プロローグ

  • ホーマンすでに1敗してる。キャリーは全勝。(カルロス)

1E

  • 両軍極めて慎重なスタート。石がハウスのわずかに外のコーナーに残ったとき、後攻キャリーはそこを攻めずあっさりセンターガードを切った。ブランク。(カルロス)

2E

  • 先攻ホーマンはロングセンターガード。後攻キャリーはウィッグに失敗したらしい。コートニーのスルーで2点パターン。かとおもいきや後攻もまさかのロールアウトにジャムるおまけ付き。ホーマンのラストロックがショート。ダブルで3点のラインもわずかに残っているように見えるが、キャリーは2点を選択。(カルロス)

3E

  • 先攻キャリーは3投目でセンターガードだがズレまくり。その裏を攻められる。狭いリングの中でのドロー合戦に突入。先攻サード2投目は短かったが、先攻の石が前に並んで使える状態。ポケットにタップされると取れない。ホーマンはふたつの石の間を押して使えなくする作戦。ミスキューの絶妙のショット。その石からキャリーの縦ダブル。ホーマン1投目はダブルかヒットロールも考えるが、ノーズヒットを選択したようだ。キャリーはその裏へのカマーを狙うがショート。ホーマンのラストロックは1投目の石をタップ。ウェイトからすると薄く当てるつもりだったようだ。ウェイトを落としてノーズ気味に打つ選択もあったと思うが。(カルロス)

4E

  • 後攻キャリーは1投目だけウィッグ失敗だったようだ。後攻セカンドがセンターガードをまとめて掃除。先攻ホーマンはセンターガードを置き直す。サード2投目からハウス内にワンツー。キャリーが1投目でナイスダブル。ブランク。(カルロス)

5E

  • 先攻ホーマンはダブルセンターガード。後攻キャリーはコーナードロー。センターガードを切られるも先攻の石がハウスに入ったのは先攻にラッキーだったが、なんとホーマンはここガードをあっさり諦め、コーナーの石を打った。びっくりするほど慎重。結果ブランク。(カルロス)

6E

  • 後攻キャリーは2投ウィッグだがほぼ失敗。後攻セカンドのダブルで挽回。先攻ホーマンはウィングでワンツーを作る。ここで後攻セカンドがさきほどのナイスショットを帳消しにするスルー。ホーマンはワンツーをもちつつガードを置く。狭くなったリングへのドロー合戦。ホーマン1投目がショートし絶体絶命。しかしキャリーもほぼスルー。ホーマンは1投目と同じコーナーフリーズだが。(カルロス)

7E

  • 先攻キャリーは3投目でセンターガード。コートニーが絶妙のヒットロールを決めるも、2投目をあっさりロールアウト。またしても狭いリングへのドロー合戦に突入。ホーマン1投目は決死のトリプル狙いだが、最低限のダブルは決めた。さすが。点差を考えればキャリーのラストロックはポケットに入れて1点取らせと思われたが謎のショート。ホーマンぎりぎり3点あるか。(カルロス)

8E

  • ファーガソンのダブルレイズダブル!キャリーのラストロックはちょっと欲張ったか。メジャーは勝てる確信があったのだろう。(カルロス)

9E

  • ホーマンのラストロックはヒットロールかドローかの選択で前者。1点取らせでも5ロックなら3点もあるという計算か。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • ホーマンは終始幅が狭すぎるようだ。両軍ともまだ調子は上がっていない様子。クレージーな全日本女子を見た後だと、カナダのカーリングが慎重すぎるように映る。(カルロス)