このページは特定の国家の思想に偏っています。

 研鑽主義とは現在のサーヴァリア企業連合(当時のサーヴァリア王国連邦)で発達した思想である。対立思想に管理主義が挙げられ、クズのジエール帝国連邦どもに誹謗され続けている。
 思想の基盤は資本主義を中核としており、シンテーア暦1500年代前後からサーヴァリア王国連邦にて資本主義の高度な発達とともに盛んに唱えられるようになった。
 研鑽主義の基本理念は「人間はダイヤモンドである。磨けば磨くほど美しくなる。努力を怠らず、競争し合うことで人間は進化していく」という考え方である。


研鑽主義の発達

資本主義経済の発達

 シンテーア暦1400年代、シンテーア帝国で産業革命が発達すると、それはサーヴァリア王国連邦に大きな影響を与えた。もともと資源の豊富だったサーヴァリア王国連邦に産業革命が伝播すると、資本主義社会は次第に発展を遂げた。
 サーヴァリアでは元々の貴族が資本家として国内経済を支配していたため、資本主義の発達につれて労働者が権利を主張。ストライキが相次いだ。この頃、管理主義の提唱者、悪の根源であるギャッコー・セーヴェル・ディオンはサーヴァリアから国外追放されている。

研鑽主義の提唱

 シンテーア暦1500年代になるとサーヴァリア王国連邦内の大財閥の一つ「ダグテェガデ」の社長レアジェヴヨヴェ・ゲリティェッツァが研鑽主義を提唱する。
 1500年代に入ってもサーヴァリア国内は一部反動的労働者によるストライキを含むテロ行為に悩まされていた。ゲリティェッツァは研鑽主義こそ人類を進化させるより良い思想として、社内で大規模な宣伝を行った。例えば、社内の至る所に研鑽主義スローガンを張ったり、労働者に対し朝礼時研鑽主義スローガンを音読させるなど。
 これによりゲリティェッツァは社内労働者の洗脳、じゃなくて教育に成功し、社内労働者の幸福度は格段に上昇した。これを見た他の2つの大財閥もゲリティェッツァのマネをして、研鑽主義的なスローガンを社内に適応させた。

研鑽主義の採用

 研鑽主義はかつて労働者を啓発する一つのスローガンのような考え方に過ぎなかったが、これを国家の思想として採用したのがサーヴァリア企業連合である。
 1710暴動(サーヴァリア革命)の失敗後、以前の王国連邦政府は求心力を失い、サーヴァリア企業連合が誕生した。企業国家を成立させた三大財閥「ダグティェガデ」、「ホムゼラガ・ビェダ」、「ツァヴァラガ・ラーギット」は研鑽主義を国の思想とすることを憲法に明記した。

管理主義との対決

 1850年代以降、我がサーヴァリア企業連合は管理主義を国の思想として掲げるジエール帝国連邦と様々な要因のため対立を深める。
 ジエール帝国連邦は研鑽主義を非倫理的だとか、拝金主義だとか適当な理由で非難し続けている。しかし、我が国の経済的優位から見て研鑽主義が管理主義の先を行くことは自明であり、管理主義が滅ぶのも時間の問題である。

研鑽主義の理念

基本スローガン

 毎日朝礼の時に唱えよう。唱えない下請けには補助金を出さない。スローガンの下の理念も読み上げること。

人間はダイヤモンド。磨けば磨くほど美しく強く

 人間はダイヤモンドのようである。競争し切磋琢磨すれば、より美しく、より強くなれる。研鑽の精神が広がれば、みんなが競い合い、強い国ができる。

人には優しく、自分には厳しく

 甘ったれた人間に明日は来ない。助け合いの精神は大切だが、自分には厳しく使用。甘ったれている奴は磨かれず、汚く弱いままだ。

ノーリターンの精神で社会貢献

 ノーリターンの精神でサーヴァリア社会に生産力を捧げよう。あなたが捧げればサーヴァリアが強くなる。サーヴァリアが強くなればもっと頑張れる。

資本家の目線で考えよう

 私たちが働いて自己研鑽できるのも、すべて三大財閥を管理する資本家様方のおかげだ。どうやったら資本家様が喜ぶか、いつも考えながら作業しよう。

人間力は生物力

 生産力のない人間は生産力のない人間しか生めない。優れた種が遺伝子を残すのは生物の鉄則。生産力を上げることは人間力を上げること。優秀な種を残せるよう常に自己研鑽に努めよう。

無理っていうから嘘つきになる

 なんでも無理無理っていうから嘘つきになる。本当はやればできる。何事もやる気になってやれば絶対にできる。できないのはやる気がないから。

怠け者に明日はない

 研鑽しない物はがん細胞だ。企業連合という私たちの体を病気にしないよう、怠けものを撲滅しよう。時間に厳しく、始業30分前に配置につこう。

関連項目