騎士ガンダム

フルアーマー形態の武装解説等についてはフルアーマー騎士ガンダム
正式名称:KNIGHT GUNDAM パイロット:なし
コスト:2500 耐久力:650  変形:× 換装:△
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ナイトソード【衝撃波】 3 70 射程限界のない衝撃波
射撃CS ナイトソード【投擲】 - 80
サブ射撃 ナイトシールド【投擲】 1 60
N特殊射撃 電磁スピア【スパーク】 1 20~101 自分にも当たる
レバー後特殊射撃 電磁スピア【スパークファイア】 90 2hit時の威力
格闘CS 伝説の石版 100 - フルアーマー騎士ガンダムへ換装
格闘 名称 入力 威力 備考
後サブ射撃 ナイトシールド【カウンター】 サブ射撃(1) 141
前特殊射撃 電磁スピア【突進】 特殊射撃(1) 95 射撃派生有り
派生 前特射→射 206~221 即派生で最大ダメ
通常格闘 ナイトソード NNN 184
派生 三連撃 N前
NN前
191
223
派生 ジャイアントスイング N後
NN後
145
182
前格闘 電磁スピア百烈突き→突き刺し&電磁爆破 213
横格闘 横薙ぎ→突き→二連斬り払い 横NN 194
派生 三連撃 横前
横N前
186
214
派生 ジャイアントスイング 横後
横N後
145
182
後格闘 跳躍突き上げ&電磁スピア突撃 130
BD格闘 斬り抜け→サーフィン斬り BD中前N 123
特殊格闘 ナイトソード【回転斬り】 95
バーストアタック 名称 入力 威力
F/M/S/E&L
備考
ラクロアの勇者 3ボタン同時押し 339/315/294


【更新履歴】

19/01/30 新規作成

解説&攻略

『SDガンダム外伝』から生まれた『騎士ガンダム』シリーズより、SDガンダム30周年記念としてVSシリーズ初参戦。
ラクロアに突如現れたガンダム族の末裔で謎多き存在。厳密に言うと機体ではなく生身のキャラクター

通常時と、強化時のフルアーマー騎士ガンダムを扱っていく時限強化機。
通常時はMF式の地走だが、強化時は通常BDに変わるという独特な仕様。

武装バリエーションが非常に豊富で類を見ないような射撃を多く取り揃えており、得意距離はやや近接。
全体的にプレイ感が独特であり、時限強化のメリハリは分かりやすいが上級者向けの機体となっている。
どちらかといえば両前衛や先落ち視野の戦法が得意。

このページで紹介する通常時は地走なので素早く距離を調節しづらく、我慢の形態。
悪くない攻撃性能はあるが、その全てで足が止まるので隙を晒さないように気を付けながら戦おう。

なお元々は低い頭身にデフォルメされたキャラだが、本作ではリアル頭身のアレンジ版で登場(対戦ゲームでは史上初)した。
哀しい事にCVは無い。無双など他作品ではこの頭身でも声があるのにこうなった理由は不明。
バーストアタックを含め、OVAで描写されたアクションが豊富。


射撃武器

【メイン射撃】ナイトソード【衝撃波】

[撃ちきりリロード:3秒/3発][属性:][よろけ][ダウン値:2?][補正率:30%]
ナイトソードから三日月状の衝撃波を放つ。接地撃ち可。
発生早めで射程限界もなく、範囲・弾速も十分。この系統の武装の中では優秀。
特格にキャンセル可能で、これにより特格ズサキャンが比較的簡単に出来る。

足が止まる以外は強力なのでブーストと相談してプレッシャーをかけていこう。
撃ち切りリロなので1発あまらせる事のないように回していきたい。

【射撃CS】ナイトソード【投擲】

[チャージ時間:??秒][属性:][弱スタン][ダウン値:2][補正率:20%]
ナイトソードをオーバースローで投げつける。ヴィダールの射撃CSに近い。
OVA『ラクロアの勇者』でタートルゴッグに剣を投げつけたときの再現。
射程限界有り。

射撃武装の中では補正が緩くダメージが伸びる。
しかしメインと比べて誘導以外の性質はほぼ劣っており、便利なそちらに比べると影が薄い。
メインが枯渇するというわけでもなく地走の通常時に投げまくると隙を晒すだけなので封印する立ち回りもあり。

