ジャイアントビー


耳を劈くような羽音を響かせる、巨大な蜂。
キラービーのように毒を持っている訳ではないようだが、短剣ほどもある
針や巨大な大顎は、それだけで人を殺傷しうる脅威となる。
人を恐れる事はなく、大きな街にも空を覆うばかりの集団で一斉に飛来し、
しばしば恐ろしい被害をもたらしてゆく。
もし満足な防備のない小さな町や村が襲われれば、住民達は急いで家に閉じこもり
震えて蜂どもをやり過ごす他に道は無いだろう。

+...
この世界でのオリジナルモンスター。
(固有名称としてのジャイアントビー、という意味で)
27スレ目において街へ大群で襲来し、守備隊の弓兵が全て休暇中と言う冗談のような
タイミングだったため、守備隊長が冒険者へ対処を丸投げ。
ウェアゴート討伐以来の多人数パーティーを結成して全員で迎え撃った。
使った遠距離武器と戦果は以下の通り。

カゲミツ:弓・・・一撃必殺で一匹一匹確実に射殺す
ロキ:炎魔法・・・自分に近づく蜂を全て灰と化した
ノア:氷、風、水魔法・・・やたらめったら撃ちまくって叩き落す
サクヤ:トマホーク・・・威力を生かし次々に頭を割り、羽根を吹き飛ばす
カイン:ブーメラン・・・面倒くさそうに4~5匹落として帰っていった