※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノーブル由良間





【本名】 不明
【通称】 ノーブル由良間
【異名】 スタンダップマジックの貴公子
【出典】 魔術列車殺人事件
【声優】 檜山修之(他にも墓場島の檜山達之、仏蘭西銀貨の六条光彦、死神病院の木根淳也(ドラマCD)を演じた)
【俳優】 村井克行
【性別/年齢】 男性/不明(チャネラー桜庭以上、ピエロ左近寺以下だと思われる)
【一人称/二人称】 俺/あんた、キサマ



 幻想魔術団のメンバーでありNO2の男。
 スタンダップマジックを得意とし、ブラをスルというどこぞの主人公と似た行動をする。
 ブラを手の中に入れてどんなマジックをするのかちょっと気になる(金田一に邪魔されブラが薔薇になるマジックに変更された)。
 明智警視曰く『キザでウザキャラで根性曲がり』らしいが、発言者も大体当てはまっている。一応明智さんからもこの種のマジックでは世界的にも有名と褒めていたりする。
 人気落ち目でひどいスランプのジェントル山神に変わって団長の座を狙っているが、ピエロ左近寺とマーメイド夕海からは快く思われていない模様。
 実際山神の死亡が確認されると自分が団長に成り上がって、中止予定であったショーを開催。
 ……が、団長として華やかなデビューを飾ろうとしていた人生の矢先殺害されてしまうという転落人生を送った。
 遺体で登場した際の表情はものすごく悔しそうであった。
 魔術列車殺人事件第2の被害者。
 『こんなタダ見同然の客相手にこの俺がマジックなんかできるか!』と高遠遥一に叱っていることと見た目からわかる通りプライドの高い男。
 近宮玲子のトリック帳に記載されたマジックのネタを共有している(と思われる)中でとても高度なのか生きたマリオネットを演じることが出来るのはジェントル山神と彼のみであるらしく、彼より年上の夕海と左近寺である彼らでは演じられないので純粋にマジックの腕は天才的であることが伺える。
 体重は60キロと痩せ気味。
 近宮先生死亡の事故が本当に偶然に起きたと思われていた説が挙がっているので、もしそれが本当であるならピエロ左近寺のとばっちりでしかない。







金田一ロワでの動向(ネタバレあり)

+...
 スタンス 対主催
 現在状況  死亡
 殺害者 水沢利緒
 殺害数 0人
 登場場所 六角村
 死亡場所 六角村
 支給品 生きたマリオネット@魔術列車殺人事件
 総登場話数 2話



 290 : ◆CKro7V0jEc:2016/08/10(水) 02:41:10 ID:opPb5paQ0

  投下乙です。
  (中略)
  >Boo Bee MAGIC

   なんか魔術列車の投下が連続しますね(この後投下する予定の話でもノーブル由良間が大活躍します)。
   チャネラー桜庭、あれじゃないのコレ。
   細工していたのに体重で勝手に踏板が外れた速水玲香誘拐殺人事件パターン。
   玲香ちゃん二人より重いんですよ?
   (以下略)



    この後投下する予定の話でもノーブル由良間が大活躍します



 投下022まで魔術列車からの参戦キャラは0であったのだが、ピエロ左近寺をきっかけに彼で連続4人目という魔術列車からの参戦が決まった際の投下。
 読者への挑戦状として甲田征作か彼のどちらかが、矢森雪雄を襲撃したことが問題として出されるが犯人は甲田さんの方であり、彼の出番は持越しとなる。
 そこの終わりの方でノーブル由良間がどうしていたのか語られるのだが、約3時間生きたマリオネットと一緒に木とぶら下がっていたことのみが明かされるという主人公と言っても過言ではない大活躍を見せる。
 普通の参加者のランダム支給品はデイパックに入っているのが当たり前なのに、ゲーム開始地点で生きたマリオネットと宙吊りの状態でセッティングをした足の付かない外国人は彼に何か恨みでもあったのだろうか?
 登場早々災難であり、大体パロロワでギャグみたいな登場をするキャラはずっとネタキャラとして活躍するか、後半一気に株を挙げて大活躍するか、ズガンされるかであるが後者に行けば行く程可能性は低い。
 さて、では彼はどんな動向を辿るのか。
 次の話で同業者であるピエロ左近寺の催眠状態(なのかもよくわからない)に掛かった水沢利緒とその僕の犬共の襲撃に遭う。
 結果、3匹の犬に喰いつかれ失神寸前になり犬笛に刺されて死亡。
 殺し合いに乗らない 、ブラをスる という立派な志があったのに、セリフが1つもなく、そもそも1話で退場するキャラも珍しくない中2話も登場しておきながらナメクジみたいな声を出しただけの描写しか無かったこの男はある意味1番活躍しないままロワでの出番を終えてしまったキャラといっても過言ではない。
 また、六角村に近付いた途端異人館村症候群に掛かる参加者が続出している中、長時間六角村に待機しながら1人だけ健康でいられたという強キャラ、特別キャラ、伏線キャラだったのかもしれないのに、それも謎のまま死亡してしまったのだ。
 近宮先生の弟子なら異人館村症候群に掛からないのも納得している者もいたが、詳細は不明。
 彼のこのロワでの活躍といえば5時間程宙吊りにされて、犬に襲われ、利緒に殺害されたというあんまりな活躍であり、もはや何しに登場したのかもわからない。

 ただ、彼の様な素晴らしき参加者が存在していたことを忘れないでもらいたい。 

 名簿に載ったキャラで1番最初に個別ページが作られたお方。
 なんで由良間を1番最初に個別ページを作ってしまったのか、私にもわかりません。







|