設問205:動物調教師

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:はづきてる
PC名:照月 燿
所属藩国:暁の円卓藩国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@AuglyGlnt

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 動物調教師 RD:7 評価値:4
    • 大部品: 動物への対応 RD:4 評価値:3
      • 部品: 反応をよく見る
      • 部品: 刺激を避ける
      • 部品: 習性をよく知る
      • 部品: 動物とのふれあい
    • 部品: 調教師免許
    • 部品: 厩舎員の管理
    • 部品: 飴と鞭のバランス



部品定義


部品: 反応をよく見る

言語の通じないものを相手取る際、自分の行動に対して対象がどのような反応を返すのかを注意深く観察することで、対象の快・不快状態について推察を繰り返し、精度を上げていく。

部品: 刺激を避ける

動物に過度なストレスを与えないために、急に動かない、光や音の刺激を不要に上げないようにする、など不要な刺激を与えないように気を付ける。

部品: 習性をよく知る

動物ごとに嫌うこと、好むことは大きく違う。様々な動物の好みを知り、目的に反しない限りなるべく嫌われないように行動する。未だ知らない動物に対しては、似た動物の嫌うことはしないようにする。

部品: 動物とのふれあい

様々な動物と直接触れあう、あるいは実際の挙動を観察をすることで、知識として知っていたことを実際の経験に変えていく。

部品: 調教師免許

動物を調教するのに必要な知識や経験、およびそれを用いて各従業員に指示を正確に伝えることができることを、国、あるいは国の認めた機関に認められている。

部品: 厩舎員の管理

実際に作業を行う厩舎員に対し、適切かつ明確な指示を送り、誤解や混乱を生まないようにする。また、厩舎員の体調面にも気を配り、動物に病気を移さないよう配慮する。


部品: 飴と鞭のバランス

動物たちのやる気を削がないように、うまくいった場合の報酬と、悪いことをした場合の罰をコントロールする。特に、報酬がもらえないことが続いた動物に対しては、一度得意なことを成功させて、定期的に報酬を与えられるようにする。




提出書式


 大部品: 動物調教師 RD:7 評価値:4
 -大部品: 動物への対応 RD:4 評価値:3
 --部品: 反応をよく見る
 --部品: 刺激を避ける
 --部品: 習性をよく知る
 --部品: 動物とのふれあい
 -部品: 調教師免許
 -部品: 厩舎員の管理
 -部品: 飴と鞭のバランス
 
 
 部品: 反応をよく見る
 言語の通じないものを相手取る際、自分の行動に対して対象がどのような反応を返すのかを注意深く観察することで、対象の快・不快状態について推察を繰り返し、精度を上げていく。
 
 部品: 刺激を避ける
 動物に過度なストレスを与えないために、急に動かない、光や音の刺激を不要に上げないようにする、など不要な刺激を与えないように気を付ける。
 
 部品: 習性をよく知る
 動物ごとに嫌うこと、好むことは大きく違う。様々な動物の好みを知り、目的に反しない限りなるべく嫌われないように行動する。未だ知らない動物に対しては、似た動物の嫌うことはしないようにする。
 
 部品: 動物とのふれあい
 様々な動物と直接触れあう、あるいは実際の挙動を観察をすることで、知識として知っていたことを実際の経験に変えていく。
 
 部品: 調教師免許
 動物を調教するのに必要な知識や経験、およびそれを用いて各従業員に指示を正確に伝えることができることを、国、あるいは国の認めた機関に認められている。
 
 部品: 厩舎員の管理
 実際に作業を行う厩舎員に対し、適切かつ明確な指示を送り、誤解や混乱を生まないようにする。また、厩舎員の体調面にも気を配り、動物に病気を移さないよう配慮する。
 
 
 部品: 飴と鞭のバランス
 動物たちのやる気を削がないように、うまくいった場合の報酬と、悪いことをした場合の罰をコントロールする。特に、報酬がもらえないことが続いた動物に対しては、一度得意なことを成功させて、定期的に報酬を与えられるようにする。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "動物調教師",
     "children": [
       {
         "title": "動物への対応",
         "children": [
           {
             "title": "反応をよく見る",
             "description": "言語の通じないものを相手取る際、自分の行動に対して対象がどのような反応を返すのかを注意深く観察することで、対象の快・不快状態について推察を繰り返し、精度を上げていく。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "刺激を避ける",
             "description": "動物に過度なストレスを与えないために、急に動かない、光や音の刺激を不要に上げないようにする、など不要な刺激を与えないように気を付ける。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "習性をよく知る",
             "description": "動物ごとに嫌うこと、好むことは大きく違う。様々な動物の好みを知り、目的に反しない限りなるべく嫌われないように行動する。未だ知らない動物に対しては、似た動物の嫌うことはしないようにする。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "動物とのふれあい",
             "description": "様々な動物と直接触れあう、あるいは実際の挙動を観察をすることで、知識として知っていたことを実際の経験に変えていく。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "調教師免許",
         "description": "動物を調教するのに必要な知識や経験、およびそれを用いて各従業員に指示を正確に伝えることができることを、国、あるいは国の認めた機関に認められている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "厩舎員の管理",
         "description": "実際に作業を行う厩舎員に対し、適切かつ明確な指示を送り、誤解や混乱を生まないようにする。また、厩舎員の体調面にも気を配り、動物に病気を移さないよう配慮する。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "飴と鞭のバランス",
         "description": "動物たちのやる気を削がないように、うまくいった場合の報酬と、悪いことをした場合の罰をコントロールする。特に、報酬がもらえないことが続いた動物に対しては、一度得意なことを成功させて、定期的に報酬を与えられるようにする。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]