【格闘CS】伝説の石版

[チャージ時間:1.5?秒][リロード:11秒][持続:17秒][クールタイム:6秒][属性:換装+オーラ][スタン][ダウン値:1?][補正率:15%]
「オーノホ・ティムサコ・タラーキ」の呪文によって騎士ガンダムに三種の神器を装備させる石版。
強化状態に移行した直後にスタンのプレッシャーを放ち、前述の通り強化状態時は通常BDとなる。

プレッシャー発動は非常に早いが僚機を巻き込みやすいので使う時はマップをしっかり見ておきたい。
強化換装自体はボタンを離した直後に行われるが、プレッシャーは一瞬後に放たれるためその間に被弾してしまうとプレッシャーが出ない事がある。

このプレッシャーを期待してこちらが狙われそうなタイミングで残しておく立ち回りもあるが、
延命を考えない場面であればどんどん時限強化を回していかないとダメージ負けするので、あくまでおまけの効果。
通常時ダウンさせた後溜めながら張りついて起き攻め…などは有効。

【サブ射撃】ナイトシールド【投擲】

[撃ちきりリロード:??秒/1発][属性:][仰け反りよろけ][ダウン値:][補正率:%]
後入力以外。ナイトシールドを投擲、レバーを入れた方向に向かって飛び、機体の正面目掛けて半円を描いて戻ってくる。
アルトロンなどの投擲攻撃に似た挙動を取るが、盾が小さくそう簡単に当たるものではない。

一応当たれば仰け反りよろけであり、特にデメリットもないので近接でゆるい封鎖択として使えるが、メインが汎用的すぎて影が薄い。

【特殊射撃】電磁スピア

[リロード:8秒/1発]
スピアを扱った攻撃。レバー入れで3パターンあり。
通常時は弾数1。メインと並ぶこの機体の主力武装。

【N特殊射撃】電磁スピア【スパーク】

[属性:][よろけ/ダウン][ダウン値:][補正率:%]
自機を中心にして半径機体五機分程の円上に雷を落とし、地面で爆発。剣突き上げモーションにスパアマあり。
完全同時に雷が降ってくる訳ではなく機体正面から時計回りに雷が降ってくる。 雷一本でも降ってきたらBDキャンセルしても消えない。
BDキャンセルが早すぎるとすると弾が出ない。高空から出すと雷が地面に届かないので爆風が出ない。

自機にも爆風は当たる。無論相方にも当たる。
使った後普通のタイミングでBDキャンセルすると当たるように出来ているため使い慣れない自爆の光景が多々。

非常に扱いづらい技だが、自衛や引っかけを期待したトラップとしての用途がある。
覚醒格闘機からの自衛などで打ってからの盾などは択の一つ。
起き攻めなどでも扱えなくもないが、隣接で意味が無く自分の動きが制限され無敵で凌がれるのでさすがに厳しい。

安易な使用は相方のヘイトも助長する上、考えなしに撃って当たるものでもなく主力の特射の弾を食う事自体がネックで、熟練が必要。
サブと異なり攻撃範囲自体は広いのでアイデア次第で活かせる事はある。

【後特殊射撃】電磁スピア【スパークファイア】

[属性:][弱スタン][ダウン値:1?][補正率:20%*n]
地面まで槍を突き立て、直線上に雷柱を走らせる。当たるとスタン。
1hit50ダメージ(-20%)であり、大概は2hitの90ダメージになる。
トライバーニングのサブと同系統の武装。建物を無視して進む。弾の消費は接地して衝撃波が出た瞬間。

トラバニのと比べて誘導と柱の高さは劣るが弾速が早く、奥への射程が長い。
総じて軸を合わせると中距離で地表付近の敵に差しやすいような性能になっている。

判定も大きいため警戒されてもかなり胡散臭い当たり方をする。
存分に回して盤面に圧力をかけていこう。
補正はかなり重いが仕方がない。

格闘


【通常格闘】ナイトソード

袈裟斬り→横薙ぎ→突きの順で攻撃。
よくある三段格闘。悪くはない初段性能だが通常時に頼る格闘ではない。前派生を考えなければコンボ用としても横の方がダメが伸びるので注意。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 65(%) 65(-%) よろけ
┗2段目 横薙ぎ 123(%) (-%) よろけ
 ┗3段目 突き 184(%) (-%) ダウン

【N格・横格前派生】三連撃

前派生で袈裟斬り→盾殴り→斬り抜け。強化状態で段数追加。

【N格・横格後派生】ジャイアントスイング

後派生でジャイアントスイング。OVA『ラクロアの騎士』冒頭にてキラーズゴックを湖に投げ飛ばしたときの再現技。
ジ・Oの前格闘を彷彿とさせるが、直接出せるわけではない。また、デスヘルメイン射撃後格闘派生と違いロックを変えた先へは投げない。

格闘前後派生 動作 累計威力
(累計補正率)
単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値
(単発ダウン値)
属性
N1 N2 横2 N1 N2 横2
前派生1hit 袈裟斬り (%) (%) (%) (%) (-%) ? ? ? (?)
前派生2hit 盾殴り (%) (%) (%) (%) (-%) ? ? ? (?)
前派生3hit 斬り抜け (%) (%) (%) (%) (-%) ? ? ? (?) 特殊ダウン
後派生 掴み (%) (%) (%) (%) (-%) ? ? ? (?) 掴み
回転投げ (%) (%) (%) (%) (--%) 特殊ダウン

【前格闘】電磁スピア【百烈突き】

百裂突きから突き刺し→吹き飛ばし。
伸びが良いが百烈突きは距離によって当たり方にムラが出る。
後半部分は長い間足を止めるためカット耐性は無い。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 百裂突き 5~59(%) 5(-%)×
┗2段目 突き刺し 91(%) (-%) 掴み
137(%) (-%) (掴み継続)
電磁爆破 213(%) (-%) 5↑ (強制)ダウン

【横格闘】ナイトソード&電磁スピア

2段目のダウン値がやや低い?
伸びこそ万能機レベルだが回り込みがよく、初段は全体的に高いレベルでまとまった格闘。
格闘機相手への切り返しとしては十分すぎる性能であり、発生も並以上はあるので多少強気で振っていける。
一見もっさりした三段格闘だが出し切り火力が地味に高く、前派生に繋がない場合はN格闘より威力が出る。
あまり長々とコンボしたくないならこちらが選択肢にあがる。
N格闘と同様の派生有。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 ソード薙ぎ 60(%) 60(-%) よろけ
┗2段目 スピア突き 114(%) (-%) 強よろけ
 ┗3段目 ソード薙ぎ払い 135(%) (-%)
ランス薙ぎ払い 194(%) (-%) 特殊ダウン

【後格闘】跳躍突き上げ&電磁スピア突撃

その場で切り上げ上昇を行い、判定でっぱなしの突きで相手を追う格闘。
ダイナミックに動くがワンコマンドで出し切る。PセルフのBD格のような動きを1段にした技。
一度飛び上がる上に上方向の誘導が凄まじい為、誘導を切らない高跳び等にはほぼ突き刺さる。

ブースト効率がよく緑ロックで使用する事によって長距離移動のあがきも可。
通常時は特格を軸にした立ち回りが基本となる機体ではあるが、この格闘と後特射と合わせた三次元的な機動もあることを念頭に置くと立ち回りに幅が出る。
電磁スピア突撃部分が地面に当たると極小規模の爆風が発生する。攻撃判定有り

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突き上げ 60(82%) 60(-18%)
スピア突撃 134(67%) 90(-15%) 特殊ダウン

【BD格闘】斬り抜け→シールド搭乗斬り

一般的な斬り抜け→ナイトシールドに搭乗し再度斬り抜け。
BD格闘らしく伸びが良く、よろけに対する咄嗟の追撃に役立つ。
特殊ダウンだがすぐに追撃しないと落としてしまうので注意。
追撃用にCSを溜めておくのも良いだろう。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り抜け 65(%) 65(-%) 砂埃ダウン
┗2段目 サーフィン斬り抜け 123(%) (-%) 特殊ダウン

【特殊格闘】ナイトソード【回転斬り】

ナイトソードを一回転しながら振り払う、接地判定有。
特格→ステップを繰り返すことで誘導を連続で切りながら移動できる。
ノーベルのものを彷彿とさせるがそちらほどステップが早くはないのでそこまで盤石ではない。
中距離タイマンではほぼ安定行動になるが、近距離だとステップを食われる事もある。
地上での足回りを補う要となる技。

ちなみに開幕地点で自機も僚機も動いてない場合、特格を振ると味方に当たる。

特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 回転斬り 95(%) (-%)

