How to 自作PC3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは上記のすべてのパーツを用意したと仮定して作業を進めます。

  • 用意するもの
    ただ組み立てるだけならば、+ドライバー1本あれば充分。ねじが2種類あるので間違えないように。

1.マザーボードへCPUを装着する

+クリックで展開
  • 最初にマザーボードをケースに設置してしまうとやりにくいし、
    CPU クーラーの中にはバックパネルの設置が必要なものもあるので、ケースに入れる前にCPUを先に載せる。
    まずは電気の流れにくいところへマザーボードを置こう(外箱かマザーボードが入ってた袋の上に置くのが無難)。
    LGA はマザーボード上にある CPU ソケットを開けてみよう。
    付いているプラスチックのカバーは後で勝手に取れるので今は外さないでおく。
    レバーを押し込んで少し外側に引っ張ると爪から外れて開けられる。
    CPU とソケットには二個ずつ小さい凹凸が付いているので正しい向きでしか入らないようになっている。
    うまく嵌ったらレバーを戻し、カバーが外れて装着完了。
    AM3+/FM2 はソケット脇のレバーを上げてCPUはめてレバーを下げる。

2.CPUクーラーを装備

+クリックで展開
  • LGA の CPU付属のクーラーを使う場合はプッシュピンタイプとなる。
    CPU ソケット付近にある四つの穴を合わせて強く押せばおk。これはまじでつけにくいがめげない。
    AM3+/FM2 の場合はソケットの周りの枠にあるつめに引っ掛けてクーラーのレバーをくりってしてしっかりつける。
    別途購入したアフターパーツのクーラーの場合は説明書に従って付けよう。
    あまり巨大なクーラーだとケースにマザーボードを設置した後でないと取り付けられない場合もあるのでその辺は臨機応変に。
    この場合だと熱伝導グリスも購入しておくことをオススメする。
    熱伝導グリスは薄ければ薄いほどいい。クーラーを変える前にグリスを塗り直してみよう。

  • 付属クーラーは熱伝導グリスが最初から付いていることがある。グリスの袋が付いている場合と、CPUと接触する部分にシート状のものが塗られている場合がある。別売のCPUクーラーを購入した場合も付属でグリスがついてる場合が多い。

↑[良]
薄く満遍なく塗る
普通に塗る
はみ出すくらいに塗る
(塗りなおしの壁)
失敗(気泡が入っている、塗れていない部分がある等)
↓[悪]

  • 通常使用においてちょっとはみ出すくらい塗ってしまっても問題はないので神経質にならなくていい。
    真ん中にウンコ状に出してクーラーで押し付けて伸ばすと、最良の結果は望めないものの安定して普通レベルの塗りができる。
    いわゆる秘技センターウンコ。

  • クーラーを装着してしまうと、気泡などが見えないのでちゃんと塗れているのか目視で確認することは困難。そこで、BIOS画面から温度をモニターするのが良い。CPUの種類、室温、ケース、搭載ファン、他のパーツなどにより正常といえる温度の範囲は変わってくるが、40度以下ならば問題ないと見ていいだろう。70度くらいある場合は何か問題がある。中途半端な温度で判断が難しい場合はクーラーの金属部分に触れてみるといい。グリスに問題があると熱が伝わってこないので金属部も暖かくならない。くれぐれも火傷や怪我には注意。

  • CPU クーラーを取り外すとき、グリスでクーラーと CPU が完全一体化していて中々外れない事がある。
    そういう場合はベンチマークソフトなどで CPU を発熱させ、グリスを暖めた上で外すと外しやすい。
    無理に引き抜くと CPU ごと取れてしまい、CPU が ピン式の場合ピンが曲がったり、CPU ソケットが壊れる事がある。
    左右にこじってまず CPU とクーラーを分離するようにして外そう。なおこの現象は「スッポン」と呼ばれ自作板に専用スレが存在するほど有名である。

3.メモリを装備

+クリックで展開
  • 組み合わせによってはかなり硬く、やはりマザーボードをケースに設置した後だとやりにくいので先にメモリスロットにメモリを挿す。
    凹凸の位置があっているかを確認して挿し、横の爪をかませて完了。
    新品だと接点が馴染んでいないので数回抜き差しして馴染ませても良い。指が痛くなるがカドのあたりを上から押し込むようにする。メモリチップを挟むような持ち方はしないこと。

