アオン・シオン・モインド・イェン・ソローン・デロンツェルス・ヴェード
Aon Sion Moind Y:en Soloon Delonvels Veed
アオン・シオン首相
生年月日 シンテーア暦1508年
11月4日生まれ
出生地 シンテーア帝国
ケニアゼンレギトレインスネルク
出身校 シンクトレア国際語言大学
称号 味方でよかった拝金主義者
配偶者 ???(多分7人くらい)
状態異常 高所恐怖症・アルコール依存症
異常性癖 3P
タバコの銘柄 帝連第一

アオン・シオン・モインド・イェン・ソローン・デロンツェルス・ヴェード(エミュンス語Aon Sion Moind Y:en Soloon Delonvels Veed)はシンテーア(ジエール)の元革命家、政治家。

経歴

生い立ち

 アオンは裕福な家庭で育ち、成績は良好であった。高校生までは超の付く社会主義のアンチであり、自由主義を信仰していた。

大学時代

 彼は夢であったヴァルエルク留学を実現するため、シンクトレア国際語言大学へ入学。そこで、エルトリア語ヴァルエルク方言を学ぶ。初めは研究対象を社会主義批判に定め、エルトリア語で論文を書こうと決めていたが、ヴァルエルク留学後、資本主義の矛盾に気付き始め、帰国後見えなかったシンテーア政治の問題点も浮き彫りになったように理解し始めた。
 彼はかつてのレーウス星の社会主義を「失敗した社会主義」と批判する論文を書きながら、秘密裡に新しい社会主義である管理主義に興味を持ち始めた。そして、後に管理主義三銃士と呼ばれる、同じく管理主義に関心を抱いていたルニアス・ジヴェジルスウーナ・ヴェーデイン・フォスドーレウらと出会うことになる。彼等は秘密裏に立ち上げた管理主義研究会に集い、非公式にメンバーを集めては会合を繰り返した。また、ルニアスは皇帝の肩書上、研究会のリーダーを務められないため、アオンが実際のリーダーを務めた。このころから、アオンはギャッコーの提唱する原始的管理主義は管理主義社会を建設するまでのプロセスを重視するあまり、未来的なビジョンが足りないと批判し、研究会のメンバーはその批判を真摯に受け止め課題として研究した。

革命への参加

 革命前夜までには管理主義研究会は様々な大学に波及し、反社会団体として各地で当局の捜査を受けるようにまでなっていた。大学卒業後アオンらは管理主義研究会の地下アジトを開設し、以前より強化された指揮系統を維持しつつその本拠地ががレギトレインスネルクにあるという情報を封鎖した。また皇帝批判を禁止しつつ、むしろジヒラート6世のように皇帝による革命を望むように訴え、皇帝ルニアスが参加していることも最大の秘密とした。
 永帝革命が発生すると、アオンはウーナと共に革命の主役を演じる。アオンは各地の研究会に決起を呼びかけた。各地の管理主義研究会は皇帝ルニアスが味方であることを知らされ、士気は最高潮に達した。アオンは特に政治的な宣伝が得意で、プロパガンダの言葉選びなどを積極的に指示し、共和国軍が人心を獲得するように仕向けた。

革命の終結

 革命が終結すると、継続して政治宣伝を活発に行い、主席となったルニアスを支えた。しかし、彼はルニアスとはまた異なった管理主義的思想を持ち合わせており、そのことをルニアスやウーナもよく知っていた。彼はルニアスの主張するルニアス主義式管理主義は「欲」による前進力が足りず、経済の成長を止めうると指摘していた。
 また、その成長力の低下は国防をおろそかにし、軍事費に経費を割くことを無駄だと考えていたルニアス主義をお花畑式管理主義と批判しし、侵略戦争により拝金主義者にすべて奪われると警鐘を鳴らした。ルニアスも自信の精神が摩耗するなか、自分を支えてくれたアオンに感謝を表しつつ、アオン式管理主義であるアオン主義を次第に受け入れるようになった。

