連絡事項

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〓連絡事項〓

◆2018-12-14
来週の予定(イレギュラー):
12/18(火) x → 12/19(水)3限
12/20(木) x
12/21(金) o →この日にクリスマスお茶会でいかがでしょうか
12/22〜12/24 中島は登校できません
12/25 △病院関係が入るかもしれず、未定です
12/26,27 x 外部業務があり来られません
12/28 △登校するかもしれません(12/25が来られなかったら来ます)
年明け
1/6〜1/8
病院関係で未定ですがどこか1,2日は来る予定です。

◆2018-11-27(火)
・モーキャプ,きまち先生コーチ,4限終了後〜
 →吉田くん+数人 (どなたかいてほしいのですが)
  15:40ころ:モーキャプグッズを持ち,教育学部に33-308の鍵を借りに行く
  16:00ころ:体育館に行き,きまち先生を待つ
  中島はその頃まだ会議中なので,ご一緒できず申し訳ない。
  17時過ぎになるかと思いますが,会議終了次第33号館に行きます。

・山本くんのマイク,そろそろ届くと思います11/27


◆2018年10月12日(金) 時間変更
・通常3,4限 → 11:30〜14:00 宜しくお願いしますm(__)m
進捗報告から始めたいと思います。
各自A4用紙1ページに進捗状況と計画をざっくりまとめましょう。
見本のファイルをメール添付で送ります。

=================
2018-08-07 (火) 立秋

立秋です
早いですね
あっというまに来ますよ,締め切り

今年度もこちら再開しようと思います。
====================================
↑↑ これより上は 2018年度版 となります ↑↑
====================================

2018-03-13(火)
ご無沙汰しています。3月の集まり日です
・3月9日(金)
・3月16日(金)→→申し訳ないのですが流れて3/20になるかも
・3月23日(金)


2018-02-06(火)

〓これから(合格した人が全員)すること〓

(1) 論文ブラッシュアップ
・誤字脱字などの修正や加筆

・参考文献の書き方(もし直していない人がいれば)
[1] 著者名,「タイトル」,出版社

・テプラで背表紙を作って貼る
(1枚はタイトル、 もう1枚は 2015年度 氏名)

(2)レジュメとパワポ資料
必要があれば修正

(3)レジュメと発表資料を論文に綴じる→
・パワポの印刷は、配布資料モードの「1ページに6ページ」がちょうどよい。
・レジュメ:片面でも両面印刷でもよい
・上から、レジュメ→パワポ→論文 となるように

(4)ワードの人:できればレジュメのHTML 化 → (TeXの人はしなくてよいです)
・ワードの場合:
  名前を変えて保存するときにHTML(web)形式を選ぶ
  2段組みを1段組みにする
  保存できたらSafariなどブラウザで開いて見え方を確認する

(5)論文とレジュメのPDF化→ (TeXの人はできてるはず)
     ・ワードの場合:
   メニュー →印刷 →左下の[PDF]プルダウン →PDFとして保存 →保存先選択

(6)関連ファイルをDVDに焼く →
各自のPCのデスクトップに年度学籍名前をつけたフォルダを作り
以下のファイルをそっくり入れて、
置いておいてください☆☆
  ・論文、レジュメ、パワポ資料、HTML版、PDF版
  ・作成したソースプログラム
  ・データファイル
  ・画像データなども
       ・
→→→このフォルダをDVDに焼きます。
DVDの名前は, 学籍番号 にしてください。
焼いたDVDはディスクファイルに入れてくださいね。

(7)関連ファイルをHDDに残す →
上記の,各自のフォルダの中身を,
HDD内 → 2017 → 各自の学籍番号氏名 のフォルダ
 ・・・の中にコピーする

  
◆◇◆ 3/24 卒業式の日、 ケーキ会 → お掃除 ◆◇◆

===================
お疲れさまでした。
2/6(火)13:00@717


====================
1/23(火) 休校
1/24(水) 3限 リハーサルその1
1/26(金) 3限4限に補講予約のため,11:30〜リハーサル
1/30(火) 入試日ですが 午後リハーサル
1/31(水) 入試業務で缶詰なので対応不可,学生さんで頑張ってください。
2/1(木) 卒論発表審査会 本番
1/29〜31は入試実施中のため,28号館へは4階から学生証をピッとして
入ってください。そのまま7階へエレベーターで直行してください。
1〜6階のフロアは学生さんは入館禁止となります。

=====================
2018年1月19日
・明日1/20の午後はセンター試験の再試験のため,28号館には入れません。
・wikiの方はこんなにほったらかしていてすみませんでした。

◆参考文献の書き方:
番号 著者名, 『書籍タイトル』, 出版社 (出版年)
例)
[1] 青木直史, 『C言語ではじめる音のプログラミング サウンドイフェクトの信号処理』, オーム社 (2008)
・番号は
他には↓のサイトなども参考にしてください。webサイトを参考元として載せる際などについても書かれています。
https://latte.la/column/43321221

======================
・LMSの論文輪講のところのコンテンツに,昔の先輩の卒業論文を見本として置きました。
   参考文献の書き方は真似できません・・・
・同じコンテンツ内に,論文の一般的な構成を書いておきました。
参考にしてくださいね。

1月16日(火) 提出日
======================
◆論文題目
・青柳さん
Mathematicaを用いた音声のゆらぎの解析
・大島くん
Mathematicaを用いた中学校数学教材の作成 〜一次関数〜
(サブタイトルのカッコを波チルダに変更)
・桐木平くん
Kinectセンサーを用いた身体運動記録 〜Benesh法による記述〜
(カタカナのキネクトを Kinectセンサーに変更)
・塩谷さん
Mathematicaを用いた中学校数学教材の作成 〜連立方程式〜
・高倉くん
モーションキャプチャを用いた身体運動解析 〜テニスのストローク〜
・松田くん
採点効率化のための答案画像処理
(サブタイトルを本タイトルにしました)
・山本くん
Mathematicaを用いた小学校低学年向け算数教材の作成


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|