プロローグ

  • ラウンドロビン1巡目では最終エンドのスチール失敗で敗戦だったらしい。ここまで中韓戦3連敗。(カルロス)

1E

  • ブランクかと思いきやEJのドローミスから日本のスチール。(カルロス)

2E

  • 藤澤の1投目きれいにヒットロールだが、コーナーガードを増やしただけのように見える。EJ1投目はスイーパーのミスで失敗したが、もしカマーが完璧に決まっていたら2点パターンだった。藤澤はノーズヒットで残し、カマーされても後で使える、ヒットロールされればこっちが裏にカマーでスチールチャンス、の選択肢を残すべきだったのでは。(カルロス)

3E

  • 先攻韓国が自らダブルセンターガードを外す展開に。なのにこの結果。カーリングは楽しい。(カルロス)

4E

  • 後攻日本セカンド2投目でコーナーの石を無視してロングセンターガード裏にカマー。流れが悪いので無理せずにヒット戦→ブランク狙いでいいような。案の定の結果に。(カルロス)

5E

  • 藤澤のヒットロールでなんとかしのいだ。(カルロス)

6E

  • 少しズレたセンターガードの裏に積み合い。先攻の日本はミスれば大量失点の流れ。(カルロス)

7E

  • 先攻サードのキムの2投目でセンターラインに近いガードの裏に入れてきた韓国。外の黄色を叩いて安全策は取らない。藤澤のラストロックは2点目を狙ったギャンブルショット。(カルロス)

8E

  • センターライン上はかろうじて空いているもののガードが溜まる中、韓国セカンド2投目はガードを外さずに中を打ってきた。コーナーガードがボタンへのドローの道を塞いで最後までヒットロール合戦の局面。藤澤のラストロックはドローの道があったのか疑問。(カルロス)

9E

  • コメント(ハンドルネーム)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • 4エンドのショット選択がすべてではないか。ロングセンターガードはあるもののかなりオープンな展開から2失点。本橋2投目をヒット選択せずにドローさせたのが悔やまれる。藤澤の戦術にいまひとつ成長が感じられなかった試合。(カルロス)