【名前】KENGO(雨宮 健吾)
【性別】男
【年齢】17
【職業】高校生・アイドル
【服装】胸元の開いた白いシャツ、ラメの入った派手な赤いパンツ
【身体的特徴】日本人離れした美形、輝くような金髪、絵に描いたような王子様
【好きなこと・もの】自分、鏡
【嫌いなこと・もの】両親、人付き合い
【特技】スマイル
【趣味】トレーニング、ファンサービス
【与えられた特殊能力】『大嘘憑き(オールフィクション)』@めだかボックス/球磨川禊
【詳細】
某大型事務所が売り出している歌って踊れるアイドル。
自己愛が強く極度のナルシスト。世界で一番自分が美しいと本気で思っている。
しかし勤勉で常に自らを磨く努力を怠らない努力家な一面もある。

その外見の美しさから幼少期に親に売り飛ばされるも同然の形で芸能界に放り込まれる。
それから身元引受人である事務所社長(初老女性)に性的虐待を受けるなど歪んだ寵愛を受けて育つ。
両親は息子の稼いだ金で遊び暮らす典型的なろくでなしで、酔った勢いで暴力沙汰を起こし問題になりかけた。
だがそれを事務所がもみ消し被害者に示談金を払うと共にいい機会だと両親にも親子の縁を切るよう要求。
これに対して両親は手切れ金を要求し、あっさりと縁を切った。

このような経験を得ながら人間不信に至らなかったのは何事も割り切れる本人の気質のためだろう。
両親の離別も事務所社長との関係も『そういうもの』と割り切っている。
その代償として自己愛が肥大化、他者に対する興味が薄く、他者は自分を崇拝する大衆としか思っていない。
根本的に他人に興味がないため人付き合いが苦手だが、割り切りと鍛え上げたアイドルスマイルで乗り切っている。

【備考】
ダンスは一流。ルックスも超一流。しかし歌は下手。本人は気づいてない。

|