母神テミラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

召喚時レアリティ:
属性:木
タイプ:防御
ギルドポイントをヒーローの欠片と交換し、欠片を300貯めることで入手できる神話ヒーロー。召喚書での獲得例は見かけられないため、入手法は現在この方法限定らしい。
アップデートでギルドランクに依らず交換できるようになった。
必要なギルドポイントは42,500なのでギルバト・ビンゴを頑張ろう (欠片12個で1,700ポイント→欠片300個で1,700×25=42,500ポイント)。

お役立ち度・解説

名誉の戦場
試練の巣
古代の砦
古い廃坑
 宝の塔Normal 
宝の塔Hard
育成・周回
神話の名に恥じない圧倒的強さを誇る。どこでも強いが特に名誉の戦場・宝の塔Hardで敵の猛攻を凌ぐ際に本領発揮する。特に宝の塔Hardでは尾狐を外してアタッカーを入れる余裕が出来るほど。砦ではテミラを必要とするほどの敵火力が無いため選ばれる事はあまりないかもしれないが、廃坑ではボスクリスタルの超火力を楽々いなす事ができる。

ステータスはスキルを高速に回すためにまずは速度が必要。アリーナの防衛に配置する際にはスキル2「大自然の加護」を初手に使用したいため出来ればチーム内最速運用したい。そしてスキル1「大自然の祝い」がテミラの最大HP依存のためHPと、テミラ自身の生存力をあげるために回避も欲しい。

ステータス

          Lv30+5     Lv40+5  
攻撃力 1324 2171
防御力 1618 2653
HP 12289 20153
速度 321 321

スキル

  S1   大自然の祝い 味方全体に大自然の祝いを授けて、2ターンの間、自分の全体HPの100%だけ追加シールドを張り、3ターンの間、HPを持続的に回復させます。(CT4)
  S2   大自然の加護 味方全体に大自然の加護を授けて持続ダメージを除いたすべての攻撃を1回吸収し、3ターンの間、かかっているよいスキル効果が敵の無効化スキルによって解除されません。(CT4)
覚醒 大いなる自生 毎ターン、全体HPの20%だけ回復します。
スキル1「大自然の祝い」
味方全員にテミラの最大HPと同じ量のシールドを付与するぶっ壊れスキル。味方はダメージを食らうとHPが減らずにシールドが先に消費される。
アリーナやギルバトのPvPでは「ダメージ制限」システムがある関係上、最大HPをあげるだけではそこまで強化にならないが、最大HPはそのままでテミラのHP分のシールドが付くため、低体力のアタッカー等が鉄壁の守りを手に入れたようなもの。
例えば、最大HP25000のテミラがスキル1を発動すると最大HP10000の味方は、最大HP10000+25000シールドの状態となる。普通ならウイングフレッドのスキル「酷寒の霜気」の4連打を食らえばダメージ制限の40%が働いても4000×4で即死するが、シールドが付いている状態なら、HP10000はそのままでシールドがまだ9000も残った状態で生存出来る。

スキル2「大自然の加護」
通常攻撃を1回防ぐだけの普通の加護とは違う大自然の加護を味方全員に付与する。大自然の加護はダメージを食らうとそのダメージを無効化し、本来食らうはずだったダメージ量分回復する。
そして加護だけでなくバフ剥ぎ免疫をも同時に付与する。このスキルを初手で使えば、1回分のダメージを無効にしつつ、この後に発動するスキル1「大自然の祝い」も無効化される事はなく、非常に安全にバトルを開始する事が出来る。

この様にテミラはスキル1と2が非常に噛み合っていてなおかつ単体で完結しているので非常に強い。PvP環境においては若干バランスを壊していると思えるほど。

特性

武器 揺れる心臓 最大HPが30%増加します。
Lv4
防具 自生 毎ターン、全体HPの10%だけ回復します。
Lv6
アクセ 魂吸い取り スキル使用時、25%の確率で全体HPの50%だけHPを回復します。
Lv5
武器特性「揺れる心臓」
スキル1「大自然の祝い」ではテミラの最大HPが重要となる為、この特性も同じく重要な存在。必ず活性化させたい。

防具特性「自生」
要求宝石スロットがえぐい。通常は属性抵抗の□宝石をつけることとなるだろう。属性抵抗を30%以上稼げば火属性からのダメージを木・光・闇属性からのそれよりも低減できる筈なので、我慢してつけよう...
良い装備が見つからない場合は、条件的にしか強化されない属性抵抗×4を使うよりも速度・HP・回避を高めた方が結果的に運用しやすくなる。

アクセ特性「魂吸い取り」
テミラは回復手段が豊富なため必須とは言えないが、活性化しておけば危機的状況を回避できるシチュエーションはありそう。
合計: -
今日: -
昨日: -