ディガイナのラジオ放送はシンテーア暦1695年に起こった大宇宙加盟国間に広まったラジオ放送の名称、またはそれに関連する一連の事件である。


概要

 ディガイナのラジオ放送は大宇宙国家間によく見られていた匿名のラジオ番組である。この名称は、このラジオ放送で各国の機密情報が漏洩している懸念を抱いたジエール帝国連邦が1695年の大宇宙連合会議の総会で「ディガイナのラジオ放送」と名前をつけ演説したことからこの名称が定着した。

放送内容

スキャンダル

  • ニーネン=シャプチ星衛主席のパローヴェグがとある貴族から不正献金を受け取っているのではないかと報道された。放送によると、「貴族は反ロフィルナ主義者であり、パローヴェグが密かに侵攻を企てている恐れがある」とした。実際この時期、パローヴェグは軍拡路線であった。

  • ロフィルナ国内におけるニーネン工作部隊のコックス暗殺支援説

 アルヴェンスト政権末期、1636年に勃発したルドラトリア紛争(中世ロフィルナ第四次内戦)を終結させたコックス最高議長だったが、その後、1656年に反乱軍残党の襲撃を受け銃殺された。当時、ロフィルナ国内ではニーネン人居留区の建設が進められており、コックス極右政権の増長で同国国内の安全保障に危機感を深めたティエフェダーム星衛主席はコックス議長の暗殺を目論み反乱軍への支援を講じて実行させた説がある。

 この説は後(ジサ戦争終結後)のメルベルトゥルス政権によって否定されたが、この件に関する情報統制を敷いたため、信憑性のある噂話としてロフィルナ国民の間で広まった。これはニーネン政府がロフィルナに対する政治的な影響力を持つことを意味する事象であり、『一連のロフィルナ軍によるエルナーゲリテーンでの暴挙を止められたのではないか』と反発する向きもある。


  • アクース内戦時、ロフィルナ政府は表面上中立を装ったが、実際はニーネン艦隊に対する後方支援を行っており、実質的な資本化陣営としてみなされていた。また、当時の補給艦隊司令官(当時65歳)はロフィルナ国内でも有数の名将として親しまれ、海賊戦争において傑出した成果を収めているという。その一方で重度のマザコンを拗らせており、常に母親の命令を優先するなど、艦隊司令官としては致命的な弱点を抱えていた。

宣伝・プロパガンダ

  • 青の教典(通称:ブルーのコーラン)が出版され、番組コマーシャルとして高い頻度で放送された。著作者はヴィッテンクレイル神国の支配者「スラース・ベルン」の一人と言われ、特にヴァルエルク共和国やニーネン=シャプチで流行し、カルト宗教アイサ教の狂信者が激増するなどといった社会問題となるほどの銀河規模のベストセラーになった。大宇宙連合総会でヴァルエルク代表が問題提起するほどのもので、各国調査団は当該の書籍を密輸していたサーヴァリア企業連合の悪徳マルチデバイス通販企業を次々と摘発したが、外交上の懸念により揉み消された。

国家機密


影響


真相


関連項目