設問205:宇宙農家

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:まなせ@FVB
PC名:曲直瀬りま
所属藩国:FVB
連絡先(Twitterまたはe-mail):manase@kce.biglobe.ne.jp

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 宇宙農家 RD:8 評価値:5
    • 部品: 宇宙農業従事者
    • 部品: 水耕栽培
    • 部品: 農場エリア管理
    • 部品: 宇宙農協
    • 部品: 農作業の自動化
    • 部品: 宇宙マルシェ
    • 部品: 農業経験
    • 部品: 農業経営



部品定義


部品: 宇宙農業従事者

宇宙農家は、宇宙空間における農業の専門家であり、宇宙における農場エリア(栽培施設)の建設や維持管理から農作物の栽培、その派生効果である酸素の生産(光合成)、収穫した農作物の出荷までをおこなう第一次産業のスペシャリストである。

部品: 水耕栽培

宇宙での農業は水耕栽培が主流となり、専用の農場エリアに水と空気を循環させて作物を育成する。重力がコントロールできるため、地上のように実った果実が地面に付くことで腐ったり日照量に差ができることもないため、より大きく、形の良い作物の収穫が期待できる。また、閉鎖空間での栽培となるため、害虫や雑菌の排除も容易で、農薬等の使用もほとんど必要なく、ただ供給する水に肥料を混ぜることで生育管理している。

部品: 農場エリア管理

宇宙空間の生命維持機能の管理までが業務であり、地上での農作業の方が落ではないかと思われることもあるが、宇宙空間には嵐や干ばつなどは(地上と同じ意味では)起こらず、ただ農場エリアへの日照量と供給する水や肥料の量をコントロールだけとなるため、専門知識や経験のジャンルが多少地上の場合とは異なるが、手間暇の総量としては大差はない。

部品: 宇宙農協

農家による組合組織も存在しているが、その業務は生産する農作物の選定のための情報提供、種苗の一括大量購入による低価供給、品種改良や農機具の改良等、農業に直接関連する事業に限定されており、金融・保険業務はおこなっていない。

部品: 農作業の自動化

温度や水量・日照量の管理はある程度自動化されており、また農作業をサポートし簡易作業を担当するための人型機械も存在しているが、宇宙においても農業とは自然との対話であり、農家が直接自分の目で作物の生長を確認し、対応していくことは基本である。

部品: 宇宙マルシェ

農家の生産物は、市場の仲買人を経由して食料品店や飲食店あるいは各宇宙船の厨房へと供給されるが、自動化によって作業量が減少傾向にあることから、宇宙ステーションの共用空間での星空市場(宇宙マルシェ)での直接販売も盛んであり、産地直送の野菜販売や総菜や漬け物など農家による加工品販売などが好評を得ている。

部品: 農業経験

地上だろうと宙だろうと、農業というのは他の職業と同様に、一人前になるには経験の積み重ねが必要である。植物の発育状態を見ながら、水や肥料の量や種類を調整しなくてはいけない。もちろん、長くやっていれば良いというものでもないが、だいたい3年くらいやればだいたいの感覚がつかめるといわれている。桃栗3年柿8年というやつである。

部品: 農業経営

農作物を育てる栽培技術だけでなく、栽培した作物を販路にのせる経営力や営業力も農家には必要となる。ただ、誰かに言われるままに農作物を作るのではなく、作れるもの、売れるものを選択する能力が必要なのだ。



提出書式


大部品: 宇宙農家 RD:8 評価値:5
  • 部品: 宇宙農業従事者
  • 部品: 水耕栽培
  • 部品: 農場エリア管理
  • 部品: 宇宙農協
  • 部品: 農作業の自動化
  • 部品: 宇宙マルシェ
  • 部品: 農業経験
  • 部品: 農業経営


部品: 宇宙農業従事者
宇宙農家は、宇宙空間における農業の専門家であり、宇宙における農場エリア(栽培施設)の建設や維持管理から農作物の栽培、その派生効果である酸素の生産(光合成)、収穫した農作物の出荷までをおこなう第一次産業のスペシャリストである。

部品: 水耕栽培
宇宙での農業は水耕栽培が主流となり、専用の農場エリアに水と空気を循環させて作物を育成する。重力がコントロールできるため、地上のように実った果実が地面に付くことで腐ったり日照量に差ができることもないため、より大きく、形の良い作物の収穫が期待できる。また、閉鎖空間での栽培となるため、害虫や雑菌の排除も容易で、農薬等の使用もほとんど必要なく、ただ供給する水に肥料を混ぜることで生育管理している。