【後サブ射撃】ナイトシールド【カウンター】

ナイトソードを収納したナイトシールドを構える格闘カウンター。射撃ガード判定あり。
カウンター成立と同時に弾数を消費し、ランスで2回横薙ぎ。
リロード中は使用不可。

優秀な射撃バリア付きカウンターで、メインや前特射で迎撃が難しいトランザムライザーなどに一考の余地あり。

後サブ射撃 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 ランス回転斬り (%) (-%) よろけ
(%) (-%) 特殊ダウン

【前特殊射撃】電磁スピア【突進】

電磁スピアを正面に構え突撃する。射撃派生有り。
前面に射撃ガードが有り、イメージとしてはアヴァランチエクシアのN特格に射撃バリアが付いている状態。

射撃防御付きの格闘にしては発生や伸びが悪くなく、なおかつ判定を出しっぱなしで突撃するためかち合いにも強い。
その上で補正が緩くコンボの始動としてダメージも期待できると非常に強力な武装。
唯一の難点が後特射と弾数共有なことで、どちらも封印するには勿体ない武装であるため相手や状況に応じて使い分けよう。

射撃派生はその場で止まってスピアからゲロビ擬きを放つ。視点が背中に被されている形なので、分かりづらい。
瞬時にダメージが入るので手早くダメージを取り終わらせたいなら射撃派生で良い。突進がヒットしないと射撃派生出来ない。
非覚醒時とF覚醒以外はすぐに射撃派生をした方がダメージが高い。逆にF覚醒時は前特射フルヒットの方がダメージが高い。
また、相手が射撃バリア系武装を使用していた場合は防がれてしまい、尚且つ自身がよろけてしまって攻撃が中断されるので注意したい。

動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突進 10~95(80%) (-%)× × 砂埃ダウン
┗射撃派生 206~221(%) (-%) 5↑

バーストアタック

ラクロアの勇者

機体を赤熱化させながら敵機を炎の剣で突き刺し、光とともにそのまま突き抜ける技。
OVA『ラクロアの勇者』において、ブラックドラゴンにとどめを刺したときの再現技。
身体が赤熱化するのは、ブラックドラゴンの魔法を跳ね除けて、炎を纏いながら立ち向かったシーンの再現である。

通常時は発動と同時に雷を受けフルアーマー騎士ガンダムへ強制換装、ゲージがリロード中でも100に回復する。
忘れられがちだがこれで換装回数を稼げるのは覚えておきたい。
しかし、通常時だと格闘からのコンボに繋げると発生が遅すぎて盾が間に合ってしまう
特射等でスタンさせてから使うか、相手が格闘を振って来る時にカウンター気味に発動すると良い。
通常時、FA時問わず突き刺しモーションに移行するまではスパアマ付き。全段掴み属性の為途中で倒したら落下する。

初段命中の有無を問わずに換装と突き刺し移動がスタートする。
突き刺し移動の距離は非常に長く、サイド7の端から端まで行けるほど。
しかし換装モーション時に敵機に向いてしまう為、緑ロックの逃げには使えない。(FA時ならそのまま逃げに使える)
換装目当てで撃つ場合もこの点に注意。

極限技 動作 威力F/M/S&E&L ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突進突き刺し (%) (-%) 掴み
2段目 追撃 (%) (-%)× 掴み
3段目 突き抜け 339/315/294(%) (-%) (強制)打ち上げダウン


コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
メイン≫メイン≫メイン 147
メイン≫後特射(2hit)≫メイン 151 後特射が1hitだと140
メイン≫後特射(1hit)≫BD格N 161
メイン≫NN前 202 メイン始動の基本
メイン≫横NN 190
メイン≫BD格N≫BD格 175 ↑でいい
後特射始動
後特射(2hit)≫メイン≫メイン 153 後特射が1hitだと141
後特射(2hit)≫NN前 191 基本
後特射(1hit)≫NN前>(後)N 230 後特射1hitだとここまで入る。繋ぎは最速バクステ
後特射≫前出し切り 187 後特射1hitだと205
後特射≫横NN 185
格CS始動
格CS≫強化メイン≫強化メイン 112 プレッシャー始動の基本
格CS≫Nサブ 169
格CS≫前特射射撃派生 157~166 手早く終わるが特射が少しもったいない
格CS≫NNNN>BD格 212 安定コンかつ打ち上げる
格CS≫NNN前 204 時間の割に全く伸びない、非推薦
格CS≫BD格NN>(後)N 206 カット耐性高
N格始動
NN前>NN前 260
前格始動
???
横格始動
???
後格始動
後N>NNN 244 N前派生だと248
後N>後N 220 カット耐性と時間効率がよい
(後)N>NN前派生>(後)N 291 通常時デスコン候補。後格が通ったときに
???
BD格始動
BD格N>NNN 233 N前派生だと237
BD格N>後 209 後は両方当たる、カット耐性があり技後も慣性が乗る
前特射始動
前特射≫NNN 234 NN前派生だと257
前特射(フルヒット前)>NN前>(後)N 270 前派生からの繋ぎは最速バクステ
前特射(フルヒット前)>前出し切り 250
覚醒中 F/M/S/E&L
後特射(2hit)≫NN前>覚醒技 260/253/??/229
後特射(2hit)≫BD格>覚醒技 223/219/??/206
前特射>NN前>覚醒技 352/334/??/302 高火力かつ強化へ移行。余裕があれば狙いたい
前特射>BD格>覚醒技 344/321/??/299 ↑より早く終わる
前特射射撃派生 261/239/233/226 F覚醒時は時間効率が良い
前特射(1hit)射撃派生 247/254/256/245
横NN>後特射>覚醒技 ??/??/?? PVコンボ 出し切りから(最速?)左ステ

戦術

通常時は足の止まる武装しかない地走機と言う特性上、OVAの騎士ガンダムの性格と同様にかなり謙虚な立ち回りとなる。

多彩な武装があるので初乗りだと戸惑うが、武装の性能差は大きいのでそれを理解すれば案外シンプルに動かせる。
基本的にこの機体はメインと後特射の2つの射撃が優秀なので、それをもとにして全てを組み立てていくとよい。

攻撃を振りまくるとブーストは真っ赤なので節制は大事。
特格ズサなども活かして換装までは堅実に立ち回ろう。

他の時限強化キャラに比べ、騎士ガンダムはかなりインターバルが早い調整になっている。
20秒かからずに格CSが溜まり、その後20秒続かずにフルアーマーが終わるので、考える事が多く目まぐるしい。
扱いなれないうちは通常時はあくまでも射撃と迎撃のみを考えて使った方が戦果が出るかもしれない。

武装自体はかなり胡散臭いものが揃っているので回り始めると英雄的な活躍も期待できる。

重要な点として覚醒換装がなく、リスポンでゲージも溜まっていないため、深くコスオバするととにかく弱い。
ラストに即刻狙われるパターンだと一瞬で決められる危険性があるので、シャッフルでも場合によっては先落ちを譲ってもらおう。
他に注意すべき所としては、攻撃範囲がかなり広い武器が多いので、誤射に気をつけないと相方の勝ちをみすみす潰すことになりかねない。

EXバースト考察

覚醒による換装はない。しかし通常形態の覚醒技で強制換装できるのは重要。
通常形態の覚醒技は緑ロックで撃とうがスキだらけなので、あくまで余裕がある時は普通の時限強化と重ねて使いたい。
最も理想的なのはフルアーマー中に敵を追って覚醒し、戻った直後に覚醒技で換装。
5種全てに使う理由がある珍しい機体の一つで、基本的にはこのみ。

  • Fバースト
格闘攻撃補正15% 防御補正15%

換装中は豊富で強い射撃から、これまたバリエーション豊富な強力格闘にキャンセルできる。
横格・BD格・下格・前特射がかなり優秀なので、格闘の伸びが上がるこれは十二分にあり。有力な選択肢。
補正のノリも凄まじく、防御補正も高いため中々強気に攻めていける。
強化中の格闘コンボを決めれば一瞬で350付近のダメージを奪い、攻め継続の択も豊富。
射撃始動からの格闘も250近いダメージを狙えるので、爆発力では群を抜いている。

反面通常形態で使うと素の機動力の遅さが足を引っ張り、攻守ともにやや不足する面が目立つ。
なるべくなら強化形態に合わせたい覚醒であり、自衛や覚醒調整など扱いが難しい覚醒。


  • Eバースト
防御補正30%
武装で足が止まり、通常時の足回りの悪さも相まって事故防止の受身覚醒の恩恵はかなり助かるものとなっている。
強制換装がないのでヒット確認覚醒でダメージが伸ばしづらい事を考えても、地味に噛み合っている。
後衛をやるなら有力な選択肢。

