親知らず


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

親知らずは、他の永久歯と異なり、20歳前後に生えてくるようですが、人によってはもっと遅く、忘れた頃に生えてくることもあります。他の永久歯は、乳歯の生え変わりも含めて、親が結構気にしているものですが、親が子供の歯に関心をもたなくなってから生えてくる歯だから「親が知らないときに生える」から親知らずという、説と、ルーペ用ライト親が亡くなってから子供の歯に生えてくるからという説がある。人生50年といわれていた昔、子どもに、親知らずが生えてくる20歳前後では、親はすでに他界している場合が多かったためだと言われている。

英語ではwisdom tooth、知恵がついて物の分別がつくようになった頃に生えてくることからその名が付けられたのだそうです。中国語では智歯 同じような由来ですね。歯科ドレープ

高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 12リットル

現代人類では第三大臼歯そのものが生えなくなりつつあるそうです。親知らずが全て生えそろう割合は、縄文時代 81.0%だったのが、シール機現代では36.0%だそうです。永久歯が28本になる可能性もあるのですね。現在では火で加熱するなどして柔らかくした食物を食べるようになって歯と顎の形が小さくなり、親知らずが生えるスペースがなくなってきたのですね。

神戸三宮インプラントセンターは、患者様のご要望やお悩みを、親身になってお伺いします。どのようなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。スタッフ一同、皆様のお力になれるよう、まごころをこめてお出迎え致します。

関連記事: