座標、速度の基礎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

各種座標について。

ステージ幅

ステージ幅は横1280、縦1048と思われる。
ただし、横幅に関してはキャラの存在判定がステージ外にはみ出すことができないため、
画面端到達時のキャラ自体の座標はそれより内側になる。
Y座標に関しては地上が984、天井が-64である。こちらはキャラの存在判定に関わらない。

初期位置

1P:480、984
2P:800、984

速度

キャラの移動は、決められた速度を毎F加算することによって行われる。
X速度、Y速度が存在しこれらの数値を毎FX座標、Y座標に加算する。

そして、Y速度に関しては重力加速度という概念が存在し、決められた速度分だけ毎F速度に加算される。
例えば
空中状態、Y速度-20、重力4の場合
1F後には、Y速度-16
2F後には、Y速度 -8
というように速度が変化していく。
X速度の変化は技によってまちまちである。
また、内部的には速度は複数存在し、それらの数値を足し合わせた最終的な数値に基づいて座標移動が行われる。

重力

上記の重力はこのゲームでは 通常時1.1 である。
空中ダッシュ時はこの重力が0になることによって真横に移動したり、
コンボ時に重力が1.1よりも大きくなることによって永久コンボを防止するシステムになっている。
添付ファイル