部品: 農場エリア管理
宇宙空間の生命維持機能の管理までが業務であり、地上での農作業の方が落ではないかと思われることもあるが、宇宙空間には嵐や干ばつなどは(地上と同じ意味では)起こらず、ただ農場エリアへの日照量と供給する水や肥料の量をコントロールだけとなるため、専門知識や経験のジャンルが多少地上の場合とは異なるが、手間暇の総量としては大差はない。

部品: 宇宙農協
農家による組合組織も存在しているが、その業務は生産する農作物の選定のための情報提供、種苗の一括大量購入による低価供給、品種改良や農機具の改良等、農業に直接関連する事業に限定されており、金融・保険業務はおこなっていない。

部品: 農作業の自動化
温度や水量・日照量の管理はある程度自動化されており、また農作業をサポートし簡易作業を担当するための人型機械も存在しているが、宇宙においても農業とは自然との対話であり、農家が直接自分の目で作物の生長を確認し、対応していくことは基本である。

部品: 宇宙マルシェ
農家の生産物は、市場の仲買人を経由して食料品店や飲食店あるいは各宇宙船の厨房へと供給されるが、自動化によって作業量が減少傾向にあることから、宇宙ステーションの共用空間での星空市場(宇宙マルシェ)での直接販売も盛んであり、産地直送の野菜販売や総菜や漬け物など農家による加工品販売などが好評を得ている。

部品: 農業経験
地上だろうと宙だろうと、農業というのは他の職業と同様に、一人前になるには経験の積み重ねが必要である。植物の発育状態を見ながら、水や肥料の量や種類を調整しなくてはいけない。もちろん、長くやっていれば良いというものでもないが、だいたい3年くらいやればだいたいの感覚がつかめるといわれている。桃栗3年柿8年というやつである。

部品: 農業経営
農作物を育てる栽培技術だけでなく、栽培した作物を販路にのせる経営力や営業力も農家には必要となる。ただ、誰かに言われるままに農作物を作るのではなく、作れるもの、売れるものを選択する能力が必要なのだ。




インポート用定義データ



[
{ "title": "宇宙農家",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "宇宙農業従事者",
"description": "宇宙農家は、宇宙空間における農業の専門家であり、宇宙における農場エリア(栽培施設)の建設や維持管理から農作物の栽培、その派生効果である酸素の生産(光合成)、収穫した農作物の出荷までをおこなう第一次産業のスペシャリストである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "水耕栽培",
"description": "宇宙での農業は水耕栽培が主流となり、専用の農場エリアに水と空気を循環させて作物を育成する。重力がコントロールできるため、地上のように実った果実が地面に付くことで腐ったり日照量に差ができることもないため、より大きく、形の良い作物の収穫が期待できる。また、閉鎖空間での栽培となるため、害虫や雑菌の排除も容易で、農薬等の使用もほとんど必要なく、ただ供給する水に肥料を混ぜることで生育管理している。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "農場エリア管理",
"description": "宇宙空間の生命維持機能の管理までが業務であり、地上での農作業の方が落ではないかと思われることもあるが、宇宙空間には嵐や干ばつなどは(地上と同じ意味では)起こらず、ただ農場エリアへの日照量と供給する水や肥料の量をコントロールだけとなるため、専門知識や経験のジャンルが多少地上の場合とは異なるが、手間暇の総量としては大差はない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "宇宙農協",
"description": "農家による組合組織も存在しているが、その業務は生産する農作物の選定のための情報提供、種苗の一括大量購入による低価供給、品種改良や農機具の改良等、農業に直接関連する事業に限定されており、金融・保険業務はおこなっていない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "農作業の自動化",
"description": "温度や水量・日照量の管理はある程度自動化されており、また農作業をサポートし簡易作業を担当するための人型機械も存在しているが、宇宙においても農業とは自然との対話であり、農家が直接自分の目で作物の生長を確認し、対応していくことは基本である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": " 宇宙マルシェ",
"description": "農家の生産物は、市場の仲買人を経由して食料品店や飲食店あるいは各宇宙船の厨房へと供給されるが、自動化によって作業量が減少傾向にあることから、宇宙ステーションの共用空間での星空市場(宇宙マルシェ)での直接販売も盛んであり、産地直送の野菜販売や総菜や漬け物など農家による加工品販売などが好評を得ている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "農業経験",
"description": "地上だろうと宙だろうと、農業というのは他の職業と同様に、一人前になるには経験の積み重ねが必要である。植物の発育状態を見ながら、水や肥料の量や種類を調整しなくてはいけない。もちろん、長くやっていれば良いというものでもないが、だいたい3年くらいやればだいたいの感覚がつかめるといわれている。桃栗3年柿8年というやつである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "農業経営",
"description": "農作物を育てる栽培技術だけでなく、栽培した作物を販路にのせる経営力や営業力も農家には必要となる。ただ、誰かに言われるままに農作物を作るのではなく、作れるもの、売れるものを選択する能力が必要なのだ。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]