アオンの政策

 ルニアス主席の精神が限界を迎えたと感じると、アオンとウーナは友人として、彼に交代を打診。ルニアスの意向もあり、シンテーア議会は協議の上アオンが次の主席を執り行うことを決定。アオンはここで、国家拝金主義構想を実行することを決定。しかし、すでにルニアス主義の宣伝が浸透している現代において、アオン主義を実行しては人民の反発を招くと判断したアオンは、ルニアスを再び皇帝に即位させ、永帝革命をジヒラート6世を彷彿とさせる「皇帝による革命」と強調した。そして、自信を首相とし、自分の政策はケニアズの管理下にあるということをアピールし、批判を避けた。隠居を希望していたルニアスはさすがにこれには耐えきれなかったが、アオンは「名前だけ貸して」と彼に告げ、彼に仕事をさせないという条件で許可をした。
 アオンはまず、管理主義の維持には外的の排除もしくは弱体化が必要だと説き、シンテーアのさらなる発展のために、拝金主義者から逆に搾取をするべきであると主張した。
 アオンはルニアス主義を念頭に国家拝金主義構想を実行し、非常に多くの成果を上げた。ルニアス主義の基盤である、機械化無人生産施設を最優先で増設し、最低でも全人民が働かなくとも生きていける経済を安定化させた。そして、「好きなことだけをして生きていける社会」というギャッコー・ルニアス思想の言葉を借用し研究者、技術者、創作家を推奨した。

アオン主義の成果

 アオン主義政治の元、多くの発明、創作物が排出され、アオンはそれに目をつけて、技術省、創作省を設立。技術省、創作省では発明家や創作家に資金を提供し、宣伝活動などを代行。外貨の獲得を目指して獲得し、積極的にピンハネを行った。これに対し、技術者、創作家は拝金主義的と批判。しかし、アオンは彼らに対し富を独占しようとする拝金主義者と逆非難。一方でアオンは成果を上げた発明家、創作家にさらなる予算という形で給付金を上乗せし、また勲章を授けるなどモチベーションの維持に努めた。
 最も大きな要因となったのが、不死技術の開発である。シンテーアの初期段階の不死技術が完成すると、アオンはこの技術情報をあらゆる手段を尽くして保護。ブラックボックスに入れたまま、外国の拝金主義者に法外な値段で売りつけた。国内では不死技術の安定化に努め、通常の人民でも手の届く技術になるまで普及させた。外国の拝金主義者は若返りができて、寿命も延びるとあの手この手で食いつき、世界の資金がシンテーアに集中。世界各国との外交問題にまで発展した。
 一方で、アオンは軍事費を絶妙に調整し、外交面でも気を配り譲歩できる面で譲歩しつつ、天才的な政治力で継続して資金の獲得に専念した。こうして獲得した外貨は以降、シンテーアの宇宙開発やさらなる研究に活かされることとなり、アオン・シオンはこれから何百年と発展していくシンテーア、ジエールの土台を作ったのである。
 「拝金主義者が独占していた餅を、ギャッコーが問題提起し、ルニアスが取り戻し、アオンが売って人民に金を配った」という言葉は非常に的を得ている。

キャラソン


名言

 「お前の管理主義はあまりにもお花畑だ。みんなが仕事をしなくてよくなった、よかったね。問題はそれからだ」―ルニアスに対して
 「国防費を研究に回せという気持ちはわかる。ただ、管理主義という磨きたての宝石を拝金主義者に奪われるわけにはいかない」―国防政策に関して
 「俺を拝金主義者と批判する奴は、個人拝金主義者だ。俺は国家拝金主義者で、管理主義者だ」―アオン批判に対して
 「政治は趣味みたいなもんだ、俺の趣味で国を、人民を豊かにして見せよう。君たちもできるはずだ」―趣味の推奨に関して
 「グミ工場の増設を前向きに検討する。糖分は発明に有益だ」―ミティリの具申に対して
 「酒を飲みながら政治の話をするのは、最高だよォ!!」―ルニアス、ウーナとの飲み会は今でも毎週行われる
 「ヴィッテンクレイル滅ぼしTRPG開発したからテストプレイしようぜ!」―プレイヤーに選択肢を用意しないクソゲー開発家の一面も持つアオン




関連項目

添付ファイル