    ※大抵はデュアルチャンネル動作させるが、その二つのスロットの組み合わせはマザーボードによって違っていたりする。
    説明書をしっかり確認しよう。だいたいは同じ色の二箇所にさせば大丈夫だけどね。


※正しい差し込み方法

   親指          親指
   ⊃            ⊂ 
  ┌─────────┐
  │■■■■  ■■■■│
   |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

  ↓マザーボードに装着↓

4.マザーボードの設置

+クリックで展開
  • ケースを横たえた状態にし、サイドカバーを空けると、ネジ止めする部分が数ヶ所~十数ヶ所ある
    (マザーボードやケースのサイズによって異なる)。
    このネジ止めの位置は、マザーボードに空いている穴と一致する。
  • ケースのサイズによっては先に電源を取り付けた方がいい場合もある。
  • マザーボードを乗っける前に、背面の IO パネルをマザーボード付属の物に付け替えておくこと。
    ケース側のネジにスペーサ(高さのあるネジ)が付いていない場合はつけること。そのままやったらマザボはショートして死ぬ。

  ネジ穴              ネジ穴
   ↓      マザボ       ↓
 _________________
___||____________||___←スペーサー
           ケース

このように、マザボが浮いた状態にすること

  • あとはネジ止めだが、大抵はインチネジ。
    ネジは一箇所一箇所締めてしまわずに、まず全箇所にネジを軽く差し込んでおく。
    でないとマザボの位置が歪んだり曲がってしまい、最後の方のネジが入らなくなる。
    全箇所にネジが設置できたら最初に中心近くのネジを締め、次に周囲のネジを対角線上に締めていくと綺麗にネジ止め出来る。

    精度の悪いケースの場合、ネジ止めする前に拡張スロットに拡張カードを差し込んで位置決めの治具代わりにしてしまう。
    マザボの上の方と一番下の拡張スロットに適合する拡張カードを差し込んでしまい、拡張カードのブラケットをケースに仮止めし、
    その状態でネジ止めすると拡張カードの抜き差しがしにくい変な位置でマザボを固定してしまう事を防げる。
    マザボの固定が済んだら拡張カード類は抜いておく。

5.電源を設置

+クリックで展開
  • ケース後部には電源を装備するためのネジ部が四箇所あるはず。
    ぴったり嵌めてインチネジで止めればおk。

  ♯注意
  ケースによってはマザーボード装着後では電源が取り付けにくい、取り付けられないタイプもある。
  この場合先に付けた方がいいよ!
  尚、感電やショートの恐れがあるので、パーツの取り付け、交換時には必ずコンセントを抜いておく。

6.各種ドライブを装着

+クリックで展開
  • PCケースによって違うが基本的なタイプでは、CD、DVD ドライブは 5.25 インチベイの外からガコッと差し込み、横からネジ止め。
    HDD ドライブは内部にある 3.5 インチベイ(シャドウベイ)に差し込んで横からネジ止め。
    光学ドライブ類・FDD ドライブ・2.5 インチ HDD 等はミリネジ、3.5 インチ HDD はインチネジを使用する。

7.ケースとマザボ間の配線

+クリックで展開
  • ケースから出ている線をつなぐ。
    まずスイッチ・LED 類の PWR SW / Reset SW / HDD LED / POWER LED / SPEAKER といった線が出ているはずなので、
    これをマザーボードの対応した端子に挿す。スイッチは極性は無いが、LED 類は +/- の極性がある。
    配列を確かめるにはマザボのマニュアルを読もう。ケーブル先端のコネクタには + 極側には▼印が付いている。
    最近は SPEAKER 端子や Reset SW 端子が無いマザボやケースもある。無い場合は仕方ない。
    分かりにくいと思うが説明書と格闘しよう。

  • 次に USB・IEEE 1394 等のフロントパネル用のインターフェースも対応した場所に挿す。
   ※IEEE1394というスロットがこれと同じ形状だったりするが絶対に間違えて挿さないように。思いっきりショートするからマジぱない。

