歯周病で歯がどんどん抜けたがインプラントで噛めるようになった


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

50代の女性の患者さんのお話をさせていただきます。

この方は20代の頃から時々歯肉が腫れるようになったものの、まだ若かったために自分が歯周病だとは全く気付いておられませんでした。

腫れるきっかけは、疲れて体調が悪かったり、風邪をひいて免疫力が落ちたりという感じで度々腫れて痛い思いをされていました。歯科電解研磨機

やがて歯がグラグラし出し、慌てて歯医者さんに診てもらうと歯周病だと診断されました。
歯がグラグラするようになってからは、次第に歯が抜け始め、このままでは数年後には総入れ歯になると思ったそうです。歯冠修復

YJ®超音波クリーナー YJ5120-10A(10L)

1本目が抜けた時に部分入れ歯を作られましたが、入れたとたんに話しづらくなり、金属のバネで両隣の歯にひっかけますので、熱いものを食べた時にバネの部分が熱くなり、違和感を感じる毎日でした。

その後当院に相談に来られ、治療を受けるようになられました。歯ぐきが腫れる部分の根管治療を行うことで、歯ぐきの状態は段々良くなってきました。
歯がない部分にはインプラントを入れることになりました。義歯関連材料

この方はインプラントについて全く何の知識もなかったために、インプラントについてわかりやすくご説明し、これからの治療計画についてお話しました。
多くの説明を理解するのは大変だったと思いますが、入れ歯から解放されたい一心で一生懸命話を聞き、資料を読んで手術前には完全に理解してくださいました。

関連記事:入れ歯、ブリッジは残っている歯を痛める場合があります