クッキー☆凍結祭り

2018年6月頃~9月頃に、当時クッキー☆界隈で目立っていた人のTwitterアカウントがDMCA虚偽通告により立て続けに凍結された事件。
「クッキー☆氷河期」とも呼ばれる。

概要

2018年6月頃~9月頃に頻発していたクッキー☆界隈におけるTwitterアカウント凍結騒ぎ。
Twitterで画像を公開していると、その著作者を装った第三者が実在の企業または架空の企業に成りすまして著作権侵害を通告し、その結果Twitterアカウントを凍結できてしまう。これを利用してさまざまなアカウントが凍結された。
DMCA通告の悪用についてはかなり前から問題にはなっていたが(Online Policy Group v. Diebold, Inc.How To Destroy Your Enemy: Demand a Video Apologyなど)、クッキー☆に持ち込まれたのはこれが初である。
クッキー☆の界隈以外でも問題は発生しており、2018年2月頃の艦これ公式アカウントの凍結が有名だろう。
また2018年6月以前から淫夢のMAD作者が凍結されたりしていた。

クッキー☆の界隈ではしりり兄貴が凍結(2018年6月19日)されて一気に話題にあがった。それを皮切りにぜ~るかろ餅屋もちジュンゆゆすなどゴルゴンゾーラ☆(2018年6月6日)の出演声優が被害にあった。
なので当時はしりりアンチによるもの、養殖企画に反対するものによるものと噂された。
しかし初代声優のれうやみん、MAD作者のかきつばたドピュッセルなどのtwitterでそこそこ注目頻度の高いアカウントも凍結されているのでとりあえず目立っていれば標的になったとされる。
あるいは複数人がそれぞれの意思で虚偽通告をしているとされる。

5回通報されると凍結されるらしく、一度でも通報を受けたアカウントはそれ以上の通報を回避するため鍵アカになったり画像を全削除するなどの対策が取られた。
凍結された人はそのままTwitterから姿を消すということは少なく、ほとんどが別のアカウントを収得して以前と変わらずに活動している。
しかし凍結騒ぎの名残からかアカウント名が検索しづらい別の名前になっているケースは多い。

2018年7月13日、やみんチャンネルに投稿された動画。
通報を受けてアカウント凍結一歩手前まで来たやみんの当時の空気を知ることができる。

2018年07月16日にクッキー☆静画に投稿されたイラスト:凍結皇
一番上に鎮座しているのはCLOUDという人物。複数の荒らしユーザーと関わりを持っていたtwitterを拠点としたクッキー☆荒らしであり、基本的に彼がDMCA虚偽通告を悪用し、多くの人達を凍結させていたとされる。
しかし凍結アカウントに対しての煽りツイートがどう見てもDMCAの仕組みを知らない者の発言にしか見えなかった事から、「CLOUDは他人の凍結作業を自分の手柄として自慢していただけのピエロなのでは?」とする主張も存在する。
またこれが原因で、CLOUD自身も何度も凍結の憂き目に逢っている。



この時期に凍結された人

添付ファイル