  • 次にフロントパネル用のオーディオ関係の端子を接続する。
    HD AUDIO、AC'97 と書かれた端子が一緒になっている線があるが、これはマザーボードが対応している方を挿す。
    両方対応している場合は HD AUDIO にしておこう。

8.グラフィックボードを装着

+クリックで展開
  • 裏板に付いている PCI スロット用の蓋は横のねじ一本を外すか、折るか、プラスチックの簡単取り付けプラグみたいなやつかの
    どれかでとれる。見ればすぐわかるのでよく見ましょう。
    後はあいた PCI-E×16 端子にグラフィックボードを挿せばおk。M/B と場所によっては性能に影響することもあるので
    PCI-Ex16 が複数あるマザーはどこに差せばいいのか説明書を読もう。

9.電源ケーブルの配線

+クリックで展開
  • 主に電源から出ている端子は5つ。ピン形状が合っていれば電圧も合っているようになっているので間違えずに済む。ありがたや。
    逆には刺さらなくなっているので形状をよく確認しよう。

  • 12V24 ピンケーブル・・・一番でっかいので分かりやすい。マザーボードにも同じ形状のスロットがあるのでそこに挿す。
    昔は20ピンだったため、電源から出ているケーブルも20+4ピンの構成になっていることがある。その場合はくっつけて使おう。
    これはマザーボード上の各チップや拡張カードに電力を供給する為のケーブルである。

  • 12V4ピンケーブル・・・24 ピンケーブル見たいな形状をした 4 ピンケーブル。通称田コネ。CPUの近くにあるスロットに挿す。
    8 ピンの場合もある(12V8 ピン EPS ケーブル)。
    電源からは 4+4 ピンが出ている場合がある。その場合はマザーに合わせて両方または片方だけ挿そう。
    これは CPU への電力を供給する為のケーブルである。

  • PCI-E 6 ピンケーブル・・・グラフィックボードに挿す。ハイエンドグラボだと 8 ピンの場合もある。
    CPUの 8 ピンと間違えないように。
    (親切な電源なら、ケーブルに CPU 用とか PCIE 用と書いたラベルがある)
    これは特に大量の電力を消費する拡張カードに電力を供給するものである。

no image
  • SATA 電源ケーブル・・・横長のへらべったい端子。HDD や DVD ドライブと言った SATA 接続をする機器に接続する。

○○○○
  • 4 ピンペリフェラルケーブル・・・ピンが横に四つ並んだ端子。ファンを接続したりする。
    一つの端子に♂♀両方のピンが付いてて何個でも数珠繋ぎにできるのもある。普通は♂か♀。
    なかなか入らなくてむりくりはめるとピンがソケットから抜けちゃうのでうまくカチャって入るように気をつけましょう。
    これは汎用の電力供給用である。

10.起動確認

+クリックで展開
  • マザー、メモリ、CPU、オンボードでないならグラボ、電源、スイッチをつないだ状態を最小構成とか言う。
    ここで一回ディスプレイつなげて電源入れてみる。入らなかったらなんか問題あるよ。
    電源にコンセントさし忘れてスイッチ入れてつかなくてあせったり、
    電源のスイッチいれずにスイッチ入れてつかなくてあせったり結構どきどきな瞬間。
    確認したら必ずコンセント抜いてから次の作業に移る事。通電したまま増設すると・・・死ぬよ?

11.各パーツの配線

+クリックで展開
  • HDD と DVD ドライブにある SATA 端子を SATA ケーブルでマザーボードの端子へ(基板上に SATA1,SATA2 と書かれている)。
    CPUクーラー、ケースファンなどはマザーボード上にチラホラ見られるファン用端子へ。詳しくはマザボの説明書を参照。
    CPU 付近にある端子は PWM 制御(温度に対応してファン回転数を変化させる機能)に対応するため 4 ピンになっているが、
    3 ピンのケーブルを挿しても差し支えない。

  • 以上で組み立ては完了となる。
    モニタ接続、BIOS 設定、OS のインストールは説明書を見るほうが安全だし、ネットにも腐るほど情報があるのでググりたもれ。