※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • JJが来てる。ドーンも来てる。敵味方に分かれてそれぞれ夫の応援。(カルロス)

1E

  • ブランク(カルロス)

2E

  • 後攻がセンターガードを次々と破壊した末にブランク。先攻スキップのラストロックはコーナーガード裏へのロール。惜しかった。(カルロス)

3E

  • 後攻セカンド1投目、迷った末にハウスに掛かった敵の石を打ってハウスのコーナーにロール。しかしガードには隠れず先攻セカンドにヒットロールを許してしまう。後攻セカンドはランバックでこれを粉砕。以降の攻防は1投毎にアドバンテージが入れ替わるカーリングらしい展開。先攻ラストロックはコーナーの見えている石には構わずにセンターガード裏へ強気のカマー。(カルロス)

4E

  • 先攻サードのヒットが石を出しきらずガードの裏へ押し込んでしまう。後攻ワンツーに対して、先攻ラストロックはランバックダブル。3失点の可能性も。(カルロス)

5E

  • 先攻のランバックが後攻の石を次々と蹴散らす。(カルロス)

6E

  • 先攻クーイーはどうしてもスチールが欲しい。しかしセンターガードの裏に3個の石を取られスチールの形にならない。ガードを切られたあと長考。このあと両軍とも長考の末、オープンな局面でヒットで石を減らしつつ配置を変えていく様が見られる。難しい。(カルロス)

7E

  • どうしても2点以上が欲しい後攻クーイー。コーナーを切られたところで早めに4フットのワンツーをいじりに来るがうまくポケットを作れない。後攻スキップ1投目はフリーズでワンを取る。先攻にピールされれば1点取らされ、バックガードの先攻の石がハウスの端まで動いてしまえば後攻2点の可能性が残る。(カルロス)

8E

  • 先攻クーイーのラストロックはヒットフリーズ。これが決まらなければ3失点もある。後攻マキュエンのラストロックはドローで1点取らされを選択せず、ランバックダブル狙い。このエンドで試合を決める気まんまん。(カルロス)

9E

  • 先攻はラストロックで10時半と4時半にワンツー。後攻はボタンドローを選択せずヒット。ロールできれば1点。(カルロス)

10E

  • パワーのある男子の試合で、「いかにダブルさせないか」逆に「次にダブルできる配置は」を学ぶ教科書のようなエンド。(カルロス)

11E

  • 後攻はウィック2投成功。先攻はどうせ切られるセンターガードは置かず、コーナーガードの裏へドロー。後攻のヒットで手玉がボタンT奥にロールしたところで、今度はセンターガード。切られ続けても先攻ラストロックでフリーズするターゲットが出来たから、ということか。後攻もそれはわかっているから後攻スキップ1投目はガードを切らず、先に4フットにワンツーを作る作戦。(カルロス)

エピローグ

  • 最終エンドでウィック2発決められると先攻は絶対絶命だが、こういう手があるのねと思わせる戦術。それにしても凄まじい逆転劇。泣ける。(カルロス)