プロローグ

  • 全勝同士の対決。今日の中国戦、明日の韓国戦が山場。(カルロス)

1E

  • センターガード裏、T奥8フットに中国がワンを取った時点で、ワンに構わずボタンを取りに行った。1Eからアツくなってる。遅めのヒットで出しておけばよかったのでは、1Eなんだから。ワンを取ったところでガードを選択せず、強めのドローでワンを押しに行ったのも謎。1Eからやらなくても…。両角のヒットロールは見事。(カルロス)

2E

  • 日本リードがウィックで手玉をコーナーガードの後ろに隠すナイスショット。2点チャンス。中国のナイススラッシュダブル。なのに2投目スルー。(カルロス)

3E

  • センターガードに掛かった手玉がコーナーに残ったことで2点チャンス。中国スキップがナイスドローで反対のコーナーのワンを消しに行く。(カルロス)

4E

  • センターガード裏の攻防。中国が4トップにワン。これにコーナーフリーズに行った山口が弱すぎてダブルセンターガードに。2投目は強すぎ開いてしまう。山口は絶不調らしい。後攻中国の石が溜まる。好調の清水のランバックで局面打開。中国サードが2投ともミス。両角のラストロックは3点の目を消すための極めて難しいショット。(カルロス)

5E

  • 日本サード1投目のフリーズの指示が謎。セカンドが不調のためサードのところで難しいショットの選択が増えている。中国はセンターガードを置いてもよかったのでは。両角1投目で局面打開。(カルロス)

6E

  • センター線の攻防。日本セカンドのドローが短く、ヒットロールでワンツースリーを作られる。清水のDTOでまたもや打開。ずっとこのパターン。(カルロス)

7E

  • 両軍ミスの応酬でスタート。中国は3点チャンスでボタンのワンをスプリットする選択。逆に日本にダブルあるいはトリプルのチャンスが残る。両角のラストロックは曲がりはじめた時点でトリプルを諦め、真横のダブルに切り替えるべきだったかも。投げる前にそのあたりの確認ができていたかどうか。(カルロス)

8E

  • コメント(ハンドルネーム)

9E

  • 両角1投目、中国の石を後ろに下げポケットを作る。2投目でポケットを狙うも。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • 両軍ミスの多い試合。日本はフロントの不調をサードがカバーしてなんとかスキップにつなげていたが、いかんせん難しいショットばかりスキップに残った。しかし8エンドはいただけない。この程度で諦めてはいけない。メンタル弱すぎ。(カルロス)