6.5.1 仕様書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボードは前置増幅器,信号シェイパー,30MHzFADCサンプリング,FPGA上で実行される1nsの分解能のTDCを持つ.ファストイーサネットはデータ転送に使われた.

+ ...


6.5.1.1 読み出しモード

ボードには生データモードと制限データモードの2つの読み出しモードがある.生データモードはデバッグと全てのADCとTDCのデータが転送される最初の実験時に使われる.制限データモードは平常運転時のモードである.ADCとTDCの全てのデータは条件を満たした場合に転送される.制限データのサイズは小さく,大抵は数十byte程度しかない.

+ ...

コメント

訳についておかしな所などあればお知らせください
名前:
コメント: