6.6 予想される性能


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

我々はテストチェンバーとプロトタイプの読み出しボードを用いたビーム実験の間,良い性能を叩きだした.取得した位置分解能と各セルにおけるエネルギーロス分解能はBelleCDCのものと同等かそれ以上である.したがって,ビームバッググラウンドなしでは性能は同等かそれ以上であると予想された.BelleIIにおける大きなビームバッググラウンドはCDCのトラッキングの性能を下げるかもしれない.我々はBelleのものよりも20倍高いビームバッググラウンドを仮定し,GEANTシミュレーションを使って影響を見積もった.B→J/ψK_sイベントではたった10%のロスであった.B→D*D*イベントでは,強制措置なしではかなりの効率的ロスが予想された.しかしながらより良い性能を獲得できるように新しいソフトウェアと,PXDとSVDのスタンドアロンのトラッキングが全体の効率を劇的に改善するだろう[4].

+...
We achieved good performance throughout the beam test using the test chamber and the prototype readout electronics board. The obtained position resolution and energy loss resolution for each cell are similar to or better than those achieved in the Belle CDC. Therefore, similar or better performance is expected without beam background. The larger beam background in Belle II might degrade the CDC tracking performance. We assume 20 times higher beam background than in Belle and estimate the effect using a GEANT simulation. Only a 10% loss is expected for B→J/ψK_s events. For B→D*D* events, a significant efficiency loss is expected without any corrective measures. However, new software and standalone tracking in the PXD and SVD will improve the overall efficiency dramatically so that even better performance can be obtained [4].

コメント

訳についておかしな所などあればお知らせください
名前:
コメント: