アストレイレッドフレーム(レッドドラゴン)

正式名称:MBF-P02 パイロット:ロウ・ギュール(&ハチ)
コスト:2500  耐久力:650  変形:×  換装:△
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 カレトヴルッフ Gモード 6 70 普通のBR
背面射撃 カレトヴルッフ Gモード【背面撃ち】 111 背部のカレトヴルッフ二丁からBR同時発射
射撃CS ガーベラ・ストレート【投擲】 - 75 レッドフレーム伝統のガーベラ投げ
特殊射撃 カレトヴルッフ
【ミラージュコロイド粒子散布】
- - CVからコロイドを散布しつつ急接近、レバ横で回り込みつつ接近
射撃、サブで専用派生有
格闘 名称 入力 威力 備考
サブ射撃 カレトヴルッフ
【ビームサーベル薙ぎ払い】
サブ 150 正面にビームソードを突き出し→左右に開く
弾数つきの鞭のような武装
通常格闘 袈裟斬り→右薙ぎ→左薙ぎ→
左上段蹴り上げ&斬り上げ
NNNN 248 動くが動作が長い 最終段は1入力2段の全5段格闘
派生 CVGモード N射
NN射
NNN射
138
169
195
両翼からビームを撃つ
派生 左翼斬り抜け N前
NN前
NNN前
113
146
176
左翼のCVで斬り抜け
派生 唐竹割り→疾風怒濤斬り NNN後 292 キャンセル不可の高火力派生
前格闘 突き→斬りつけ→斬り上げ 前NN 183 強判定。出し切りで打ち上げる
派生 CVGモード 前N射 190 両翼からビームを撃つ
派生 左翼斬り抜け 前N前 170 左翼のCVで斬り抜け
横格闘 右薙ぎ→返し左薙ぎ→2刀側宙叩きつけ 横NN 188 素早い動作の3入力4段
出し切りで左方向に吹き飛ばす
派生 CVGモード 横射
横N射
138
188
両翼からビームを撃つ
派生 左翼斬り抜け 横前
横N前
113
168
左翼のCVで斬り抜け
後格闘 格闘カウンター ??? 成功時は連続突きから最後に突き飛ばしてジャンプ斬り
BD格闘 斬り抜け→回転斬り→斬り抜け→突き→斬り飛ばし BD中前NNN 270 4入力5段格闘。とても長い
特射派生 射撃派生 ダッシュ→ジャンプ唐竹割り 特射→射 90 飛び上がった後に急降下唐竹割り
サブ派生 ダッシュ→当て身→斬り抜け→納刀爆破 特射→サブ 240 ガーベラを使った赤枠系お馴染みの納刀爆破
特殊格闘 最カッコいいぜ! 特(N) 80(160) ヒット後一定時間自機性能強化 ゲージ100(15秒)
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
覚醒技 リミッター全開解除アタック!&赤い衝撃 3ボタン同時押し F/M/S,E,L
328/305/283
乱舞系覚醒技 全7段
後覚醒技 カレトヴルッフ Gモード【最大出力】 後+3ボタン同時押し S/M/F,E,L
245/241/221
アストレイ系列では初の純射撃属性


【更新履歴】新着3件

18/11/03 新規作成
18/12/06 各コマンド名称・威力・補正値追加

解説&攻略

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』より、ロウ・ギュールのアストレイレッドフレームに万能ツール「カレトヴルッフ」(以下CV)と、
ビーム状の多機能アンテナを発生させる頭部「ドライグヘッド」を装備した最カッコいい形態・通称「レッドドラゴン」。
ゲームの戦闘時は「レッドフレームRD」と表示される。

カレトヴルッフは商売目的で作った点を反映してか、本機のロウの台詞は金銭絡みのものが多い。

2000コストのレッドフレームをコストアップさせたかのような性能で、
鞭のようなサブ射撃、移動系武装の特殊射撃、そして多彩な格闘攻撃などを持った、近距離で輝くオーソドックスな格闘寄り機体に仕上がっている。
最大の特徴は特格の「最カッコいいぜ!」であり、格闘を当てることで時限強化を得るという今までの機体にない特性を持つ。
特格中に特格を当てれば強化を維持することもでき、上手く行けば長時間強化を持続させることも可能。
逆に言えば「最カッコいいぜ!」を当てられなければ強化効果を得ることはできないため、本機を使うならば必ず狙っていきたい。



射撃武器

【メイン射撃】カレトヴルッフ Gモード

[常時リロード][リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2][補正率:-30%]
「携行武器もこの通りィ!」
右手のCVGモードからビームを撃つ。2500コストの中では威力の低い単発70。
本機で唯一足の止まらない射撃であり、即撃てる誘導のある射撃である。
これでしか取れない着地などもあるため牽制などでの無駄撃ちは厳禁。
CSを使うなどして節約しよう。
サブ、特射、特格にキャンセル可能。

