14j5003青柳さん・進捗

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・12月18日
ゆらぎの動的な性質を統計的に表現するのに、最も用いられるのが、パワースペクトル
パワースペクトル以外に相関という表現もある
パワースペクトル→周波数表現
相関→時間的表現
パワースペクトルと自己相関関数はお互いにフーリエ変換の対をなしている。
つまり、パワースペクトルが分かれば、相関関数が分かるし、その逆もまた然り。
パワースペクトルとは、信号のパワーが各周波数成分にどのように分布しているか見るもの

ーーーーーーーーーーーーーー

・12月1日
先輩のプログラムがMathematica Ver.11で動かないので、Ver.10で試す
フーリエ変換と線形回帰の間に、パワースペクトルなども使用している
→フーリエ変換との違いなど理解が必要
※野村先輩のが分かりやすい
先輩が使用してたお経の音源が残っていれば、それも使用する
英語の音声も使用

余裕があれば、効果音、シャウト、ヘビメタもどうか
ヘビメタ→頭痛に効く?らしい

ーーーーーーーーーーーーーー

・11月30日
普段耳にしている複雑な波形も正弦波(sin,cos)の単純な波形の合成でできている
→単純な波形=周波数成分という
→周波数成分をグラフにしたもの=周波数スペクトル(スペクトル)という
波形からスペクトルを求める方法=フーリエ変換
スペクトルから波形を求める=フーリエ逆変換
フーリエ変換の結果から波形について分析する=フーリエ解析
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/McG/20170508/20170508132354.png

1/fと音源のゆらぎを比べやすいように、線形回帰をプログラムに使用している
→線形回帰の理解も必要

現在、音声のみの落語、グリム童話、怪談、ギリシャ神話の分野で3曲ずつ用意

ーーーーーーーーーーーーーー

・11月21日
図書館で貸し出している音訳CDは専用の再生機が必要なため断念
WavePadで笑い声やBGMが入った箇所を削除した (落語、グリム童話、怪談)
フーリエ変換など理解の部分で書ける箇所の論文を書き始める

ーーーーーーーーーーーーーー

・11月17日
岩國先輩のプログラムと音源を使用してもエラーが出ている状態
音源にBGMが入っている箇所はガレージバンド(Mac)で音声トリミング ※拡張子に注意
11月30日:卒論題目web登録最終日
2月1日:発表会

ーーーーーーーーーーーーーー

・10月14日
17分くらいの音源で先輩のプログラムを実行してみましたが、実行中にはなっているのですが、
1日たっても、同じところで止まってしまっている状況です。
https://youtu.be/jpuX9Vaf9Do
----------------------------------
突然現れる若本さん  壁|ω・`)ノやぁ

youtubeでのエラー報告、ありがとうございます。
確認しました。
文明の力ってすごいね!!

長文になってしまいますが、私が気になったことを
ここに書いておこうと思います。
まず、曲データの解析が成功しているならば、
このようなエラー文が出ずに、グラフがプロットされるはずなので、
何らかのエラーが出ているということになります。

エラー文で数値の読み込みをしていることから、
曲データを読み取ることができているのがわかります。

可能性があるとすれば、曲データが長すぎることかもしれません。
曲データを1分~2分のデータにしてやってみてください。
(曲データの一部を切り取る編集をしてみたり。
 曲データの編集方法がわからなかったらそれはググって!)
これで、同じエラーが出るのだとすれば、
曲データではなくプログラム側で何か違ってる可能性があります。

私自身が卒論をやった時にはこういうエラーは見たことがないので、
別の可能性があるとするのであれば、
線形回帰を行っている部分に何かがあるような気がします。

参考にしているだろう2016年度の岩國の論文は、
2015年度の私の論文のプログラムに、
線形回帰をするプログラム(解析したデータの平均値がどこになるのかを直線で示すプログラム)を
追加したものなので、
一度、2015年度の私の論文のプログラムで、
曲データを解析してみることをお勧めします。

(さらに言ってしまうと、私の作成したプログラムは
 
過去の先輩が行ったゆらぎ解析の論文のプログラムを
 曲全体の解析ができるように改造したものです。
 プログラムの仕組みがイマイチわからないと思ったら、
 私の論文の参考文献にある、過去の先輩の論文のプログラムを参考に考えてみると、
 何か掴めるかもしれません。)

次私がそちらに行けるのが27日になっちゃうので、
長文になりましたが、この上記の方法を試してみてください。
どこからエラーが出ているのかの可能性を潰していくのも、
研究の一部だと思うので、ちょっとトライしてみてください。(゚д゚  三  ゚д゚)

以上おせっかいな先輩からでした!

ーーーーーーーーーーーーー

・10月6日
音声 周波数>過去の研究を調べる
30秒以上の音声データ(wavかmp3)でプログラムを実行すれば、エラーがなくなるかも?
お経、朗読、音訳の音声データで、信号に差が出るか
朗読でも、詞と小説、同じ小説でも読む人で信号に差が出るのか

ーーーーーーーーーーーーー

・9月19日
先輩のプログラムで、wavファイルの読み込み方が分からず、実行できていないので、調べ中。
並行して、フーリエ変換の学習と、声のみが収録されている音源の収集も進めたい。
------------------
書き込み失礼します、若本です。
wavファイルの読み込み方ですが、2015年の私の論文と
2016年の岩國の論文を参考に、
音楽ファイルのデータのある場所のファイルパスを見てみてください。
windowsとmacではファイルパスが若干違うので、その部分で間違っている可能性があります。
日本語もパスに使用できますが、一字一句完全一致していないと読み取ってくれないので、
フォルダ名はコピー&ペーストでプログラムに書きこむといいかもしれません。
金曜日はゼミ室に向かうので、わからない時は聞いてください(´ ・ω・`)ノ
ーーーーーーーーーーーーー

・9月1日
書き込みできました。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|