コメントアートとは?




そもそもコメントアートってなんでしょう?

コメントアートとはニコニコ動画のコメント機能を使って動画上に何かしらの
装飾・演出・インパクトを持たせるものです。


略して「CA」などと呼ばれます。
なんか別の略語と被っている気がしますがそんなのは気にしたら負けです。

コメントアートはニコニコ動画の誕生と共に進歩していき、
現在では様々な種類のコメントアートを見ることが出来ます。


現在主に投下されているコメントアートは
以下のように分類されています。


①字幕系コメントアート



字幕的な特徴を持つコメントアート。
弾幕、提供などといったものが含まれます。

改行・空白文字等の知識がなくても気軽に行うことができる反面、
ネタのセンスが問われることも多いです。

ジャンル、動画の違いにかかわらず、様々な場面で見ることのできるコメントアート。


②歌詞系コメントアート


|

動画に使われている楽曲の歌詞をコメントで書いたもの。
元々は動画の下に字幕のように付ける程度のものでしたが、
改行・空白等の利用により、フレーズの表示タイミング、字幕配置、歌詞表現
などにおいて様々な演出がなされるようになりました。

歌詞コメントアートの内容によって「歌詞字幕」「装飾歌詞」等様々な呼び名があります。
ただ、それぞれの呼び名を分ける定義はあいまいなところがあります。


③装飾系コメントアート



キャラクターなど、動画内のある対象を装飾する目的で作られたコメントアート。
その多くは、装飾対象があって初めて成り立ちます。
大きく分けて、動画内の対象を装飾するものと、動画そのものを装飾するものに分けられます。
現在最も絶滅が危惧されているコメントアートでもあります。


④絵系コメントアート



コメントそれ自身(のみ)で絵を描く目的で作られたコメントアート。
動画の内容に左右されない自由な表現が可能です。

コメントアートと言われて多くの人が連想するのが、絵系コメントアートでしょう。
絵系コメントアートで動画を製作し、公開することも盛んに行われています。



このように分類しましたが、
必ずこのうちのどれかに集約されるということではありません。


各系統のコメントアートは
それぞれ大きな違いがあるように見えますが、
皆コメント機能を使って制作されているので
大本の基本事項・ルールは全て共通しています。

これらの系統の違いは、
投稿先の動画に合わせて発展してきた結果によるものです。


全てのコメントアートに共通する前提事項、それは

動画の内容に合ったコメントアートをすること。です。