【背面メイン】カレトヴルッフ Gモード【背面撃ち】

[弾数:メインと共通][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:][補正率:-60%(-30%*2)]
「こんなこともあろうかとォ!」
背中の両翼となっているGモードから2本のビームを放つ。ビームの太さはメインと変わらない。片側hitで65ダメージ
格闘寄りの機体がワンボタンで出せる射撃にしては威力が高く、コンボの〆に使える。
ただし判定は独立しておりズレてhitしたり片方だけhitするなんてこともある。
加えてフォビメインなどと違い別々に誘導しているためコンボの〆で使う時は相手との角度などに気を付けよう。
補正とダウン値の高さからコンボ始動には不向き、生当てした場合は各武装で手早くダウンを取ろう。

【射撃CS】ガーベラ・ストレート【投擲】

[チャージ時間:2秒][属性:実弾][スタン][ダウン値:2.0][補正率:-20%]
「ガーベラ・ストレートォ!」
レッドフレーム系の代名詞とも言えるガーベラ投擲。弾速はBRよりも速い。
発生はレッドフレームと同じで、少しだけスタン時間が長い。
それなりの発生硬直がありBDCが早いと投擲しないので注意。
例に漏れず上下に強い誘導を見せ、時にはフォークボールのように落ちて着地を取る。

着地取り、弾速を活かした硬直取り、格闘〆、格闘→CS→特射などのねじ込み、格闘終わり→CS→特射射で着地…
などレッドフレームと同じく多様な場面で使って行ける。
ただしチャージしたままだと強力なサブや特射が使えなくなるリスクもあるので、常時溜めておかずに要所で溜めておこう。
サブ、特射、特格にキャンセル可能。

他のレッドフレーム系統に比べて慣性が乗らず、ピタッと足を止めるので射撃戦で使うにはやや不向きか

【特殊射撃】カレトヴルッフ【ミラージュコロイド粒子散布】

「コロイド展開!」
手持ちのCVも背負い、3基から光の翼のようなコロイド粒子の光を放ち高速移動する。
軌道はほぼ素赤枠と同じでNで直進、横でレバー方向に回り込みつつ前進する。
派生も同じく射撃派生とサブ派生がある。詳細は後記。
運用もあちらと同じで速度を活かした強襲闇討ちねじ込みなど。
出し切りでのブースト消費は通常で約50%程度(約3回でオバヒ)、強化時で25%程度(約5回でオバヒ)

メイン(背面)、CS、サブからキャンセル可能(オバヒ可)。
また格闘からもキャンセルできるが射撃武装と違いオバヒ時は不可となっている。
通常時はブースト効率が劣悪で、漫然と使っているとすぐオバヒする。
むやみに突っ込まず、ここぞというべきに突っ込んで格闘をねじ込んでいきたい。

留意点として、相手との距離が短い状態だと派生、格闘キャンセル受付時間が妙に短く設定されている模様。
コンボなどでもダッシュして終わるなどまま起きるため先行入力くらいの意気込みで派生したほうが安全。
各種格闘(BD格以外)と特格と覚醒技にキャンセル可能。
ただしオバヒ時は不可、CSを挟むことで疑似的にキャンセルすることは可能。CSを溜める際に射撃派生暴発注意。

今作から赤ロック保存が一切できなくなった。
例え赤ロック状態で射撃を使い、そこからのキャンセルで特射を出しても、特射の時点で緑ロックになっていると誘導が掛からなくなる。
追いや起き攻めの際に支障が出るので、この仕様はしっかり覚えておこう。

格闘

他のレッドフレーム系と同じく、全体的に攻撃回数やヒット数が多く、派生行動も多い。
この手の巨大剣は大抵発生面に欠陥があることが多いが、レッドドラゴンの場合そこまで見劣りする択はない。
どちらかと言えば判定勝負な機体だが、近年よくある汎用機や射撃機に備わっている良格闘に劣る、といったことはあまりない。
動作は俊敏だがその場から動かないものが多く、前派生や特格キャンセルを使わないとカット耐性はそこまで高くない。

【サブ射撃】カレトヴルッフ【ビームサーベル薙ぎ払い】

[打ち切りリロード][リロード:8秒/1発]
「こんなモードもあるんだぜェ!」
トランザムライザーのN覚醒技のような巨大なビームサーベルを両肩から発振、前方に突きだしてから外側になぎ払う。
突きだし部分はスタン、薙ぎ払い部分は特殊ダウンの打ち上げ。
当ててそのままにするとスタン→打ち上げとなるが、スタンで止めればそこからコンボ始動することもできる。
クアンタやνのような射撃バリアやABCマント等は貫通し、盾やシールドビットで弾かれ、カウンターでも防がれる格闘属性の武装である。
射程が短いことや発生の早さから、マスターのNサブの挙動でスタンさせてから追加で薙ぎ払う鞭系武器の一種と考えるべき武装。

