設問205:図書館司書

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:黒霧
PC名:黒霧
所属藩国:土場藩国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@kuromu_mk

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 図書館司書 RD:9 評価値:5
    • 部品: 図書館司書の訓練期間
    • 大部品: 司書 RD:8 評価値:5
      • 部品: 本好き
      • 部品: 司書とは何か
      • 部品: 資料調査スキル
      • 部品: 司書の認定資格
      • 部品: 知識判定評価への寄与
      • 部品: レファレンススキル
      • 部品: 情報資料の取り扱いに関する知識
      • 部品: 図書館でのイベントをこなせる程度のコミュニケーション能力



部品定義


部品: 図書館司書の訓練期間

一般的な図書館司書の訓練期間(司書としての最低限の技能を得て業務を遂行するだけの技能を得たとされるまで)は三年から六年程度かかるものとする。

部品: 本好き

ジャンルの好き嫌いはあれ、基本的に司書は本好き、読書好きである。というか本好きがなる場合が多い。
この場合の本は場合によっては巻物であったり電子書籍であったりする。
だって好きでないとこんな大量の本に長く触れる仕事していられないからね。

部品: 司書とは何か

司書は図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れ、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員。
司書の資格は藩国が定めるルールに則るが、実際に図書館で働くためには当該図書館の採用試験を通過する必要がある。

部品: 資料調査スキル

司書が図書館で調べ物をするにあたっては、司書以外が調べ物をするよりも調べ物での判定が遙かに優位になる。


部品: 司書の認定資格

司書は国家資格で藩国が定めた条件で資格を取得する必要がある。そもそも図書館における専門職なのでその難易度は高い。

部品: 知識判定評価への寄与

司書資格を得て、図書館で長く勤務することによって多数の本に触れることによって得られた莫大な知識と、調べ物判定の有意差によって、知識判定の評価が高まった。

部品: レファレンススキル

司書の調べ物スキルを用いて行う、情報収集の探しの代行。
たとえば学者や学生などが学習、研究、調査目的に必要な情報を集めようとしても、個人では大変な場合がある。そういうときに司書を含む図書館員が代行して情報を集めてきたり、調査に必要な資料を集め、回答することを、レファレンスサービスという。
質問が多いようなものについては図書館ごとにまとめられていたりする。
司書にはそれらをこなすスキルがある。もちろん図書館にない資料を取り寄せしたりする場合もあるし、調べるには相応の時間はかかるが。

部品: 情報資料の取り扱いに関する知識

司書は情報資料の取り扱いに関する専門的知識を有する。ただしそれは経験した図書館における情報資料の媒体に関するものとする。
たとえば巻物を情報資料の基本として扱っている国であれば巻物に関する取り扱い、書物であれば書物、電子媒体であれば電子媒体に関する保存、修繕、バックアップなどの方法である。
初期の司書は務める図書館のある藩国のTLに沿った情報資料の取り扱いに関する専門知識を有していなくてはならない。

部品: 図書館でのイベントをこなせる程度のコミュニケーション能力

レファレンスサービスの他にも、休みの時期にイベントを行う場合もある図書館に務める場合、それなりの教育能力、コミュニケーション能力が必要になる。
これは別に誰とでもうまくしゃべれる、応対できる能力が必要というわけではなく、その国ごとの主な図書館の利用者層や子供を相手にした場合の対処がそれなりにできる、といった程度のもの。



提出書式


 大部品: 図書館司書 RD:9 評価値:5
 -部品: 図書館司書の訓練期間
 -大部品: 司書 RD:8 評価値:5
 --部品: 本好き
 --部品: 司書とは何か
 --部品: 資料調査スキル
 --部品: 司書の認定資格
 --部品: 知識判定評価への寄与
 --部品: レファレンススキル
 --部品: 情報資料の取り扱いに関する知識
 --部品: 図書館でのイベントをこなせる程度のコミュニケーション能力
 
 
 部品: 図書館司書の訓練期間
 一般的な図書館司書の訓練期間(司書としての最低限の技能を得て業務を遂行するだけの技能を得たとされるまで)は三年から六年程度かかるものとする。
 
 部品: 本好き
 ジャンルの好き嫌いはあれ、基本的に司書は本好き、読書好きである。というか本好きがなる場合が多い。
 この場合の本は場合によっては巻物であったり電子書籍であったりする。
 だって好きでないとこんな大量の本に長く触れる仕事していられないからね。
 
 部品: 司書とは何か
 司書は図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れ、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員。
 司書の資格は藩国が定めるルールに則るが、実際に図書館で働くためには当該図書館の採用試験を通過する必要がある。
 
