭での販売。地方の特産品として土産物屋へ納品。国や町、個人や企業の依頼主へ納めるなど。他に販路拡大のため、デパートや遠方の催し物に出店したりなども行う。
 
 部品: 唯一品と大量生産
 依頼を受け、ただ一つのものとして作成する事。あるいは、同一の物を大量に作成する事。用途などにより様々であり、それにより工程も変化する。どちらが良い悪いというものではない。求められるものを、己の力で生み出す事が大切である。
 
 部品: 伝統にたいして
 過去から伝えられるものにはそれだけの意味と意義がある。しかし、それにこだわっていてはそれを求めるものや継ぐものがなくなり、消失してしまう事もある。文献などから復活させる事も可能であるが、かなりの困難も極める。だからといって安易に手を加えると本質が失われる事もあり、変わらぬ事の良さ、変わる事の良さに関しては、慎重に検討し、行う必要がある。
 
 部品: 安全管理
 高温を長時間維持する窯での作業時には、不測の事態も備え消火設備や連絡方法が備わっている状態かの確認が必要。単独での作業が長時間化、長期化しないよう工程担当の管理。また、使用する材料も、過去には有毒性のある物の使用により、製品の製作者や使用者の健康を害する事もあったが、現在は成分調査により、健康被害が見込まれるものの使用は不可となっている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "陶芸家",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "一定の成分比を持つ土を練り、形成、焼成する事でできあがる陶磁器を作成、販売する事で生計成り立たせる商売。陶磁器も色々と種類があるが、主に食器をはじめとした器や碗を作成する人を指す。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "道のり",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "入門",
             "description": "ノウハウをはじめとした座学や実技も含めて教えてもらえる専門の学校へ入る、陶芸家に弟子入りする、陶芸家の親の手習いから、など、まずは基本を学ぶ必要がある。道は一つだけでなく、色々組み合わせて習う場合もある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "修行",
             "description": "過去から連綿と伝えられた技術はもちろん、時世やニーズに合わせるなど、師に習いながら身に着ける。機械化され、成分や分量比が明確になっていても、一朝一夕で身につくものではなく、年数を必要とする。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "後進の育成",
             "description": "自らが教わり、または学び、身に着けた事を、同僚と共有し、弟子や後輩へ伝えていく。それにより、さらに洗練された技術となったり、良いものを安価で多くの人に手に取ってもらえたりと、長く続くものになっていく。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "仕事内容",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "形成まで",
             "description": "求める用途に合った土を求め、各地に足を運ぶ事もある。土を利用する際には土地の権利者と交渉し、使用許可を得る。それを水分と合わせ、練るなどし、碗や器などに形成する。ろくろなどでの手作業もあれば、大量生産のため、機械化や分担制が採用されている場合もある。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "焼成から完成",
             "description": "器などは一定期間乾燥させ、水分を抜いたうえで、窯などで焼成を行う。その際の温度や材料である土の成分、他に絵付や施釉の有無や工程の順番により、できあがりは様々となる。機械制御式の窯はいくらか管理を任せる事もできるが、旧来の窯となると、つきっきりで管理する事にもなる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "販売",
             "description": "生活の糧とするためには、できあがった物を販売し、代金を得る必要がある。個展や、所属する窯の店頭での販売。地方の特産品として土産物屋へ納品。国や町、個人や企業の依頼主へ納めるなど。他に販路拡大のため、デパートや遠方の催し物に出店したりなども行う。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "唯一品と大量生産",
         "description": "依頼を受け、ただ一つのものとして作成する事。あるいは、同一の物を大量に作成する事。用途などにより様々であり、それにより工程も変化する。どちらが良い悪いというものではない。求められるものを、己の力で生み出す事が大切である。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "伝統にたいして",
         "description": "過去から伝えられるものにはそれだけの意味と意義がある。しかし、それにこだわっていてはそれを求めるものや継ぐものがなくなり、消失してしまう事もある。文献などから復活させる事も可能であるが、かなりの困難も極める。だからといって安易に手を加えると本質が失われる事もあり、変わらぬ事の良さ、変わる事の良さに関しては、慎重に検討し、行う必要がある。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "安全管理",
         "description": "高温を長時間維持する窯での作業時には、不測の事態も備え消火設備や連絡方法が備わっている状態かの確認が必要。単独での作業が長時間化、長期化しないよう工程担当の管理。また、使用する材料も、過去には有毒性のある物の使用により、製品の製作者や使用者の健康を害する事もあったが、現在は成分調査により、健康被害が見込まれるものの使用は不可となっている。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]