レッドドラゴンの主力技。
射程は短く、その場にピタっと足を止めるものの、発生がかなり速く、銃口補正も良好。特射も絡めると攻めを押し込みやすい。
根本部分が意外と判定が広い。至近距離では無類の強さを誇り、すさまじい精度で相手を捉える。
サーベル部の判定はしっかりあるようだがCV自体には判定がないらしく至近距離かつ目前の敵には当たらないため注意が必要。
発生と銃口補正で当てる武装なため動いている敵には当てられないタイミングがある。
使い込んで当てる感覚をしっかりつかんでおきたい。

小ネタとして、格闘属性なため破壊不可能な建物などを貫通して建物に向こうにいる敵を攻撃できる。
できるタイミングは少ないが頭の片隅に置いておくと良いかもしれない。

サブ射撃 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 サーベル突き出し 90(75%) 90(-25%) 1.0 1.0 スタン
┗2段目 薙ぎ払い 150(55%) 80(-20%) 2.0 1.0 特殊ダウン

【通常格闘】袈裟斬り→右薙ぎ→左薙ぎ→左上段蹴り上げ&斬り上げ

カレトヴルッフ Sモードによる若干長い5段格闘。
最終段はΞの下格のように高空に打ち上げる。4段目から視点変更有。
派生が豊富でコンボの融通が利きやすい。
出し切りまでの時間はそこまで長くないが全段通してその場であまり動かないためカット耐性は低め。周りの状況をよく見てコンボ選択をしよう。

出し切りからのコンボ繋ぎはメインの場合後ステ、背面メインの場合は後BDCで安定して繋がる。
高く打ち上げるため格闘は横フワステ安定、後ステ格闘は受け身が間に合う場合がある。
1,2,3段目からそれぞれ射撃派生と前派生、3段目から後派生が可能。
最終段以外から特格にもキャンセル可能。

【通常格闘/前格闘/横格闘射撃派生】カレトヴルッフ Gモード

若干下がりつつ両肩のCVGモードからビームを発射。視点変更有。
スタン属性かつダウン値が低く攻め継続をするのに適している。
格闘中にCSを溜めようと射撃ボタンを押すとこちらが出るため暴発に注意。
ここからオバヒでも特射キャンセルが出来るため、特射射撃派生による接地や更なる追撃が可能。

【通常格闘/前格闘/横格闘前派生】左翼斬り抜け

左翼で斬り抜け(横回転特殊ダウンの打ち上げ)。視点変更有。
威力は低いが斬り抜け動作自体も短く動作終了後もスーっと滑り着地に移行するため高カット耐性。
出し切りから前ステで背面メインが繋がる。メインや格闘につなぐ場合は横ステ安定。
ヒット後最速キャンセルすると緑ロックの可能性がある、やや余裕をもってキャンセルしよう。
オバヒで最カッコイイポーズを決めて撃ちぬかれるぐらいならこちらに派生推奨。

【通常格闘後派生】唐竹割り→疾風怒濤斬り

唐竹割り→ハンマー投げのように回転しつつ全力で切りつける疾風怒濤斬り(派生した時点からキャンセル不可)。
唐竹割りから視点変更有。威力は凄まじく高いがあまり動かずカット耐性は低い。安全な疑似タイマン状態などでなら派生する価値はある。
E覚醒があるため相手の覚醒がある時に派生するのは危険、この派生に限ったことではないが相手の覚醒をちゃんと把握しておこう。
疾風怒涛斬りの後の硬直はそれなりにあるためCSCは要ディレイ。

通常格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣射撃派生 CVGモード【引き撃ち】 138(60%) 48(-10%)×2 2.4 0.35×2 スタン
┣前派生 斬り抜け 113(70%) 60(-10%) 2.4 0.7 特殊ダウン
┗2段目 右薙ぎ 102(73%) 46(-7%) 1.85 0.15 よろけ
 ┣射撃派生 CVGモード【引き撃ち】 169(53%) 48(-10%)×2 2.55 0.35×2 スタン
 ┣前派生 斬り抜け 146(63%) 60(-10%) 2.55 0.7 特殊ダウン
 ┗3段目 左薙ぎ 136(66%) 46(-7%) 2.0 0.15 よろけ
  ┣射撃派生 CVGモード【引き撃ち】 195(46%) 48(-10%)×2 2.7 0.35×2 スタン
  ┣前派生 斬り抜け 176(56%) 60(-10%) 2.7 0.7 特殊ダウン
  ┣後派生(1) 唐竹割り 172(50%) 14(-4%)×4 2.0 0×4 強よろけ
  ┃後派生(2) 疾風怒涛斬り 292(?%) 240(-?%) 5 (強制)ダウン
  ┗4段目(1) 左足蹴り上げ 193(54%) 85(-12%) 2.3 0.3 ダウン
   4段目(2) 斬り上げ 248(44%) 21(-2%)×5 3.3 0.2×5 ダウン

