設問205:教師

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:ミミ猫
PC名:つるばみ
所属藩国:満天星国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@turubami_matuha

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 教師 RD:11 評価値:5
    • 部品: 教師の呼称
    • 部品: 必要な経験と専門の資格
    • 部品: 教科教育の工夫
    • 部品: 燃える理想と熱意
    • 部品: 注意深く観察する力
    • 部品: 辛抱強く聞く力
    • 部品: 経験と想像力に裏打ちされた共感力
    • 部品: 冷静な判断力
    • 部品: 毅然とした態度
    • 部品: 温かな親心
    • 部品: 若さを失わない子供心



部品定義


部品: 教師の呼称

教師は、おもに学校等の教育施設において、学生を指導する立場の者。
先生、教員、教師、教諭など多くの呼ばれ方があるが、どれも教育者という意味合いを持つ。
教科を教えるいわゆる教科教諭や養護教諭など、資格を取得して学校で教鞭をとる者を教諭や教員という。
また、先生は学校や教育以外の場でも、その道の先達を指して先生と呼ぶこともある。
一般的には、教師という言葉が、学校現場で教える立場の者として呼びならわされることが多い。

部品: 必要な経験と専門の資格

学校で学生を指導する者として、教育の意義や制度、方法や効果などについて学び、さらには自分が専門とする教科を教えるための専門知識や研究成果について知悉する必要がある。
それらの条件を満たしたうえで、教員の資格を取得する必要がある。資格取得の際には、教育現場での実習が必須となる。

部品: 教科教育の工夫

学生の学習能力を伸ばし、教養と考える力を身に着けさせるため、いかに分かりやすく効率的な授業を行うかについて、常に工夫を重ねている。教科を教える教科教諭とって、義務ともいえる部分。

部品: 燃える理想と熱意

教育者になるということは、国の将来を担う人材を育成し、その手本とならなくてはいけない。
若者たちの未来と国や世界の未来への熱い思いを持ち、そのために彼らに自らの知識や経験を惜しみなく与える情熱が必要である。

部品: 注意深く観察する力

教えるという行為は一方的に押し付けるものではない。相手、すなわち学生が感じていることや考えていることを鋭く観察し、その状況や学生の心情を踏まえて効果的に指導しなければならない。
そのためには学生たちをよく見て観察する力が必要である。

部品: 辛抱強く聞く力

学生は若く、独特の幼さや感受性を持っている。そのため得てして言葉で表現することが苦手な場合もある。
彼らが発するSOSや信号を逃すことなく、辛抱強く彼らの少ない言葉に耳を傾けて理解するよう努力する。

部品: 経験と想像力に裏打ちされた共感力

多くの学生の言葉に辛抱強く耳を傾け続けてきた経験は、様々な学生の環境や体験を見てきたということである。
彼らの立場を理解して、彼らの気持ちを想像することに長けており、共感する力が積み重ねられている。

部品: 冷静な判断力

状況を冷静に読み取って判断することが重要である。
学生が感じていることを踏まえつつ、何が学生本人のためになるかを常に冷静に考え、判断の指針とする。

部品: 毅然とした態度

学生にとって必要と思われる時には、学生に対して毅然とした態度をとって行動することが必要となる。
教師の冷静な判断力で選択した行為は、学生に効果的に伝わるよう、決然と行動してみせることも大人としての見本となっていく。

部品: 温かな親心

学生が将来社会に出ていく際に困らないよう、できるだけのことを身に着けさせる。
また、学生本人の思いを第一に考え、寄り添って相談に乗り、必要ならば叱責も辞さない覚悟で対峙する。
子供の安全を第一に、子供の将来を見守る、もう一人の親のような存在である。

部品: 若さを失わない子供心

教師もかつては若かった。時には若い学生と一緒に、笑い、歌い、ふざけあうこともある。それが学生たちとの絆を深めていくことにもなる。
時には一緒にふざけすぎて羽目を外し、学生とともにお説教を食らうこともあるがこれもまた愛嬌。
こういった若い子供の心を失わず、学生とともに歩ける気持ちを持っている。