  • Sバースト
射撃攻撃補正5% 防御補正15%
基本的には射撃で足が止まることから、一般的なS覚醒の落下ルートの構築ができないが下特殊射撃で降下自体は可能。
また強化中格闘CSのように高速化の恩恵が欲しい武装もあるが、前作のようにチャージ武装のチャージ時間短縮は今作の仕様にはないのでその点は注意が必要。
リロード向上による特射の恩恵が強く、これに青ステが重なって嫌らしい押し付け択にできる。
攻撃性能が高いのでやってみると案外悪くはない。

射撃補正がM覚醒と1%しか変わらない点は注意。大ダメージを奪えるような覚醒ではない。
また、下特射の性質上高空に逃げる相手にはかなり機能しづらい。

  • Lバースト
強制換装こそないがリロードは早まり、覚醒技を振れる回数も増えるために、L覚醒はそのままフルアーマーを増やしやすい。
3000の後衛というよりは前衛か中コスト以下同士で組んだ方が向いている都合上、これも弱いわけはない。定番のL&L戦法が機能する。
ただし基本的には時限強化まで待ってから覚醒して、終わり際に覚醒技という流れをしたいのに対して、L覚はなにがなんでも無駄に覚醒を吐くべき場面というのがやはり求められるため、他の荒らし機体ほどフル活用できるかというと微妙なところではある。
いっそ覚醒は味方にゲージを与えるものと割り切って、換装を待つだけのスタイルでも良いかもしれない。

  • Mバースト
射撃攻撃補正4% 格闘攻撃補正7%
射撃は強いが足が止まる騎士にとっては青ステの恩恵は有難い。
また射撃格闘どちらにも攻撃補正が乗る反面、SやF覚醒とは補正の乗る数値で大きく水を開けられている。
射撃補正はS覚醒と大差なく、防御補正は機動力の上昇を活かせば補えなくもない。
しかし格闘関連ではF覚ほど無茶は効かずダメージ効率も大きな差があるため、この覚醒を選べばとりあえずOKというわけではない。

通常時でも機動力上昇を生かして近づき易くなるのはかなり助かる。
自分の覚醒で何とかしたいと思うなら、これを選んで間違いは無い。
ただし覚醒時間はやや短めなので、展開を早める覚醒ではあるが落ち着いて使用すること。

僚機考察

あくまで強化換装機なので基本的には高コストと組んで後衛が基本。
基本的には強化中・生時ともに擬似タイマンが強い機体なので、相方もタイマンが強い機体が好ましい。それでいて強化換装までの時間を稼いでくれる相方を探すことになる。
一度換装してしまえば距離を問わず全機体にプレッシャーをかけれるだけの性能があるため、荒らし能力や試合を動かす能力はこちらで受け持とう。

また、生時は自衛能力は十分だが射撃能力に乏しいため、中距離での射撃戦能力もある程度相方に求めることになる。
相手を動かす弾幕を張れる相方であれば下特射を当てる機会にも恵まれる他、こちらがスタンさせた相手をダウンさせてもらえる。
一度流れを作れば擬似タイや起き攻めで生時でもダメージを奪うチャンスとなる。
時間稼ぎの面もあるので、特にダウンを取りやすい射撃持ちが最優良。

下格や特射で緩和されてはいるものの、地走特有の弱点武装などが存在し、自衛が不安定になりやすい部分がある。
そういった状況では救援に来てもらったり、前後衛のスイッチを行う必要があるので相方の機動力は割と重要。
特に上昇能力が高いと地走行動が取りやすくなるので良い。

相方に求める要素は多いが、生時の自衛と強化中の強さは胸を張れるレベルにあるため、役割分担をしっかりすれば環境機体相手にも引けは取らないコンビになれるだろう。

3000

基本は高コストの後ろに隠れて強化待ちとなる。
コスオバ時の耐久力と換装の無さが最大の弱点だが、生時でも自衛力だけはそこらの25より高いのでこの機体のと言うより25全体の問題だろう。
とはいえ、地走ゆえの相性問題などもあるので、途中から前後衛がスイッチできる相方だと更に良い。

騎士ガンダムを囮として爆弾も出来なくはないが、その場合機体相性がかなり出るので注意。
爆弾としては落ちた直後にできることが少なく、覚醒のみでの強化も薄いのでトライバーニングなどのほうが優秀。
どうしてもやるならば攻めのメリハリで差をつけたい。