【前格闘】突き→斬りつけ→斬り上げ

前格らしいCVによる多段突き始動の格闘。
判定がCVの根本まであり、発生すれば判定出っ放しで突撃するためかなりの強判定。
加えて初段砂埃ダウン、伸び突進速度発生とよく、初段性能は高い。
特射からのキャンセルで振っていくことが多くなるであろう格闘。
ただしあまり動かないためカット耐性は並。最終段はN格出し切りと同じく空高く打ち上げる。

出し切りからのコンボ繋ぎはN格同様。
2段目からN格同様の前、射撃派生があり、1、2段目から特格にキャンセル可能。

前格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 突き 71(80%) 15(-4%)×5 1.75 0.35×5 砂埃ダウン
┗2段目 斬りつけ 131(65%) 75(-15%) 2.05 0.3 よろけ
 ┣射撃派生 CVGモード【引き撃ち】 190(45%) 48(-10%)×2 2.75 0.35×2 スタン
 ┣前派生 斬り抜け 170(55%) 60(-10%) 2.45 0.7 特殊ダウン
 ┗3段目 斬り上げ 183(53%) 80(-12%) 3.05 1.0 ダウン

【横格闘】右薙ぎ→返し左薙ぎ→2刀側宙叩きつけ

動作が素早く、かつダメージが高めの3段4hit格闘。
横格よろしく回り込みを活かして振っていきたい。
ダウン値が低く、BRやCSから出しきっても強制ダウンしない。

N格の2,3段目の威力が低く時間がかかるためパパッとコンボをしたいならこちらと特格を絡めるといい。
出し切りから最速左ステで対地からでも横格が繋がる。
高度があれば他の格闘も繋がる。
F覚醒時のダメージ効率がすさまじく、2回出し切るだけで300ダメージを簡単に消し飛ばす。
手早くダメージを取りたいときに重宝するだろう。

横格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 右薙ぎ 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣射撃派生 CVGモード【引き撃ち】 138(60%) 48(-10%)×2 2.4 0.35×2 スタン
┣前派生 斬り抜け 113(70%) 60(-10%) 2.4 0.7 特殊ダウン
┗2段目 返し左薙ぎ 129(65%) 80(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┣射撃派生 CVGモード【引き撃ち】 188(45%) 48(-10%)×2 2.7 0.35×2 スタン
 ┣前派生 斬り抜け 168(55%) 60(-10%) 2.7 0.7 特殊ダウン
 ┗3段目(1) 側宙叩きつけ 160(59%) 47(-6%) 2.4 0.4 よろけ
  3段目(2) 188(53%) 2.8 特殊ダウン

【後格闘】格闘カウンター

射撃ガード判定ありのカウンター。
成立時はビルドナイフとビルドカッターを分離し連続突き→ダブル突き→上に飛び上って回転唐竹割り。
発生がやや遅いが受付時間が長いため相手の格闘を読んで置いておく感覚で出せばいい。
カウンターを見て格闘をキャンセルする可能性は十分あるのでその後の状況を考えておこう。

他のカウンター系の例に漏れず、成立時初段の誘導伸びなどは貧弱なので注意。
相手と角度があったり距離が離れているとスカす。幸い相手はスタンしているのでスカしたら落ち着いて追撃しよう。

射撃ガード判定はゲロビだろうが最後まで防ぎきるタイプ。
全方位ではないが、盾判定発生中は背中のCVにも盾判定が発生する模様。狙ってできるわけではないのでオマケ程度に覚えておくといいだろう。

後格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
カウンター成立 スタン 0(100%) 0(-0%) 0 0 スタン
┗1段目 連続突き 100(76%) 18(-4%)×6 1.5 0.25×6 よろけ?
 ┗2段目 ダブル突き 190(60%) 31(-3%)×4 1.8 0.3 よろけ?
  ┗3段目 唐竹割り 254(44%) 100(-20%) 2.8 1.0 バウンドダウン


【BD格闘】斬り抜け→ツインランサー回転斬り→斬り抜け→ツインランサー突き→斬り飛ばし


BD格闘には珍しい4入力5段格闘。
右手のCVSで斬り抜け→手に持っていたCVを背中にマウントした後両翼のCVを連結させツインランサー回転斬り→
回転斬りの勢いのまま斬り抜け→下側のCVで突き→そこからツインランサーを回転させて上側で斬り飛ばす。

初段の伸び突進速度はよくクアンタBSBD格とまでは言わないものの胡散臭い当たり判定がある。ただし誘導は控えめ。
またスタンを上書きするスタン属性なためCSからコンボをつなげることが可能。
初段が外れてもHi-νのBD格の様に滑るため決定的な硬直を晒さない。
攻め継続などにも使えるため初段性能は優秀。

出し切り火力は高く下手な機体のフルコンボほど。ただしこの格闘のコンボ時間もそれ相応。

短くない足を止める動作が入ったりと2回の斬り抜けをする割にカット耐性は並。
大きく動いてるからといってカットを気にしないと簡単に被弾するので気を付けよう。
カットの用心として途中で特格〆するのも十分にあり。
最終段までのダウン値は低いので、BR・CSから拾っても出し切れる。

3段目の斬り抜けでかなり高く打ち上げるため、追撃はステキャン(フワステ)かディレイ必須。


BD格闘 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 斬り抜け 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 スタン
┗2段目 ツインランサー回転斬り 134(65%) 18(-3%)×5 1.85 0.03×5 砂埃ダウン
 ┗3段目 斬り抜け 186(53%) 80(-12%) 2.15 0.3 特殊ダウン
  ┗4段目 突き 230(33%) 45(-10%)×2 2.45 0.15×2 よろけ
   ┗5段目 斬り飛ばし 270(?%) 120(-?%) 5↑ 2.55↑ (強制)ダウン

【特殊射撃射撃派生】リミッター解除切り

「斬!」
素赤枠の特射射撃派生のような飛び上がってCVSモードで唐竹割り。
飛び上がりの頂点は高いが落下は若干遅めで、移動した高さからちょっと落ちる程度。
誘導は強いらしく飛び上がりから唐竹割りの間に180度向き直ることも。

ただしこの格闘自体の伸びはあまりなくBRのよろけに当たらないこともあるのでタイミングに気を付けよう。
接地判定がありズサでブースト回復も可能。
特射を出し続けるよりは射撃派生で移動距離を伸ばした方がブーストを抑えられる。

バウンドダウン属性なためダウン値が余っていれば追撃可能。
単発威力が高くズンダの〆やコンボ始動、バウンド放置など運用は多岐にわたる。
一種のピョン格の様なものであり飛び上がり頂点でキャンセルし、上を取りサブをねじ込むなどアヴァランチエクシア前特の様な運用もできる。

特射射撃 動作 単発威力
(単発補正率)
単発ダウン値 属性
射撃派生 唐竹割り 90(-20%) 2.0 バウンドダウン

【特殊射撃サブ派生】ガーベラ当て身→斬り抜け→納刀爆破


ガーベラの刀身を盾にして射撃バリア付きの突進を行い、当て身(剣道の体当たり)→斬り抜け→納刀爆破。
本機における数少ないガーベラを用いる攻撃であり赤枠系機体ではお馴染みの納刀爆破。
レッドドラゴンでは腰にマウントした鞘に納刀する。斬り抜け後から視点変更あり。
初段の伸びは並程度あるようだが突進速度がやや悪く当て身の判定も狭いのか動いてる相手には当てづらい場合がある。
また判定発生も並であるので射撃機相手でも暴れ格闘などに注意。

射撃バリアを活かしたねじ込みやあがき、カッコいいポーズを取りたい時を中心に振っていくことになる。
注意点として素赤枠と同様爆発前にスタン中の相手がよろけ以上の状態になると不発に終わる。
普通のカットもそうだが味方の攻撃などにも注意(味方の攻撃は半ばどうしようもないが)。

射撃バリアの効果は側面まであり、多少ズレていてもBRなどを防いでくれる。
ゲロビだろうが突っ切るが照射中にバリア判定が消えると焼かれるため移動ゲロビ読みでもない限り無理に狙わない方がいいだろう。
射撃バリア系の例に漏れずバズーカなどの爆風を伴う実弾系武装(バズ、核など)は弾頭は防げるが爆風は防げないで捲られてしまう。

特射サブ 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
サブ派生 斬りつけ 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 斬り抜け 100(70%) 50(-10%) 2.0 0.3 スタン
 ┗3段目 納刀爆破 240(25%) 200(-45%) 2.7 0.7 特殊ダウン

【特殊格闘】最カッコいいぜ!

[特殊リロード][属性:格闘/換装][効果時間:15秒/100]
「ドライグヘッドォ!」
ロックした敵にこの格闘をヒットさせるとCVのリミッターが解除され、イフ改の特格のようにポーズを取りつつ時限換装ゲージの出現と共に消費が始まり、機体の見た目と性能が一定時間(15秒)強化される。
見た目はドライグヘッドからビームアンテナが展開され、背部のCV2機が青い光を帯びる。
カッコよさ大幅UP以外の効果は機動力向上、慣性の乗りやブースト速度などが目に見えてよくなる。
また赤ロックがおよそ機体5機分延長する。

この移行は、「ロックした敵」にヒットした場合にのみ発動する。
したがって、ロックした敵ではなくロックしていない方の敵や味方にのみヒットした場合は発動しない。

通常、強化時共通して言えるが、オバヒ時はかなりの隙を晒すのでオバヒ間際で振る場合は注意が必要。
オバヒ間際は特射射撃派生や前派生でいらない隙を作らないのも大事。


  • 通常時
CVを逆手で持って単発横薙ぎ。特殊ダウンで打ち上げる。
伸び判定誘導突進速度とどれもよく、カチあったとしても相手は特殊ダウンで反撃を受けないと優秀な格闘。
強化できる点はこの機体のアドバンテージともなり試合の流れを決めると言っても過言ではないので射撃始動、コンボの〆などで積極的に狙っていきたい。

