※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




柱-PILLAR-



■役割-ROLL-

 世界の均衡を守るため地上の各大陸に置かれた存在。
 柱は人智を越えた特別な力を持ち、それを世界に行使・供給することで秩序を保っている。柱の存在が消える(若しくは弱る)と大陸の崩壊に繋がる程重要な役割。
 力の行使はそれぞれの柱によって異なる。それは「歌」であったり「祈り」であったり、各国の特色に由来したものである。



■始まり-START-

 柱の始まりは地上界創造時へと遡る。魔界の蓋として創られた地上を守る存在として置かれた「メタトロン」が最初の柱だと言われる。

 しかし魔界の勢力に押され始めると一人の柱では持たなくなり、圧力を分散させるべく神が大陸を分断。そして柱の数もそれに応じ増やされた。大陸分断により力を使い果たした神は眠りにつき、メタトロンが神の代理人として天界へ呼ばれたという。

 それから柱は各々で子孫を反映し「柱の一族」として次世代へとその力を受け継ぎ現在に至る。



■柱とケルベロスの関係性

 魔界の更に奥底にある地獄。その先に封印されている黙示録の獣「ラグナレック」。ラグナレックの持つ強大な負の力は世界の理すらも乱してしまう。世界の秩序を守る天界としてもこの存在は要監視案件であり、危険視している。

 柱の力のはこのラグナレックを抑える作用も持ち、彼等が崩されればケルベロスだけでは封印を保つことが出来ず、ラグナレックが目覚めてしまう可能性がある。

 柱とケルベロスの直接的な接触はないものの、魔界と地上界でラグナレックの封印を支え合っている。