  • ガンダムヴァサーゴ・CB
  • ターンX
  • トールギスIII
中距離で高い期待値があるのにもかかわらず、場合によっては先落ちもしてくれる。
疑似タイさせても簡単には崩れない。
要は騎士がやりたいようにやって合わせてくれるので非常にやりやすい味方。

  • ガンダム・バエル
見た目騎士コンビ。きっかけを作って疑似タイに持ち込めるかどうかになるが、フルアーマーは切れるとこちらは敵を縛れない。
ハマれば楽しいが、コスオバが怖いのでトライバーニングの方が安定ではある。

  • エクストリームガンダム type-レオスII Vs.
時限強化になったヴァサーゴと組む感じ。安定はしないものの、開幕のゲージが溜まる時間がほぼ同じなので案外噛み合いやすい。
一気に荒らされる相手にはきついが、奥手にやってくれる相手になら勝ちを拾いやすい。

2500

2機で足並みを揃えやすくなり、体力調整も3000よりは楽になるので動きやすい。
3000よりコスオバもゆるいので安定感はある。

  • 百式
万能機だが荒らしもできるタイプなので、連携を取りやすい。
騎士は特射、百式はアシストという強武装がリロード式なので、L覚を有効に活用できるのもGOOD。
格闘寄りと組むよりは、中距離でメインなどのよろけも取ってくれやすい。

  • 騎士ガンダム
極めて安定しないものの、17秒ごとの足並みは揃うため割と普通にありなデュオ。
オンライン固定でもたまに見る。
コスオバしてどちらもゲージが切れているとヤバいが、そんな事は織り込み済みで荒らし荒らされて勝利を掴みたい人向け。

  • トライバーニングガンダム
格闘寄りと組んで荒らしまくりたいなら、やはりこの機体を呼んでみたい。
中距離のよろけを取ってくれないという難点はあるものの、総合的に見ればむしろやりたい事と性能のバランスがとれており安定しやすい。

2000

体力をフルに2回使えるのが魅力だが、性能的に問題があり、こちらが通常時に中距離でやりたい放題される。
そのためあまり向いてはいないがLL覚醒などを活かしきりたいなら。

  • メッサーラ
中距離なら3000並みに強いので通常時にこちらがダブルロックで蜂の巣になる危険が減る。
メッサを相手が追っても、メッサが相手を追っても、騎士にとって望ましい状況になりやすい。
2000で組むなら安定だろう。

1500

疑似タイに強い機体が多く、荒らしコンビとして決して悪くはない。
総耐久力も悪くなく、15側が修正され選択肢が広がれば望みあり。

  • ラゴゥ
メイン同士の連携が1500で最もしやすい。
疑似タイも強いのでぶん回ればかなり鬱陶しいコンビ。
難点は地走メタの武装がある機体が敵の時にあまりにも辛いところ。

  • イフリート改
今作で大幅に突進力が増加し、相手はイフ改を見なければならない場面がどうしても出てくる。
時限強化に合わせてもらえば噛み合いやすいだろう。

外部リンク


  • 後特射に前方射撃バリア確認済 -- 名無しさん (2019-03-28 13:25:50)
  • 横サブで盾投げ確認 - 名無しさん (2019-03-29 19:57:37)
  • 覚醒技の再現のとこ実際はブラックドラゴンの電撃みたいな魔術を全身を剣の炎で包んで跳ね除けてそのまま突撃してるから間違ってるぞ - 名無しさん (2019-03-29 21:48:20)
  • フルアーマ騎士の前特射スパアマかもヴィダールのカウンター入らなかった。 - 名無しさん (2019-03-30 17:43:20)
    • SAでもカウンター決まるんですが····· - 名無しさん (2019-03-30 19:33:24)
  • N特射にはスパアマあるっぽい - 名無しさん (2019-04-06 09:29:28)
  • 勝利ポーズのエフェクトは多分カードのエフェクトと一緒かな - 名無しさん (2019-04-12 10:08:27)
  • 勝利ポーズのエフェクトは自分にしか見えない模様 相方からは見えないです - 名無しさん (2019-04-23 19:47:28)
名前:
荒れる原因となりますので過度に主観の入った内容の投稿はお控えください。
+コメントログ