設問205:学生

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:ミミ猫
PC名:つるばみ
所属藩国:満天星国
連絡先(Twitterまたはe-mail):@turubami_matuha

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 学生 RD:8 評価値:5
    • 部品: 学生の条件
    • 部品: お揃いの学生服
    • 部品: 伸びやかな学習能力
    • 部品: 柔らかな心性
    • 部品: 緊急時の馬鹿力
    • 部品: 集団での振る舞いを学ぶ
    • 部品: ユニークな遊び心
    • 部品: 輝く瞳



部品定義


部品: 学生の条件

学校などの教育機関に在籍し、学んでいる者のこと。5、6歳前後から20歳代までの若者が多い。
将来に向けて基礎的な教養と学力を身に着け、周囲とコミュニケーションをとる社会性や人格を形成していく途上にある者。

部品: お揃いの学生服

学校では制服として学生服を着用するよう定めているところが多い。国や学校によって制服のデザインは異なるが、若者向けで動きやすく、かつ式典などの行事にも着用できるような礼節と清潔感を備えたものが多い。中にはおしゃれでカワイイと評判になるものもある。
同じデザインでお揃いの学生服を着ている者は、同じ学校の学生として認識され、連帯感を抱く要素ともなる。

部品: 伸びやかな学習能力

若者ならではの、柔軟な学習能力を持っている。
記憶力や学習意欲など、周囲からの指導や働きかけで大きく伸びる時期であり、多くの知識や体験を将来に備えて吸収する力がある。

部品: 柔らかな心性

人格を成す性格や性分が鍛えられる時期であり、教師や先輩、同年代の友人とのつきあいから、人間関係の機微を学んでいく時期である。さまざまな環境で育った友人と触れ合うことは、立場の異なる人の考えに耳を傾ける訓練でもある。
多くのことを経験し、悩み、笑い、そして生涯の友を得て、未来へはばたく準備ができる。

部品: 緊急時の馬鹿力

若く幼いため、知識や危険に対する経験値は低いものの、いざという緊急時や危機に瀕した時は、大胆に行動して仲間を救ったり問題を乗り越える可能性を秘めている。
友情や連帯感はそれを倍加させていくこともある。

部品: 集団での振る舞いを学ぶ

集団で生活するということは、集団がどう機能するかをも学ぶ必要がある。学生は課外活動など教科以外の場面で、自分の行動が集団にどう影響するかを学んでいく。
互いに連絡し相談し、意見を聞きあってそれをまとめていく。将来社会での活躍の場で必要となるスキルをこうして磨いていく。

部品: ユニークな遊び心

同年代が集まる学校での生活は、友人を得て楽しい経験となる。そこでは友人との遊びもルールを守ったり信頼関係を築いたりする訓練となる。
彼らの遊びは若者ならではのユニークでくだらないものもあるが、人を傷つけない、迷惑をかけない、といった範疇のものであれば、周囲から容認されることが多い。羽目を外しすぎると指導されるが。

部品: 輝く瞳

各国の未来、ひいては世界を牽引していく人材となるべく、大きな期待を受ける存在である。学生各自は自分の将来について考え、悩み、そして大きな責任感を醸成していく。
悩み、笑って泣いて、ということも多いが、彼らが将来に向けた瞳は、多くの可能性を秘めて輝いている。



提出書式


 大部品: 学生 RD:8 評価値:5
 -部品: 学生の条件
 -部品: お揃いの学生服
 -部品: 伸びやかな学習能力
 -部品: 柔らかな心性
 -部品: 緊急時の馬鹿力
 -部品: 集団での振る舞いを学ぶ
 -部品: ユニークな遊び心
 -部品: 輝く瞳
 
 
 部品: 学生の条件
 学校などの教育機関に在籍し、学んでいる者のこと。5、6歳前後から20歳代までの若者が多い。
 将来に向けて基礎的な教養と学力を身に着け、周囲とコミュニケーションをとる社会性や人格を形成していく途上にある者。
 
 部品: お揃いの学生服
 学校では制服として学生服を着用するよう定めているところが多い。国や学校によって制服のデザインは異なるが、若者向けで動きやすく、かつ式典などの行事にも着用できるような礼節と清潔感を備えたものが多い。中にはおしゃれでカワイイと評判になるものもある。
 同じデザインでお揃いの学生服を着ている者は、同じ学校の学生として認識され、連帯感を抱く要素ともなる。
 
 部品: 伸びやかな学習能力
 若者ならではの、柔軟な学習能力を持っている。
 記憶力や学習意欲など、周囲からの指導や働きかけで大きく伸びる時期であり、多くの知識や体験を将来に備えて吸収する力がある。
 
