SE7EN、ドラマ「モンスター」OSTに参加…優しくも訴えかけるような歌唱力を披露


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歌手SE7ENのカムバックが本格化した。

16日、SE7ENの所属事務所によると、SE7ENはMBC月火ドラマ「モンスター DVD」のOST(劇中歌) に参加する。SE7ENは「モンスター」主人公のカン・ジファン(カン・ギタン役)、ソン・ユリ(オ・スヨン役)、パク・ギウン(ト・ゴヌ役)の感情線を表現するラブテーマOST Part. 2「大丈夫か」を歌った。

0c1a9af4ba456dad83c43e84e8d81e1e

「大丈夫か」は、SE7ENの声とオーケストラの旋律が調和を成した曲だ。最初から最後まで、愛する人だけを心配する切ない気持ちを歌詞で表現したという。

所属事務所の関係者は「SE7ENは特有の美声をベースに、優しくも訴えかけるような歌唱力を見せ付けた。後半にはファルセットと高音を行き来し、切なさを倍増させた」と説明した。

SE7ENは2014年軍除隊後、2015年にミュージカルでカムバックした。そして2016年、韓国と日本で歌手としての同時カムバックを予告し、ファンの期待が高まっている。