※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • 開幕試合(カルロス)

1E

  • 先攻アメリカは1投目からセンターガード。2投目のカマーがセンターガードになってしまったところで、ミュアヘッドはセンター裏ではなくコーナードローを選択。今シーズンからコーチがカナダのハワードに代わって、戦術がやや保守的になったように思う。去年ならセンター裏を取りに行ったのではないか。(カルロス)

2E

  • コメント(ハンドルネーム)

3E

  • コメント(ハンドルネーム)

4E

  • 後攻ミュアヘッド、コーナーにポケットが出来ているがそこを狙わず、センターガード裏にカマー。これがT奥になってしまい、先攻に攻め込まれる。コーナーを攻めたほうがよかったんでは。(カルロス)

5E

  • 先攻ガード裏にワンを持っているがツースリーを後攻に持たれている。2時をヒットしてノーズに止まると次にダブルでワンを打たれる。先攻アメリカ、センターガードで攻めるほうを選択。先攻ラストロックはガードかハウス内T奥ダブルされない位置にワンツーを持つの選択で後者を選択。これが裏目に。(カルロス)

6E

  • コメント(ハンドルネーム)

7E

  • センターガード裏に先攻アメリカがいい位置にワンツーを取る。後攻サード2投目でタイムアウト。T奥のワンにフリーズを選ばず、ハックウェイトで1枚剥がすほうを選択。アメリカはヒットロールが決まればスチールのチャンスだが。(カルロス)

8E

  • コメント(ハンドルネーム)

9E

  • 後攻ミュアヘッド1投目のカマーがワンにならず隠れきらず。先攻ラストロックはそれをノーズヒット。ヒットロールで外側へ逃げるか、ロールアウトしてしまったほうがむしろよかった。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

11E

  • 先攻ミュアヘッドのラストロックの置き場所が絶妙。(カルロス)

エピローグ

  • 初日ということもあってか両軍ミスが多すぎ低調な試合。特にスコットランドのフロントはヒドい。見るべきは1Eと5Eのミュアヘッドのビッグショットとエキストラのラストロックだけか。(カルロス)