 部品: 柔らかな心性
 人格を成す性格や性分が鍛えられる時期であり、教師や先輩、同年代の友人とのつきあいから、人間関係の機微を学んでいく時期である。さまざまな環境で育った友人と触れ合うことは、立場の異なる人の考えに耳を傾ける訓練でもある。
 多くのことを経験し、悩み、笑い、そして生涯の友を得て、未来へはばたく準備ができる。
 
 部品: 緊急時の馬鹿力
 若く幼いため、知識や危険に対する経験値は低いものの、いざという緊急時や危機に瀕した時は、大胆に行動して仲間を救ったり問題を乗り越える可能性を秘めている。
 友情や連帯感はそれを倍加させていくこともある。
 
 部品: 集団での振る舞いを学ぶ
 集団で生活するということは、集団がどう機能するかをも学ぶ必要がある。学生は課外活動など教科以外の場面で、自分の行動が集団にどう影響するかを学んでいく。
 互いに連絡し相談し、意見を聞きあってそれをまとめていく。将来社会での活躍の場で必要となるスキルをこうして磨いていく。
 
 部品: ユニークな遊び心
 同年代が集まる学校での生活は、友人を得て楽しい経験となる。そこでは友人との遊びもルールを守ったり信頼関係を築いたりする訓練となる。
 彼らの遊びは若者ならではのユニークでくだらないものもあるが、人を傷つけない、迷惑をかけない、といった範疇のものであれば、周囲から容認されることが多い。羽目を外しすぎると指導されるが。
 
 部品: 輝く瞳
 各国の未来、ひいては世界を牽引していく人材となるべく、大きな期待を受ける存在である。学生各自は自分の将来について考え、悩み、そして大きな責任感を醸成していく。
 悩み、笑って泣いて、ということも多いが、彼らが将来に向けた瞳は、多くの可能性を秘めて輝いている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "学生",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "学生の条件",
         "description": "学校などの教育機関に在籍し、学んでいる者のこと。5、6歳前後から20歳代までの若者が多い。\n将来に向けて基礎的な教養と学力を身に着け、周囲とコミュニケーションをとる社会性や人格を形成していく途上にある者。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "お揃いの学生服",
         "description": "学校では制服として学生服を着用するよう定めているところが多い。国や学校によって制服のデザインは異なるが、若者向けで動きやすく、かつ式典などの行事にも着用できるような礼節と清潔感を備えたものが多い。中にはおしゃれでカワイイと評判になるものもある。\n同じデザインでお揃いの学生服を着ている者は、同じ学校の学生として認識され、連帯感を抱く要素ともなる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "伸びやかな学習能力",
         "description": "若者ならではの、柔軟な学習能力を持っている。\n記憶力や学習意欲など、周囲からの指導や働きかけで大きく伸びる時期であり、多くの知識や体験を将来に備えて吸収する力がある。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "柔らかな心性",
         "description": "人格を成す性格や性分が鍛えられる時期であり、教師や先輩、同年代の友人とのつきあいから、人間関係の機微を学んでいく時期である。さまざまな環境で育った友人と触れ合うことは、立場の異なる人の考えに耳を傾ける訓練でもある。\n多くのことを経験し、悩み、笑い、そして生涯の友を得て、未来へはばたく準備ができる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "緊急時の馬鹿力",
         "description": "若く幼いため、知識や危険に対する経験値は低いものの、いざという緊急時や危機に瀕した時は、大胆に行動して仲間を救ったり問題を乗り越える可能性を秘めている。\n友情や連帯感はそれを倍加させていくこともある。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "集団での振る舞いを学ぶ",
         "description": "集団で生活するということは、集団がどう機能するかをも学ぶ必要がある。学生は課外活動など教科以外の場面で、自分の行動が集団にどう影響するかを学んでいく。\n互いに連絡し相談し、意見を聞きあってそれをまとめていく。将来社会での活躍の場で必要となるスキルをこうして磨いていく。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "ユニークな遊び心",
         "description": "同年代が集まる学校での生活は、友人を得て楽しい経験となる。そこでは友人との遊びもルールを守ったり信頼関係を築いたりする訓練となる。\n彼らの遊びは若者ならではのユニークでくだらないものもあるが、人を傷つけない、迷惑をかけない、といった範疇のものであれば、周囲から容認されることが多い。羽目を外しすぎると指導されるが。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "輝く瞳",
         "description": "各国の未来、ひいては世界を牽引していく人材となるべく、大きな期待を受ける存在である。学生各自は自分の将来について考え、悩み、そして大きな責任感を醸成していく。\n悩み、笑って泣いて、ということも多いが、彼らが将来に向けた瞳は、多くの可能性を秘めて輝いている。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]