将軍綱吉は熱心に歯を磨いていたようです。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当時は歯磨きは塩が中心でした、塩を松の葉と―諸に竹筒に入れて焼き、 それに味をつけて歯をみがいたのだそうです。
将軍はブラッシングに用いる「塩」にこだわりをもっていた様ですね。
将軍家御用達の歯磨き粉としての塩は、スリーウェイシリンジ三河の国の吉良藩が納めていたようですが、その頃、にわかに人気急上昇してきたお塩が赤穂のお塩だったんです。歯磨き用のお塩として人気が出てきたようです。
赤穂の人たちは、将軍に自慢のお塩を献上します。こだわりを持つ将軍綱吉公は、この塩がたいそうお気に召し「お上御用達」というお墨付きまで出してしまいました。歯科用ルートエレベーター

患者モニタCMS7000二重NIBP圧力保護システム内臓

 それまで将軍家御用達だった吉良のお塩、吉良の殿様はこれで困ってしまったようです。スリーウェイシリンジ用 ノズル
 赤穂浪士の討ち入り事件というのは、元を正せば、将軍様の歯磨き粉を巡って始まったものだったようですね。

 神戸三宮インプラントセンターには、入れ歯ではうまく噛めない・発音がうまくできない・口臭が気になるなどいろいろな理由で悩まれている方がたくさん相談に来られますが、インプラントをされてからの生活は大きく変わるということを患者さんから教えていただいています。
関連記事:フッ素とは何ですか?