斬り抜けてクルリとポーズをとる直前の時点でゲージ回収&消費が始まっているのでポーズまで見る必要はない。
しかし最速でキャンセルすると強化されないのでその点には注意が必要。
地上や地上スレスレからでも強化してからの追撃がギリギリ間に合うので、〆だけではなくコンボにも組み込める。


特殊格闘 動作 単発威力
(単発補正率)
単発ダウン値 属性
1段目 横薙ぎ 80(-20%) 1.7 特殊ダウン

  • 強化時
強化中は初段に加え、飛び上がって追い付き叩き付けてバウンドさせる追撃行動(この時もCVは逆手持ち)が追加され、その後決めポーズを取ると強化ゲージが回復する。
強化中の特格はダウン値が低いのか、バウンドまでの出し切り4回で強制ダウン。
ダメージ効率が恐ろしくよく非覚醒4回出し切りで300。ただしブースト燃費は悪く4回も出すとほぼオバヒ状態になる。

初段は打ち上げ特殊ダウン、叩きつけはバウンドダウンなのでカットが来て中断してもある程度アドバンテージがあるため優秀。
出し切りを2・3度当ててCSかサブで〆ると高火力攻め継が可能。その上ある程度のカット耐性があると強力な性能になる。

こちらも強化を確認してからの追撃が間に合うが、通常時と違い出しきりでバウンドなので拾いが安定する。
最カッコいいを見てからの追撃は前ステ推奨。

強化中
特殊格闘
動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
1段目 横薙ぎ 80(80%) 80(-20%) 0.4 0.4 特殊ダウン
┗2段目 叩きつけ 160(62%) 100(-18%) 1.4 1.0 バウンドダウン


バーストアタック

リミッター全開解除アタック!&赤い衝撃/カレトヴルッフ Gモード【最大出力】

レバーN:リミッター全開解除アタック!&赤い衝撃

「根性ぉぉおおおおっ!!」

レバーN覚醒技。初段はSAあり。
ガーベラ切り(よろけ)→ガーベラ切り抜け(スタン)&納刀→
左翼Sモード袈裟切り(よろけ)→右翼Sモード切り抜け(砂埃打ち上げ)→
追いついて最後のSモードで袈裟切り(スタン)→左パンチ(強よろけ)→赤い衝撃

VV(ダブルブイ)操るターンレッドとフォビドゥン・レイダー・カラミティの改造機との戦闘において、
改造機達(VPS装甲)を3基のCVで撃破し、その後ターンレッドと殴り合いをしたシーンの再現。
MOOKではトドメが赤い一撃ではなく赤い衝撃と表記されていたので間違いではない。

火力は高いが攻撃時間は乱舞系の中でも長く、カット耐性も悪目。
動作自体は素早いものの5秒ほど完走にかかるため、敵相方をダウンさせてから当てても復帰後カットが間に合う。
特に最後の袈裟斬り→パンチ→赤い衝撃は動きが皆無なので、緑ロックでもカットされる。
高く打ち上げる動作が多いので上空に連れ去れば幾らかカット耐性が上がる。

ただし乱舞系の類に漏れず、初段となるガーベラ居合斬りの性能はなかなか凶悪。
発生・判定・突進距離がいずれも高水準でまとまっている上にスーパーアーマーがあるため、生当ての確定どころが案外多い。
また初段~2段目はダメ確定が速く且つ切り抜けるため、3段目まではそこそこのカット耐性・E覚抜け耐性がある。
総じて出し切り時の性能に難が多いが、2段目程度で撃破できる状況なら時限強化付きの高性能格闘に化ける。
また、緑ロックでの空振りならカウント90あたりで動けるようになる(X3の覚醒技と似た仕様)。うまく調整できれば有利なゲームメイクができるだろう。

極限技 動作 威力F/M/S,E,L補正率) ダウン値 属性
累計 単発(元値) 累計(単発)
1段目 斬りつけ 81/75/70(80%) 70(-20%) 0(0) よろけ
2段目 斬り抜け 146/135/126(65%) 70(-15%) 0(0) スタン
3段目 袈裟斬り 199/184/172(53%) 70(-12%) 0(0) よろけ
4段目 斬り抜け 245/227/212(43%) 75(-10%) 0(0) 砂埃打ち上げダウン
5段目 袈裟斬り 277/257/239(28%) 23(-5%)×3 0(0) スタン
6段目 左パンチ 288/268/249(18%) 35(-5%) 0(0) 強よろけ
7段目 赤い衝撃 328/305/283(?%) 145(-%) 5↑(5↑) 強制ダウン(縦回転ダウン)

