黄金の神リュインはシンテーア神話に登場する神である。


概要


逸話

リュインはエレニエから生まれた人の子でした。リュインは際立って狡猾で、自分の利益だけを考えていました。
ある日リュインは黄金を掘り当てます。リュインは他人を雇い、その黄金を給与し、さらなる黄金を獲得しました。
リュインは黄金の光を浴びて尋常ではない愛着を抱きます。リュインは全ての黄金を自分のものにしようと考えました。
リュインはあえて黄金を一時的に手放し、さらなる黄金を手に入れたのです。
わずかな黄金で人々をこき使い、ついにリュインは黄金の城を築き上げました。
貧しい人はリュインに恵みを乞います。しかしリュインは自分の黄金を与えようとはしません。彼は常に対価として重労働を強いたのです。
これを見かねた月の神フローシュは彼に呪いをかけます。彼は黄金の光が美しく見えなくなってしまったのです。
彼は生きる意味を失ったように憔悴しました。彼はとうとう黄金の城から飛び降りようとします。
月の神フローシュは飛び降りた彼を救い上げ、こう言います。
「黄金を貧しい人に与えなさい」
リュインからしたら黄金などもうどうでも良いものでした。彼は城を切り崩し、リュインは今まで虐げた人たちに、貧しい人たちに黄金を与えました。
人々は彼に感謝し、彼を慕いました。彼は嬉しいと感じました。彼は他人のためになる喜びを知りました。
太陽の神ギレギトが彼に試練を与えます。
「黄金に頼って浮かれてはならない」
彼の黄金はみるみるうちに溶け、泥になってしまいます。リュインは絶望しませんでした。彼は世界の貧しい人を救うために旅立ちました。今までの経験を活かし、世界の人々に蓄積した技術をを教えて回ったのです。
太陽の神ギレギトはそれを見て頷き、月の神フローシュは感心しました。月の神フローシュが、彼の前に現れて手をかざすと、リュインに力を授けました。
彼は黄金を生み出す力を得たのです。しかし、その代償は自分の命を削ることでした。
リュインは黄金の神になりました。リュインは貧しい人を見つけては彼はわずかな命を犠牲にして黄金を与えました。
やがて彼の命が尽きると人々は彼、黄金の光リュインを崇め奉り続けるのでした。

関連項目