リュウガ

【作品名】北斗の拳シリーズ(本編+ラオウ外伝 天の覇王+ジュウザ外伝 彷徨の曇)
【ジャンル】漫画とそのスピンオフ
【名前】リュウガ
【属性】拳王軍将軍 泰山天狼拳継承者
【殺人数】44人
【長所】こいつが登場するまでカマセの代名詞だった泰山流の中で唯一まともにケンシロウを苦戦させた
【短所】いくらケンシロウに悲しみを背負わせるためだからって無関係の一般市民を殺しすぎ
【備考】
<本編>計26人
ラオウの部下2名(アビダ様含む)を殺害後、大虐殺を敢行
村人2人を槍で突き殺した後、11人を天狼拳で殺す
その後推定200人ほどを部下たちと一緒になって皆殺しにしており、
リュウガ本人も含めて20人で虐殺を行ったとすれば最低10人は(前述の気の毒な村人13人以外にも)手に掛けている
トキを襲撃し致命傷を負わせて死に至らしめる
以上2+2+11+10+1=26人
<天の覇王>計15人
4巻で獅子王兵5人(うち1人部隊長)を殺害、投降した兵士2人を剣で斬り殺した後、獅子王イゴール1人を討ち取る
サザンクロスでKING兵4人を殺害
冥王兵3人を殺害
<彷徨の曇>計3人
南斗五車兵3人を殺害

old

【作品名】北斗の拳シリーズ(本編+ジュウザ外伝 彷徨の曇)
【ジャンル】漫画とそのスピンオフ
【名前】リュウガ
【属性】拳王軍将軍 泰山天狼拳継承者
【殺人数】29人
【長所】こいつが登場するまでカマセの代名詞だった泰山流の中で唯一まともにケンシロウを苦戦させた
【短所】いくらケンシロウに悲しみを背負わせるためだからって無関係の一般市民を殺しすぎ
【備考】
<本編>計26人
ラオウの部下2名(アビダ様含む)を殺害後、大虐殺を敢行
村人2人を槍で突き殺した後、11人を天狼拳で殺す
その後推定200人ほどを部下たちと一緒になって皆殺しにしており、
リュウガ本人も含めて20人で虐殺を行ったとすれば最低10人は(前述の気の毒な村人13人以外にも)手に掛けている
トキを襲撃し致命傷を負わせて死に至らしめる
以上2+2+11+10+1=26人
<彷徨の曇>計3人
南斗五車兵3人を殺害

vol.1