レバー後:カレトヴルッフ Gモード【最大出力】

「キャノンモード!」
レバー後覚醒技。ビームが出るまではSAあり。
手持ちのCVGモードを上に掲げた(ここまでで視点変更有り)後両手で構え、背部の2基と同時に照射ビームを放つ。
SEED系ではあまり見ない蛍光緑色の太いゲロビ(クシャゲロビに近いSEEDビーム色)。
アストレイ系では初の純射撃型の覚醒技。威力は照射系覚醒技にしてはやや控えめ

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン・CS始動
メイン(CS)≫メイン≫メイン 147(166)
メイン(CS)≫メイン→特格 151(171) 打ち上げダウンを取りつつ最カッコいい
メイン(CS)≫メイン→強化特格N 171(201) 最カッコいい継続
メイン(CS)≫サブ初段>メイン 165(186) カットが心配な時にでも。最後が特射射で174(197)
メイン(CS)→サブ初段→(or特射)特 169(191) ズンダより火力を出しつつ最カッコいい
メイン(CS)→サブ初段→(or特射)強化特N 194(226) 火力を出しつつ最カッコいい継続
メイン(CS)≫(or特射)NNNNN 210(248) 基本だが長い カットを気にするなら適当なところで離脱しよう
最後が特格でも同じ
メイン(CS)≫(or特射)NNN後 226(276) 疑似タイ状態の時にでも
メイン(CS)≫(or特射)前NN 185(212) 高く打ち上げる 前初段の当たり方次第で強制ダウンしない?
メイン(CS)≫(or特射)前N射→特射射 200(238) 火力UP&よく動く。射撃派生の時点で186(215)の攻め継続
メイン(CS)≫(or特射)前N前 178(203) 高く打ち上げる やや安くなるがカット耐性UP
メイン(CS)≫BD格NNNN 214(256) 留意点はN格繋ぎと同じ
メイン(CS)→特格>強化特N 196(227) バウンドダウン
メイン(CS)→強化特N>強化特N>メイン 221(262) 最後のメインは後ろフワステ推奨
メイン(CS)→特射サブ派生>背面メイン 231(267) サブ派生の時点で217(253)
???
サブ始動
サブ初段>NNNN≫背面メイン 272
サブ初段>NNN後 270
サブ初段→特格>強化特N>強化特N 253
サブ初段→特射サブ派生>背面メイン 267 サブ派生の時点で253
???
N格始動
NNNN>NNN後 292 カット耐性はお察し
NNNNN≫背面メイン 287 繋ぎは後BD
NNNNN→特射→特格 284
NNN射→特射サブ派生 268 カット耐性はお察し
前格始動
前>NNN後 272 前Nだと265
前N前>前N前 247 カット耐性良好。最後が前NNで251
前N前>前N→特格 251 ↑の特格〆
前N射→特射サブ派生 260 カット耐性はお察し
横格始動 横N始動は前N始動から-2ダメージ
横>NNN後 266 横Nで263、カット耐性皆無
横→特格>強化特N>メイン 233
横N→特格>強化特N 242
横N→強化特N>強化特N>メイン 265
横N>NNNNN 251 基礎コン。特格〆で254
横N射→特射サブ派生 258 カット耐性はお察し
横NN(1)>横NN 252 基礎コン。最後が前派生で246、射撃派生で250
後格始動
後(スタンのみ)>各種コンボ ??? 煮るなり焼くなりカッコよくなり
後NN→CS→特射→特格 307 カウンター確認から溜められる
後NN>特格>強化特N 320 高火力
BD格始動
BD格NNN(出し切り前)>BD格NNN 293 ロマンコンボ カット耐性はお察し
BD格NNN(出し切り前)>NNN後 295 ロマンコンボ
特格始動
特格>NNN後 281 始動が強化特格Nでも同ダメージ
特格>強化特N>強化特N>強化特N 278 1回目の虹は横ステ、2回目以降は前ステ
強化特N>特射サブ派生>背面メイン 297 サブ派生の時点で283
強化特N>強化特N>強化特N>強化特N 300 高火力だがゲージの消費が激しい 3回目4回目はタイミングを見計らう必要あり
特射派生始動
特射射撃派生>NNN後 291 ダメ重視
特射射撃派生>BD格NNN(出し切り前)>特格 278 BD格出しきりで288
特射サブ派生2段目>NNN後 256 あまりダメは伸びない。サブ派生初段からなら261
特射サブ派生≫特射サブ派生 280 魅せコン
覚醒中 F/M/E,L
メイン→強化特N>強化特N>覚醒技 304/291/271 始動がCSで350/335/312
サブ初段→強化特N>強化特N>強化特N>覚醒技 360/351/327 サブ初段>覚醒技で302/281/261
NNNNN>覚醒技 364/354/339
前N前>NNNN>覚醒技 353/351/311 始動が横だと353/349/306
横NN>横N→強化特格N 317/295/275 覚醒時主力。横NN>横NNで305/285/265
横NN>横NN(1)>覚醒技 354/341/318
BD格NNNN(最終段前≫BD格NNNN(最終段前)>覚醒技 364/353/338 半覚醒だと完走できないほどコンボ時間が長い
BD格NNNN(最終段前)>覚醒技で351/328/307
強化特格N>特射サブ派生>覚醒技 366/354/340
??/??/??
F覚醒中
サブ初段>横NN>横N→強化特格N 306 最後が横格出し切りで296
サブ初段>横NN>横NN(1)>覚醒技 352
NNNNN>NNNNN>強化特格>覚醒技 381 暫定デスコン
前N→強化特格N×3>覚醒技 362 始動が横Nでも362
横NN>横N→強化特格N>強化特格>覚醒技 364 2回目の強化特格を出し切りで339
強化特格N×5>覚醒技 370

