プロローグ

  • 大会通じて曲がらない氷。100~120センチぐらいか。しかもクセがありそうで難しい。(カルロス)

1E

  • 後攻の藤澤、センターガードが溜まり始めたところで、前を払うことばかり考えてる。ハック側から「中は~」の声にようやくカマーを選択。藤澤のラストロックを見ると、ミュアヘッド相手で慎重になったとか、いつもの攻撃性が鳴りを潜めたというよりは、氷読めてない不安があったと推測。(カルロス)

2E

  • スローン1投目で縦にダブルのチャンスがあるのに、ドローでワンをつぶしに行くのがミュアヘッド。ダブルしても次にコーナー裏にワンツーを作られるのが嫌みたい。結局、円を狭くしたミュアヘッドの戦略が当たったようだ。(カルロス)

3E

  • ヒットステイにことごとく失敗するチーム藤澤。ミュアヘッドは作戦通りにワンツーを置き続ける。ここまで氷読めてるのはミュアヘッド。(カルロス)

4E

  • コメント(ハンドルネーム)

5E

  • コメント(ハンドルネーム)

6E

  • ユウミとチナミの見事なランバック。後半になってから氷に合ってきた様子。(カルロス)

7E

  • 後攻ミュアヘッドはブランク狙いのコーナードロー。藤澤はそれに構わずダブルセンターガード。(カルロス)

8E

  • ダブルセンターガードでワンを守りきれるか藤澤。ミュアヘッドはいやな位置にツースリーを作った。ワンをはずされれば逆転負けも。ミュアヘッドのラストロックはダブルで一発逆転狙い。(カルロス)

エピローグ

  • 前半はゼッタイ勝てない感じだったのが、後半氷が読めてきてからいつものロコに。スローンの最後の一声「Great shot! ah, No~」(カルロス)