設問205:記者

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:平林
PC名:平林
所属藩国:蒼梧藩国
連絡先(Twitterまたはe-mail):moegi_idress

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 記者 RD:9 評価値:5
    • 部品: 概要
    • 大部品: 職能 RD:6 評価値:4
      • 部品: 訓練
      • 部品: 取材力
      • 部品: リサーチ力
      • 部品: 構成力
      • 部品: 中立的視点
      • 部品: 記者魂
    • 大部品: 持ち物 RD:2 評価値:1
      • 部品: 記者証
      • 部品: 手帳



部品定義


部品: 概要

記者とは、通常通信社や放送局、新聞社、出版社などのメディアに所属し、取材を行なって記事等の形でそれを広く伝える職業である。フリーの記者もいるが、特定の組織と関係が深い場合がほとんどである。

部品: 訓練

記者は一種の専門職であり、充分な技能を身につけるためには一定期間の訓練が必要である。個人の資質にもよるが、三年程度の期間を経てようやく仲間だと思ってもらえるのが普通である。

部品: 取材力

話を聞きたい相手は忙しいこともあれば、聞きにくいことを聞かなければならない時もある。粘るのか、タイミングを計るのか、伝手を辿るのか……取材力が試される。

部品: リサーチ力

取材とともに、過去の例、他国の例、他分野の例などを調査することも記者の重要な能力である。文献調査の能力が高い記者は、多角的な視点を持つことができる。

部品: 構成力

様々な情報が集まったら、それを記事などの形にまとめねばならない。そんな時に必要なのが構成力である。単なる文章力ではなく、いかにして伝えるかに力点を置いたプロの技なのだ。

部品: 中立的視点

報道とは、事実をありのままに伝えることである。報道に関わらない記者であっても、中立的視点を内在化していることが望ましいとされる。所属機関の利益によって偏った記事を書かねばならない時も、偏ったものであると自覚できることが求められる。

部品: 記者魂

メディアが経済活動を行なっている以上、ウケる記事作りに流れやすいのは事実である。しかし、その中に伝えるべきことをいかに潜ませて社会に問いかけていくか、記者魂の有無が問われるのだ。

部品: 記者証

所属メディアの社員証や腕章など。これらを持っていることで、記者会見や警察等の機関に取材が可能となる。ただし、それらを出すことが逆効果になることもある。

部品: 手帳

記者なら誰もが持っている、相棒にして財産である。取材の記録をしたり、必要な連絡先を記したりするだけでなく、時間のない時は移動中に記事の下書きをすることもある。落としたら悲惨である。



提出書式


大部品: 記者 RD:9 評価値:5
  • 部品: 概要
  • 大部品: 職能 RD:6 評価値:4
    • 部品: 訓練
    • 部品: 取材力
    • 部品: リサーチ力
    • 部品: 構成力
    • 部品: 中立的視点
    • 部品: 記者魂
  • 大部品: 持ち物 RD:2 評価値:1
    • 部品: 記者証
    • 部品: 手帳


部品: 概要
記者とは、通常通信社や放送局、新聞社、出版社などのメディアに所属し、取材を行なって記事等の形でそれを広く伝える職業である。フリーの記者もいるが、特定の組織と関係が深い場合がほとんどである。

部品: 訓練
記者は一種の専門職であり、充分な技能を身につけるためには一定期間の訓練が必要である。個人の資質にもよるが、三年程度の期間を経てようやく仲間だと思ってもらえるのが普通である。

部品: 取材力
話を聞きたい相手は忙しいこともあれば、聞きにくいことを聞かなければならない時もある。粘るのか、タイミングを計るのか、伝手を辿るのか……取材力が試される。

部品: リサーチ力
取材とともに、過去の例、他国の例、他分野の例などを調査することも記者の重要な能力である。文献調査の能力が高い記者は、多角的な視点を持つことができる。

部品: 構成力
様々な情報が集まったら、それを記事などの形にまとめねばならない。そんな時に必要なのが構成力である。単なる文章力ではなく、いかにして伝えるかに力点を置いたプロの技なのだ。

部品: 中立的視点
報道とは、事実をありのままに伝えることである。報道に関わらない記者であっても、中立的視点を内在化していることが望ましいとされる。所属機関の利益によって偏った記事を書かねばならない時も、偏ったものであると自覚できることが求められる。

部品: 記者魂
メディアが経済活動を行なっている以上、ウケる記事作りに流れやすいのは事実である。しかし、その中に伝えるべきことをいかに潜ませて社会に問いかけていくか、記者魂の有無が問われるのだ。

部品: 記者証
所属メディアの社員証や腕章など。これらを持っていることで、記者会見や警察等の機関に取材が可能となる。ただし、それらを出すことが逆効果になることもある。

部品: 手帳
記者なら誰もが持っている、相棒にして財産である。取材の記録をしたり、必要な連絡先を記したりするだけでなく、時間のない時は移動中に記事の下書きをすることもある。落としたら悲惨である。




インポート用定義データ


[
{
"title": "記者",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "概要",
"description": "記者とは、通常通信社や放送局、新聞社、出版社などのメディアに所属し、取材を行なって記事等の形でそれを広く伝える職業である。フリーの記者もいるが、特定の組織と関係が深い場合がほとんどである。",
"type": "parts"
},
{
"title": "職能",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "訓練",
"description": "記者は一種の専門職であり、充分な技能を身につけるためには一定期間の訓練が必要である。個人の資質にもよるが、三年程度の期間を経てようやく仲間だと思ってもらえるのが普通である。",
"type": "parts"
},
{
"title": "取材力",
"description": "話を聞きたい相手は忙しいこともあれば、聞きにくいことを聞かなければならない時もある。粘るのか、タイミングを計るのか、伝手を辿るのか……取材力が試される。",
"type": "parts"
},
{
"title": "リサーチ力",
"description": "取材とともに、過去の例、他国の例、他分野の例などを調査することも記者の重要な能力である。文献調査の能力が高い記者は、多角的な視点を持つことができる。",
"type": "parts"
},
{
"title": "構成力",
"description": "様々な情報が集まったら、それを記事などの形にまとめねばならない。そんな時に必要なのが構成力である。単なる文章力ではなく、いかにして伝えるかに力点を置いたプロの技なのだ。",
"type": "parts"
},
{
"title": "中立的視点",
"description": "報道とは、事実をありのままに伝えることである。報道に関わらない記者であっても、中立的視点を内在化していることが望ましいとされる。所属機関の利益によって偏った記事を書かねばならない時も、偏ったものであると自覚できることが求められる。",
"type": "parts"
},
{
"title": "記者魂",
"description": "メディアが経済活動を行なっている以上、ウケる記事作りに流れやすいのは事実である。しかし、その中に伝えるべきことをいかに潜ませて社会に問いかけていくか、記者魂の有無が問われるのだ。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},
{
"title": "持ち物",
"type": "group",
"children": [
{
"title": "記者証",
"description": "所属メディアの社員証や腕章など。これらを持っていることで、記者会見や警察等の機関に取材が可能となる。ただし、それらを出すことが逆効果になることもある。",
"type": "parts"
},
{
"title": "手帳",
"description": "記者なら誰もが持っている、相棒にして財産である。取材の記録をしたり、必要な連絡先を記したりするだけでなく、時間のない時は移動中に記事の下書きをすることもある。落としたら悲惨である。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]