戦術

射撃で牽制、隙を見計らって特射で距離を詰め、格闘を刺すという格闘寄り万能機の王道に従い戦う。
メイン、CSの2つにより最低限の射撃戦はこなせるが、すぐに弾切れになるので長々と付き合うべきではない。
高速移動できる特射により、手軽に接近できるのはレッドドラゴンの大きな強み。
そこから各種格闘、上が取れる射撃派生、バリアが付くサブ派生と択も豊富。
非強化状態だとブースト消費が荒いので、乱用すると逆に自分の首を絞めかねないので注意。

格闘が入った時の行動だが、大前提として『非強化状態なら特格優先』を意識しよう。
強化に成功すると機動力が向上し、特射の燃費も良くなる。
また特格自体も強化されるのでさらなるダメージUPが期待できる。
強化状態での近距離戦はこちらが優位に試合運びが出来るので、ぜひ狙っていこう。
ただしオバヒ時の特格は隙を晒すので、その時は周りの状況をよく確認すること。

近距離戦で最も輝くのはサブ。
高速の発生により、起き攻め、迎撃、硬直取りなど多岐に使用できる。
補正も良好で、サブ始動でも大ダメージを与えられるので火力を気にして控える必要もない。
レッドドラゴンの近距離での強さを支えてる強力な武装である。
射程や判定が独特で慣れるまでは戸惑うかもしれないが、
これを使わないならレッドドラゴンを使っている意味がないので必ず活用しよう。

またレッドフレーム系列の例に漏れず覚醒時の荒らし力は高い。
特にレッドドラゴンは自己強化が出来るので、そこに覚醒が重なった時の爆発力はピカ一。

ただし僚機との連携が重要なのもレッドフレームと同じ。
考えなしに突っ込んでいては勝てるゲームにも勝てないので、足並みを揃えることを意識したい。

EXバースト考察

「出力全開!レッドドラゴン…行くぜええええ!」
  • Fバースト
格闘攻撃補正:+15%
格闘寄り機として比較的オーソドックスな作りなのを活かせる。
近距離でのBR→前格など低コスには悪夢のような択が可能になる。
BR始動だろうが特格を絡めれば250は消し飛ばせるため、やはり単純ながら強力な覚醒。

  • Eバースト
火力と引き換えに高い防御補正に寄って高い安定性がある覚醒。
特射前格で追いかけ、相手の迎撃武装を食らったら抜け覚してさらに追い込むなど他2つの覚醒とは違う攻めも可能。
また単純に緊急回避択としてもいいだろう。
ただ、覚醒ドライグヘッドで場を荒らしたいレッドドラゴンとしては考えもなくF覚醒を捨ててこちらを選ぶのはやや悪手と言ったところ。
固定で30前衛機と組む時の保険やシャフでの事故を減らしたいならありと言える。

  • Sバースト
メイン連射で追い込み特射キャンセルで斬り込みなどが可能になる。
さらに強力なサブの回転率をあげられるのも大きなメリット。
しかし射撃択が少なくF覚醒の火力と比べるとやはり恩恵自体は少な目。

  • Lバースト
固定向きだが、覚醒で荒らしたいレッドドラゴンとしては自分が使うよりも
相方に使ってもらいたいところ。

  • Mバースト
格闘攻撃補正:+7% 射撃攻撃補正:+5%
機動力が大きく上がり、相手に詰め寄りやすくなる。
Fほどではないが多少攻撃補正がかかるのも嬉しい。

僚機考察

格闘寄りの機体であること、まず一度触らないと自己強化できないこと、
そして非強化時は前衛としても心許ないことから相方選びは難しくなる。
レッドドラゴンを牽引してくれる前衛機か、遠距離からダウン取りができる射撃機が好相性か。
首尾よく特格を当てられれば、他の機体にはない「強化のループ性」により長時間ペースを握れる。

3000

2500

2000

1500


外部リンク


コメント欄

名前:
コメント: