設問205:宇宙船大工

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:まなせ@FVB
PC名:曲直瀬りま
所属藩国:FVB
連絡先(Twitterまたはe-mail):@manaseka

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 宇宙船大工 RD:8 評価値:5
    • 大部品: 宇宙船大工の歴史 RD:3 評価値:2
      • 部品: 宇宙の船大工
      • 部品: 宇宙船大工の誕生
      • 部品: 民間船建造
    • 部品: 宇宙船大工の気質
    • 大部品: 宇宙船大工の仕事 RD:3 評価値:2
      • 部品: 2つの仕事
      • 部品: 船体設計
      • 部品: プロジェクト・マネージャー
    • 大部品: 船大工教育 RD:1 評価値:0
      • 部品: 船大工の修行



部品定義


部品: 宇宙の船大工

宇宙船大工(うちゅうふなだいく)とは、宇宙艦船を建造する造船技術者である。発掘された冒険艦の改装に携わることもあるが、この場合、基幹部分がTLOであるため、その作業は艤装や船殻部分にとどまる。

部品: 宇宙船大工の誕生

もともとは比較的高物理域で水上船舶の建造に従事していた造船技術者たちであったが、多目的宇宙プラットフォーム「ミアキス」の大量生産のために呼び集められ、訓練を受けた。当初は戸惑っていたが、水密と気密の違いや放射線対策などを呑み込むと、積極的にミアキス建造に携わり、その知識と経験を深めていった。


部品: 民間船建造

ミアキス建造後は、徐々に需要が生じ始めていた宇宙貨物船や小型船舶、宇宙筏などの建造を請け負うようになったが、そのノウハウは宇宙空間での居住施設や地上でのドーム基地建設などにも発揮されるようになった。

部品: 宇宙船大工の気質

かすかな漏電1つが大事故につながるのは海も宙も同じだが、小さな穴1つが命取りになる分、海上船舶の造船技術者たちよりも細かく、完璧主義者となる傾向がある。

部品: 2つの仕事

宇宙船大工の仕事は大きく分けると、工程管理(船の製造工程の管理・監督)と、設計(クライアントと打ち合わせをして設計をすること)になる。設計はさらに、船内設備や船体構造などの設計と、それを組み合わせて全体の総合的な完成図を設計するものとに分けられる。

部品: 船体設計

テラ星系の民間宇宙船は、その原点がミアキスにあるため、船体のブロック化、共通部品の多様など量産化前提の設計が特色だが、それでも宇宙船が原則として1隻ごとの個別注文であることに変わりは無い。1隻ずつ、細かな仕様変更があり、それに合わせた構造変更があり、それによって全体に不具合が出ないよう設計していかなくてはならない。そのため、宇宙船大工が一人前になるまでの修行は厳しい。

部品: プロジェクト・マネージャー

宇宙船大工には、造船工程の管理、製造部分の点検など全体の管理や点検なども要求され、巨大な構造物を築き上げるためのプロジェクト・マネージャーとしての技能も要求される。

部品: 船大工の修行

船大工の修行は厳しい。昔のように「見て覚えろ」が通用するほど、宇宙造船は簡単な仕事ではない。資材の選択や管理から熔接やシールパッキング技術、動力炉の出力調整まで覚えなくてはいけないことが多い。そのため、材料力学や熱力学、機械力学などの座学中心に1年の教育を受け、そこから見習いとして実地研修を3年程度こなした上で、はじめて新米として受け入れられるのが船大工の世界なのだ。



提出書式


 大部品: 宇宙船大工 RD:8 評価値:5
 -大部品: 宇宙船大工の歴史 RD:3 評価値:2
 --部品: 宇宙の船大工
 --部品: 宇宙船大工の誕生
 --部品: 民間船建造
 -部品: 宇宙船大工の気質
 -大部品: 宇宙船大工の仕事 RD:3 評価値:2
 --部品: 2つの仕事
 --部品: 船体設計
 --部品: プロジェクト・マネージャー
 -大部品: 船大工教育 RD:1 評価値:0
 --部品: 船大工の修行
 
 
 部品: 宇宙の船大工
 宇宙船大工(うちゅうふなだいく)とは、宇宙艦船を建造する造船技術者である。発掘された冒険艦の改装に携わることもあるが、この場合、基幹部分がTLOであるため、その作業は艤装や船殻部分にとどまる。
 
 部品: 宇宙船大工の誕生
 もともとは比較的高物理域で水上船舶の建造に従事していた造船技術者たちであったが、多目的宇宙プラットフォーム「ミアキス」の大量生産のために呼び集められ、訓練を受けた。当初は戸惑っていたが、水密と気密の違いや放射線対策などを呑み込むと、積極的にミアキス建造に携わり、その知識と経験を深めていった。
 
 
 部品: 民間船建造
 ミアキス建造後は、徐々に需要が生じ始めていた宇宙貨物船や小型船舶、宇宙筏などの建造を請け負うようになったが、そのノウハウは宇宙空間での居住施設や地上でのドーム基地建設などにも発揮されるようになった。
 
 部品: 宇宙船大工の気質
 かすかな漏電1つが大事故につながるのは海も宙も同じだが、小さな穴1つが命取りになる分、海上船舶の造船技術者たちよりも細かく、完璧主義者となる傾向がある。
 
 部品: 2つの仕事
 宇宙船大工の仕事は大きく分けると、工程管理(船の製造工程の管理・監督)と、設計(クライアントと打ち合わせをして設計をすること)になる。設計はさらに、船内設備や船体構造などの設計と、それを組み合わせて全体の総合的な完成図を設計するものとに分けられる。
 
 部品: 船体設計
 テラ星系の民間宇宙船は、その原点がミアキスにあるため、船体のブロック化、共通部品の多様など量産化前提の設計が特色だが、それでも宇宙船が原則として1隻ごとの個別注文であることに変わりは無い。1隻ずつ、細かな仕様変更があり、それに合わせた構造変更があり、それによって全体に不具合が出ないよう設計していかなくてはならない。そのため、宇宙船大工が一人前になるまでの修行は厳しい。
 
 部品: プロジェクト・マネージャー
 宇宙船大工には、造船工程の管理、製造部分の点検など全体の管理や点検なども要求され、巨大な構造物を築き上げるためのプロジェクト・マネージャーとしての技能も要求される。
 
 部品: 船大工の修行
 船大工の修行は厳しい。昔のように「見て覚えろ」が通用するほど、宇宙造船は簡単な仕事ではない。資材の選択や管理から熔接やシールパッキング技術、動力炉の出力調整まで覚えなくてはいけないことが多い。そのため、材料力学や熱力学、機械力学などの座学中心に1年の教育を受け、そこから見習いとして実地研修を3年程度こなした上で、はじめて新米として受け入れられるのが船大工の世界なのだ。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "宇宙船大工",
     "children": [
       {
         "title": "宇宙船大工の歴史",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "宇宙の船大工",
             "description": "宇宙船大工(うちゅうふなだいく)とは、宇宙艦船を建造する造船技術者である。発掘された冒険艦の改装に携わることもあるが、この場合、基幹部分がTLOであるため、その作業は艤装や船殻部分にとどまる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "宇宙船大工の誕生",
             "description": "もともとは比較的高物理域で水上船舶の建造に従事していた造船技術者たちであったが、多目的宇宙プラットフォーム「ミアキス」の大量生産のために呼び集められ、訓練を受けた。当初は戸惑っていたが、水密と気密の違いや放射線対策などを呑み込むと、積極的にミアキス建造に携わり、その知識と経験を深めていった。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "民間船建造",
             "description": "ミアキス建造後は、徐々に需要が生じ始めていた宇宙貨物船や小型船舶、宇宙筏などの建造を請け負うようになったが、そのノウハウは宇宙空間での居住施設や地上でのドーム基地建設などにも発揮されるようになった。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "宇宙船大工の気質",
         "description": "かすかな漏電1つが大事故につながるのは海も宙も同じだが、小さな穴1つが命取りになる分、海上船舶の造船技術者たちよりも細かく、完璧主義者となる傾向がある。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "宇宙船大工の仕事",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "2つの仕事",
             "description": "宇宙船大工の仕事は大きく分けると、工程管理(船の製造工程の管理・監督)と、設計(クライアントと打ち合わせをして設計をすること)になる。設計はさらに、船内設備や船体構造などの設計と、それを組み合わせて全体の総合的な完成図を設計するものとに分けられる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "船体設計",
             "description": "テラ星系の民間宇宙船は、その原点がミアキスにあるため、船体のブロック化、共通部品の多様など量産化前提の設計が特色だが、それでも宇宙船が原則として1隻ごとの個別注文であることに変わりは無い。1隻ずつ、細かな仕様変更があり、それに合わせた構造変更があり、それによって全体に不具合が出ないよう設計していかなくてはならない。そのため、宇宙船大工が一人前になるまでの修行は厳しい。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "プロジェクト・マネージャー",
             "description": "宇宙船大工には、造船工程の管理、製造部分の点検など全体の管理や点検なども要求され、巨大な構造物を築き上げるためのプロジェクト・マネージャーとしての技能も要求される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "船大工教育",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "船大工の修行",
             "description": "船大工の修行は厳しい。昔のように「見て覚えろ」が通用するほど、宇宙造船は簡単な仕事ではない。資材の選択や管理から熔接やシールパッキング技術、動力炉の出力調整まで覚えなくてはいけないことが多い。そのため、材料力学や熱力学、機械力学などの座学中心に1年の教育を受け、そこから見習いとして実地研修を3年程度こなした上で、はじめて新米として受け入れられるのが船大工の世界なのだ。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]