 部品: 資料調査スキル
 司書が図書館で調べ物をするにあたっては、司書以外が調べ物をするよりも調べ物での判定が遙かに優位になる。
 
 
 部品: 司書の認定資格
 司書は国家資格で藩国が定めた条件で資格を取得する必要がある。そもそも図書館における専門職なのでその難易度は高い。
 
 部品: 知識判定評価への寄与
 司書資格を得て、図書館で長く勤務することによって多数の本に触れることによって得られた莫大な知識と、調べ物判定の有意差によって、知識判定の評価が高まった。
 
 部品: レファレンススキル
 司書の調べ物スキルを用いて行う、情報収集の探しの代行。
 たとえば学者や学生などが学習、研究、調査目的に必要な情報を集めようとしても、個人では大変な場合がある。そういうときに司書を含む図書館員が代行して情報を集めてきたり、調査に必要な資料を集め、回答することを、レファレンスサービスという。
 質問が多いようなものについては図書館ごとにまとめられていたりする。
 司書にはそれらをこなすスキルがある。もちろん図書館にない資料を取り寄せしたりする場合もあるし、調べるには相応の時間はかかるが。
 
 部品: 情報資料の取り扱いに関する知識
 司書は情報資料の取り扱いに関する専門的知識を有する。ただしそれは経験した図書館における情報資料の媒体に関するものとする。
 たとえば巻物を情報資料の基本として扱っている国であれば巻物に関する取り扱い、書物であれば書物、電子媒体であれば電子媒体に関する保存、修繕、バックアップなどの方法である。
 初期の司書は務める図書館のある藩国のTLに沿った情報資料の取り扱いに関する専門知識を有していなくてはならない。
 
 部品: 図書館でのイベントをこなせる程度のコミュニケーション能力
 レファレンスサービスの他にも、休みの時期にイベントを行う場合もある図書館に務める場合、それなりの教育能力、コミュニケーション能力が必要になる。
 これは別に誰とでもうまくしゃべれる、応対できる能力が必要というわけではなく、その国ごとの主な図書館の利用者層や子供を相手にした場合の対処がそれなりにできる、といった程度のもの。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "図書館司書",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "図書館司書の訓練期間",
         "description": "一般的な図書館司書の訓練期間(司書としての最低限の技能を得て業務を遂行するだけの技能を得たとされるまで)は三年から六年程度かかるものとする。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "司書",
         "children": [
           {
             "title": "本好き",
             "description": "ジャンルの好き嫌いはあれ、基本的に司書は本好き、読書好きである。というか本好きがなる場合が多い。\nこの場合の本は場合によっては巻物であったり電子書籍であったりする。\nだって好きでないとこんな大量の本に長く触れる仕事していられないからね。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "司書とは何か",
             "description": "司書は図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れ、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員。\n司書の資格は藩国が定めるルールに則るが、実際に図書館で働くためには当該図書館の採用試験を通過する必要がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "資料調査スキル",
             "description": "司書が図書館で調べ物をするにあたっては、司書以外が調べ物をするよりも調べ物での判定が遙かに優位になる。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "司書の認定資格",
             "description": "司書は国家資格で藩国が定めた条件で資格を取得する必要がある。そもそも図書館における専門職なのでその難易度は高い。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "知識判定評価への寄与",
             "description": "司書資格を得て、図書館で長く勤務することによって多数の本に触れることによって得られた莫大な知識と、調べ物判定の有意差によって、知識判定の評価が高まった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "レファレンススキル",
             "description": "司書の調べ物スキルを用いて行う、情報収集の探しの代行。\nたとえば学者や学生などが学習、研究、調査目的に必要な情報を集めようとしても、個人では大変な場合がある。そういうときに司書を含む図書館員が代行して情報を集めてきたり、調査に必要な資料を集め、回答することを、レファレンスサービスという。\n質問が多いようなものについては図書館ごとにまとめられていたりする。\n司書にはそれらをこなすスキルがある。もちろん図書館にない資料を取り寄せしたりする場合もあるし、調べるには相応の時間はかかるが。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "情報資料の取り扱いに関する知識",
             "description": "司書は情報資料の取り扱いに関する専門的知識を有する。ただしそれは経験した図書館における情報資料の媒体に関するものとする。\nたとえば巻物を情報資料の基本として扱っている国であれば巻物に関する取り扱い、書物であれば書物、電子媒体であれば電子媒体に関する保存、修繕、バックアップなどの方法である。\n初期の司書は務める図書館のある藩国のTLに沿った情報資料の取り扱いに関する専門知識を有していなくてはならない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "図書館でのイベントをこなせる程度のコミュニケーション能力",
             "description": "レファレンスサービスの他にも、休みの時期にイベントを行う場合もある図書館に務める場合、それなりの教育能力、コミュニケーション能力が必要になる。\nこれは別に誰とでもうまくしゃべれる、応対できる能力が必要というわけではなく、その国ごとの主な図書館の利用者層や子供を相手にした場合の対処がそれなりにできる、といった程度のもの。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]