提出書式


 大部品: 教師 RD:11 評価値:5
 -部品: 教師の呼称
 -部品: 必要な経験と専門の資格
 -部品: 教科教育の工夫
 -部品: 燃える理想と熱意
 -部品: 注意深く観察する力
 -部品: 辛抱強く聞く力
 -部品: 経験と想像力に裏打ちされた共感力
 -部品: 冷静な判断力
 -部品: 毅然とした態度
 -部品: 温かな親心
 -部品: 若さを失わない子供心
 
 
 部品: 教師の呼称
 教師は、おもに学校等の教育施設において、学生を指導する立場の者。
 先生、教員、教師、教諭など多くの呼ばれ方があるが、どれも教育者という意味合いを持つ。
 教科を教えるいわゆる教科教諭や養護教諭など、資格を取得して学校で教鞭をとる者を教諭や教員という。
 また、先生は学校や教育以外の場でも、その道の先達を指して先生と呼ぶこともある。
 一般的には、教師という言葉が、学校現場で教える立場の者として呼びならわされることが多い。
 
 部品: 必要な経験と専門の資格
 学校で学生を指導する者として、教育の意義や制度、方法や効果などについて学び、さらには自分が専門とする教科を教えるための専門知識や研究成果について知悉する必要がある。
 それらの条件を満たしたうえで、教員の資格を取得する必要がある。資格取得の際には、教育現場での実習が必須となる。
 
 部品: 教科教育の工夫
 学生の学習能力を伸ばし、教養と考える力を身に着けさせるため、いかに分かりやすく効率的な授業を行うかについて、常に工夫を重ねている。教科を教える教科教諭とって、義務ともいえる部分。
 
 部品: 燃える理想と熱意
 教育者になるということは、国の将来を担う人材を育成し、その手本とならなくてはいけない。
 若者たちの未来と国や世界の未来への熱い思いを持ち、そのために彼らに自らの知識や経験を惜しみなく与える情熱が必要である。
 
 部品: 注意深く観察する力
 教えるという行為は一方的に押し付けるものではない。相手、すなわち学生が感じていることや考えていることを鋭く観察し、その状況や学生の心情を踏まえて効果的に指導しなければならない。
 そのためには学生たちをよく見て観察する力が必要である。
 
 部品: 辛抱強く聞く力
 学生は若く、独特の幼さや感受性を持っている。そのため得てして言葉で表現することが苦手な場合もある。
 彼らが発するSOSや信号を逃すことなく、辛抱強く彼らの少ない言葉に耳を傾けて理解するよう努力する。
 
 部品: 経験と想像力に裏打ちされた共感力
 多くの学生の言葉に辛抱強く耳を傾け続けてきた経験は、様々な学生の環境や体験を見てきたということである。
 彼らの立場を理解して、彼らの気持ちを想像することに長けており、共感する力が積み重ねられている。
 
 部品: 冷静な判断力
 状況を冷静に読み取って判断することが重要である。
 学生が感じていることを踏まえつつ、何が学生本人のためになるかを常に冷静に考え、判断の指針とする。
 
 部品: 毅然とした態度
 学生にとって必要と思われる時には、学生に対して毅然とした態度をとって行動することが必要となる。
 教師の冷静な判断力で選択した行為は、学生に効果的に伝わるよう、決然と行動してみせることも大人としての見本となっていく。
 
 部品: 温かな親心
 学生が将来社会に出ていく際に困らないよう、できるだけのことを身に着けさせる。
 また、学生本人の思いを第一に考え、寄り添って相談に乗り、必要ならば叱責も辞さない覚悟で対峙する。
 子供の安全を第一に、子供の将来を見守る、もう一人の親のような存在である。
 
