プロローグ

  • 3勝1敗。ここまで予定通りなんだから、デンマーク戦のことはさっさと忘れて切り替える。(カルロス)
  • ProxTube 推奨。(ベロニカ)

1E

  • 後攻日本、リードのミスでセンターガードを溜めてしまうもセカンドの2投で減らすことに成功。悪くない形に。(カルロス)
  • センターガードが3枚と先攻韓国有利な展開で、セカンド1投目がT奥になってしまう。日本は攻撃的にドローで先手を取る選択もあったが、センターガードを壊すほうを選ぶ。デンマーク戦でひどい目にあった影響か、ここは慎重。(ベロニカ)

2E

  • 先攻日本、リードのセットアップがよかったが、セカンドが2投ミス。噛み合わない。サードのランバック合戦。(カルロス)

3E

  • 後攻日本、セカンドのロールアウトで2点パターンがフイに。攻め急ぎのように思う。セカンドは切られたコーナーガードを置き直したほうがよかった。フロントがいまいちなので好調なサードから攻めたほうがよいように思う。(カルロス)

4E

  • 後攻日本、サード2投目のドローがスルーしワンツー作れず。噛み合わないと思ったら、韓国フォースの1投目も手玉が残らず、藤澤の2投で2点の可能性がわずかに残る。藤澤1投目のドローがガードにチップし、2点の目はあっさり消える。(ベロニカ)

5E

  • 勝負所で日本サードのランバック成功。韓国サードもナイスロールで3個見せる。先攻日本はワンを守り切るか、敵の石を減らすかの選択。(カルロス)
  • 前半最後のエンドで1点アップで先攻の日本。このエンド、ブランクでも構わないと思うのだが、なぜいきなりセンターガード?韓国は2点取って気持よく折り返したいから、当然2点狙いのコーナーガードを置くはず。であればリードの1投目はボタンドローで、2投目にセンターガードで塞げばよいのでは?韓国にセンターガードの裏の良い位置を先に取られての2失点。(ベロニカ)

6E

  • 後攻日本、コーナーガード構築失敗からオープンな展開に。(カルロス)

7E

  • 先攻韓国ワンを持っているのに、ツーのコーナーガードを切りに来る。なぜ?とにかくヒットが好きらしい。(カルロス)

8E

  • 先攻日本、ようやくフロントでセットアップに成功。韓国にガードはずしの展開に。(カルロス)

9E

  • コーナーガードがある状態から、後攻日本ワンを叩いてロールを狙う。先攻韓国ハウスぎりぎりウイングにワンツー作るも、ガードの裏にドローでワンが作れる状態。ヒットロールでガードの裏にただしT奥。ドローでカマーしてT前にワンを作ったほうがよくはないか?(カルロス)
  • このサードの1投目ヒットの選択は、その後スイスとの決勝戦10Eのサードのときにも繰り返される選択。この韓国戦ではサードのナイスショット2投で2点獲得に成功するのではあるけれども。(ベロニカ)

10E

  • セカンド鈴木の2投はいただけない。鈴木、実はプレッシャーに弱い?投げたあとの表情にやっちまった感がありあり。(ベロニカ)

EE

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • 日本、フロントが不調にも関わらずよくしのぎ切った。韓国のセカンド、サードはヒットがすごくうまい。フォースはどっちもオッケー。ドローを強いるような展開のほうがよかった?(カルロス)
  • 両軍ともこんなもんじゃないはず。勝負所のここ一投をことごとくハズしてる。低調な試合でした。しかしそれでもやっぱりEJキムのほうが強いと思うんだけど……。ちなみの英語インタビュー→https://youtu.be/2DaXg66KD1A?t=3m59s(ベロニカ)