ジエール麻雀学会とは1650年にジエール帝国連邦に設立された、麻雀の組織。元主席、ケルスト・ユガウトラ・ウュスにより設立された。定期的に麻雀大会を主催しており、大宇宙連合会議の世界麻雀大会を主催することもある。


設立

ジエール帝国連邦産世界的TCGWalstun Gelens:のプロプレイヤーであり、元主席、ケルスト・ユガウトラがアース連邦から持ちかえった麻雀を大宇宙で世界的に広めるために設立した。ジエール麻雀の基本的ルールはアース連邦ニフォン国の物が基盤となっている。

麻雀研究

麻雀をプレイの他、学会では麻雀に関する研究と論文発表が行われている。何待ち問題、何着る問題の他、オカルト麻雀に関するものなど様々な考えが発表されている。

帝国連邦公認ルール

使用牌

帝連麻雀では、特殊牌が使用される。發は碧となっており、中は藍になっている。なお、三元牌の純は、碧・白・藍となっている。

特殊役満

帝連麻雀では特殊役満が採用されている。

帝連和(テーレンホー)

東・白・藍で刻子を作る。

天嶺和(テンリンホー)

碧・白・藍、つまり大三元。

神国同盟(シェングオトンミン)

東・碧・白・青で刻子を作る。もしくはどれか一つが雀頭でもよい。

帝連宝燈(テーレンポウトウ)

萬子の九蓮が廃止されており、代わりにピンズで作ると帝連宝燈ができる。

大竹林

大車輪の索子版であるが、採用されている。

特殊役

三連刻・三連順

ニフォン麻雀ではローカル役となっているが、採用されている。

点数が変わる役

一盃口

2役となっている。

関連項目