 部品: 若さを失わない子供心
 教師もかつては若かった。時には若い学生と一緒に、笑い、歌い、ふざけあうこともある。それが学生たちとの絆を深めていくことにもなる。
 時には一緒にふざけすぎて羽目を外し、学生とともにお説教を食らうこともあるがこれもまた愛嬌。
 こういった若い子供の心を失わず、学生とともに歩ける気持ちを持っている。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "教師",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "教師の呼称",
         "description": "教師は、おもに学校等の教育施設において、学生を指導する立場の者。\n先生、教員、教師、教諭など多くの呼ばれ方があるが、どれも教育者という意味合いを持つ。\n教科を教えるいわゆる教科教諭や養護教諭など、資格を取得して学校で教鞭をとる者を教諭や教員という。\nまた、先生は学校や教育以外の場でも、その道の先達を指して先生と呼ぶこともある。\n一般的には、教師という言葉が、学校現場で教える立場の者として呼びならわされることが多い。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "必要な経験と専門の資格",
         "description": "学校で学生を指導する者として、教育の意義や制度、方法や効果などについて学び、さらには自分が専門とする教科を教えるための専門知識や研究成果について知悉する必要がある。\nそれらの条件を満たしたうえで、教員の資格を取得する必要がある。資格取得の際には、教育現場での実習が必須となる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "教科教育の工夫",
         "description": "学生の学習能力を伸ばし、教養と考える力を身に着けさせるため、いかに分かりやすく効率的な授業を行うかについて、常に工夫を重ねている。教科を教える教科教諭とって、義務ともいえる部分。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "燃える理想と熱意",
         "description": "教育者になるということは、国の将来を担う人材を育成し、その手本とならなくてはいけない。\n若者たちの未来と国や世界の未来への熱い思いを持ち、そのために彼らに自らの知識や経験を惜しみなく与える情熱が必要である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "注意深く観察する力",
         "description": "教えるという行為は一方的に押し付けるものではない。相手、すなわち学生が感じていることや考えていることを鋭く観察し、その状況や学生の心情を踏まえて効果的に指導しなければならない。\nそのためには学生たちをよく見て観察する力が必要である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "辛抱強く聞く力",
         "description": "学生は若く、独特の幼さや感受性を持っている。そのため得てして言葉で表現することが苦手な場合もある。\n彼らが発するSOSや信号を逃すことなく、辛抱強く彼らの少ない言葉に耳を傾けて理解するよう努力する。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "経験と想像力に裏打ちされた共感力",
         "description": "多くの学生の言葉に辛抱強く耳を傾け続けてきた経験は、様々な学生の環境や体験を見てきたということである。\n彼らの立場を理解して、彼らの気持ちを想像することに長けており、共感する力が積み重ねられている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "冷静な判断力",
         "description": "状況を冷静に読み取って判断することが重要である。\n学生が感じていることを踏まえつつ、何が学生本人のためになるかを常に冷静に考え、判断の指針とする。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "毅然とした態度",
         "description": "学生にとって必要と思われる時には、学生に対して毅然とした態度をとって行動することが必要となる。\n教師の冷静な判断力で選択した行為は、学生に効果的に伝わるよう、決然と行動してみせることも大人としての見本となっていく。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "温かな親心",
         "description": "学生が将来社会に出ていく際に困らないよう、できるだけのことを身に着けさせる。\nまた、学生本人の思いを第一に考え、寄り添って相談に乗り、必要ならば叱責も辞さない覚悟で対峙する。\n子供の安全を第一に、子供の将来を見守る、もう一人の親のような存在である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "若さを失わない子供心",
         "description": "教師もかつては若かった。時には若い学生と一緒に、笑い、歌い、ふざけあうこともある。それが学生たちとの絆を深めていくことにもなる。\n時には一緒にふざけすぎて羽目を外し、学生とともにお説教を食らうこともあるがこれもまた愛嬌。\nこういった若い子供の心を失わず、学生とともに歩ける気持ちを持っている。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]