エスカ

霧雨魔理沙、かくご~^^
通称 ESK姉貴
ようむちゃん
出演作品 クッキー☆☆三期(魂魄妖夢)
カス☆(魂魄妖夢)
使用MMDモデル nya式妖夢
サカイト式妖夢

概要

クッキー☆☆三期で妖夢を演じた声優。その後カス☆にも妖夢役としてスカウトされ演じた。
クッキー☆☆最年少なだけあって、滑舌の悪い舌足らずなしゃべり方が特徴。劇中の台詞からモロモロのカツレツ(ボロボロの滑舌)と表されている。
共演者の中ではVVAN姉貴SNNN姉貴を尊敬してるとのこと。
元々妖夢はHJR姉貴が担当する予定だったが、突如連絡がつかなくなってしまい、急遽妖夢役を募集することとなった。そんな中同時に応募したFJSR姉貴を抑えて採用されたのがESK姉貴であった。
こえ部以外にもYoutubeでも活動しており、そこでは筆箱の中身や机に置いてある小物の紹介を主に行っている。
クッキー☆に対しては寛大な態度をとっており、特に衝突はなかったが、後に引退宣言を行いクッキー☆とは距離をとった。
美翔カズヤと仲良くなりカス☆に出演するなど交流を深めたが、一緒に生放送をするということに憤慨する人が多く現れしまう。
結局生放送は中止となり、それを期に美翔カズヤはネットから姿を消してしまった。
+クッキー☆☆三期での活躍
博麗神社に乱入してきた幽々子を追ってきての登場。最近泥棒が暴れてるということで捕まえて欲しいという依頼を受けて行動していたことを語る。
その後成り行きでみんなと共に泥棒捜索を行うことになったが、結局泥棒の正体は魔理沙であったことが判明。
皆が呆れている中真面目に取り押さえようと魔理沙を襲うが逃げられてしまう。
その後必死に追いかけてきたため文と一緒に遭難してしまい、そのまま寝てしまった。

ニコニコでの扱い

劇中のような無鉄砲で失敗ばかりの少女としてよく描写される。
クッキー☆☆三期の中でも特徴的なキャラであったことから、いち早く動画での出番を増やし、新たな人気キャラとなるのではと期待された。
特に釣りキチおばさんとのコンビが人気で釣りキチブーム時(2014年3月頃)はかなりの存在感を放っていた。
しかし釣りキチブームが終息すると、お馴染みのネタとして定着した釣りキチおばさんに対し一気に出番が減ってしまう。
その後RIMUDK役に人気が集中していった流れもあって、今ではあまり見かけなくなってしまった。

本スレでの扱い

当時最年少でその幼い雰囲気からペドホモを中心に高い人気を得た。
また美翔カズヤと組んだときはそのファンを中心にカズヤを叩く状況となった。
しかし時間と共に話題は減っていき今ではあまり目立った存在ではない。

実況での扱い

ようむちゃんと呼ばれており、その後誹謗言葉を書くのがお約束になっている。
ようむちゃん死んで・・・

主な持ちネタ

かくごー^^
劇中の台詞から。その台詞にふさわしくない脱力感溢れる言い方が話題になった。
ESK姉貴が登場するとよく口癖のように多用される。
多腕
「かくごー^^」用のBB素材における腕を振り回す表現から、6本腕とされることがある。
モロモロ
劇中の台詞から。本来は「ボロボロ」と言いたかったのだろうが滑舌が悪いためモロモロにしか聞こえなくなっている。
カツレツ
劇中の自己紹介から。「滑舌悪いところ多々あるんですけど」の滑舌の部分だが、言ってるそばから滑舌が悪い。
YUMちゃん、ようむちゃん
応募した時の台詞から。子供っぽさ溢れる呼び方から語録になってしまった。
その前の台詞も合わせて「役名はよーむちゃん!」とされることも。
ドゥルモーの火矢
劇中の台詞から。「泥棒の被害」の空耳。
私、情けない
劇中の台詞から。汎用性が高く使用率もそこそこの語録。
SNNNさんってNの数安定しないですよね
本人の台詞から。SNNNNNNN…とSNNN姉貴のNを増やすネタに対するアンサー語録。
好きキャラ
本人の台詞から。
女装山脈
同名のエロゲのヒロイン(?)の1人「曲林静樹」の容姿が魂魄妖夢を想起させたため、結び付けられてしまった。
メガトンコイン、RTA
同じキャラクターのアバターを持つbiim兄貴から逆輸入されたネタ。詳細はそちらの記事を参照。
また、MADではbiim兄貴と共演することも。
添付ファイル