本当に安くなるとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワイモバイルに乗り換えすることによって、携帯料金は今よりも相当安くなるとの宣伝を見かけます。



それでも、本当に安くなるとは断定できません。そして、パケ放題のプランがなく、最大でも7GBまでの制限が他社と同じようにあり6千円程度かかりますので、お得感を感じないこともあります。プロバイダは星の数ほどあり、選び方も人それぞれちがいます。

しかし、キャッシュバックキャンペーンを実施していたり、2,3か月の無料期間がついたり、毎月の費用がとにかく安いところに容易に飛びつくのは辞めた方がいいと思います。どんな目的でネット回線を使うかによってちがいは生じますが、どれほどの通信速度か、トラブルはないか、などの点を重視するべきでしょう。フレッツwi-fiがつながらない際は、一度全機器の電源をリセットして最初から接続をもう一度してみるといいかも知れません。それでも接続ができない場合には、初期設定を洗いざらい見直してみます。
カスタマーサービスに聞いてみれば理解できるように教えてくれますが、電話がなかなかつながりにくいのがネックです。