ウーナ・ヴェーデイン・モインド・イェン・ズゲナエ・テーレンプローシェ・フォスドーレウ
Uuna Veedein Moind Y:en Zgenae Teelrenploos:e Fosdooreu
ウーナ・ヴェーデイン主席
生年月日 シンテーア暦1507年
8月8日生まれ
出生地 シンテーア帝国
ケニアゼンレギトレインスネルク
出身校 シンクトレア国際語言大学
称号 帝連の母・メンヘラメルヘン管理主義女
配偶者 なし
異常性癖 マジキチ系

ウーナ・ヴェーデイン・モインド・イェン・ズゲナエ・テーレンプローシェ・フォスドーレウ(エミュンス語Uuna Veedein Moind Y:en Zgenae Teelrenploos:e Fosdooreu)はシンテーア(ジエール)の元革命家、政治家。

経歴

生い立ち

 高校生時代までは恵まれぬ家庭で育ち、生活は非常に貧しく苦しいものだった。しかし、高校時代から父が国栄党議員とコネ関係を持つようになり、生活は一変して裕福なものとなった。小さい頃から両親から勉強すれば裕福になれるとしつけられ、また生活が貧しかったため流行りのゲームなどは買ってもらえず、非常に勉強熱心で読書が大好きな子に育った。
 周囲からの印象はがり勉の近寄りがたい子だったが、一度仲良くなるととことん付き合いの良いギャップのある人といったところで、容姿が端麗だったこともあり、他の学生から非常にモテていた。しかし、シンテーア文化を重んじ、厳格な両親は学生同士による恋愛を不純であると考え、それを許さなかった。ウーナはその言いつけを守ってはいたが、自身の強い性欲との板挟みに悩み続けた。このころから彼女の部屋にはエロ本コレクションができはじめ、その内容は次第にマニアックになっていき、ついにはスカトロ物に手を出すなど変態度はこの時代にエスカレートしていった。さらに時間を見つけては変態妄想をする癖がついてしまい、それが原因で周りからはよく考え事をしている、ことから政治に関心があるのではと思われるようになり、また本人もそれがきっかけで政治に関心を持ち出した。

大学時代

 彼女の家庭は父と議員のコネで突如として裕福になったわけだが、彼女はその現実に懐疑的であった。そもそも、議員と少しばかり仲が良くなっただけで、このように言葉通り”すべてが変わった”なんて起こってよいはずがない。ウーナは疑問を自身の目で見て解決することを決意し、世界を覗くため故郷ネルケンヒェンを離れ、語学の聖地とまで言われた名門大学であるシンクトレア国際語言大学への進学を実現させた。
 シンクトレア国際語言大学ではサーヴァリア語を学び、サーヴァリアに短期留学をした。彼女はサーヴァリアの都市部と郊外の格差に驚き、シンテーアもサーヴァリアも金が第一の拝金資本主義であると絶望した。貧しい生活を自らの身を通じて体験したウーナはボランティア活動にのめり込むようになり、その慈愛の精神を大学からも受賞されていた。
 彼女の資本主義への憎悪はやがて秘密組織、管理主義研究会の目に留り、そこで後に管理主義三銃士と呼ばれるルニアス・ジヴェジルスアオン・シオン・ヴェードと意気投合する。
 また、故郷を離れ両親の束縛から解放された彼女であったが、すでに手遅れの段階に達した彼女の変態プレイについていける者はおらず、満足できないと突然キレだすなど精神の異常を疑わるようになってきた。

革命への参加

 管理主義革命では、ウーナは報道官を務めた。彼女の怒りの演説は多くの人民を奮い立たせた。永帝革命を通じて彼女は多くの人民に名を知られるようになり、いずれは大物政治家になると期待された。また、革命中に話題になった、愛する者同士何人でも結婚してもよいという新たな婚姻形態である新複婚制に関心を持ち、その実現に尽力した。

革命の終結

 革命が終結すると、ウーナは共和国政府は初の宣伝省長官を務めた。また共和国最高委員会ではアオン思想をさらに発展させた、世界各国が管理主義を採用すれば、戦争は怒らず平和な世の中になるというウーナ思想(世界管理主義革命思想)を展開、多くの政治家に影響を与えた。ルニアスやアオンも革命終結後の人民にさらなる目標と希望を与えるとして、それを支持した。
 また、彼女は拝金主義者抹殺に躍起になり始めたルニアスに相互監視的疑心暗鬼社会は管理主義の目指す先ではないと警告し、彼の精神崩壊後も積極的に見舞いに行くなど、管理主義三銃士の絆は革命終結後も強まっていった。さらにルニアス政権からアオン政権への転換を支えるために積極的に政治工作を行い、政権の潤滑的な交代に一役買った。

大開拓時代

 アオン・シオンは国家拝金主義的管理主義政策の成功後、科学研究に財政を傾けた。三代目首相のヴェル・ベランスの時代になるとシンテーアは一気に宇宙開発を推し進め、惑星エルナーゲリテーンや惑星ヒェルニエを併合していった。その頃、惑星併合の大義名分としてウーナが過去提唱していた世界管理主義革命思想がと上げられるようになっており、次第にウーナの台頭を求める声が大きくなっていた。

帝連設立

 ウーナは自ら世界管理主義化を推し進めるために、立ち上がった。併合された惑星をまとめ上げるために得意な政治工作を駆使し、世界管理主義化を推し進める地盤として、惑星エルナーゲリテーンと惑星ヒェルニエ、天嶺皇国に巨額の管理主義開発資金を投入した。さらには管理主義国家による共同体設立を掲げ、ジエール帝国連邦を設立。自信を初代主席にし、現在まで続く帝連の基本的な政治体系を築き上げた。
 一方で、惑星ヒェルニエや天嶺皇国に重点的に投入された管理主義開発資金があまりにも巨額だったために、ウーナの目指していた世界管理主義化は「ジエールの支援による世界管理主義化」から「自主開発と革命支援による世界管理主義化」への転換を余儀なくされた。管理主義経済の確立にはあまりにも巨額の開発資金が必要になるため、拝金資本主義の力で開発し終わった国に啓蒙的革命工作をし、誕生した管理主義国家をジエールに組み込もうという考え方へシフトしたのである。
 ウーナによる執政は理想主義の現実を見せる結果となってしまったが、世界管理主義化の母体である帝連を設立した業績は今でも称えられ続け、名実ともに管理主義三銃士の一員として数えられている。 

1700年代

 1700年代には秘密結社リェニュト6の設立と、諜報機関イェーネンイェーを通じたジエール権力の掌握を実現すべく、アオンやルニアスと共に暗躍した。


名言

 「争い、嫉妬のない時代がやってくる、もうすぐだ。みんなで手を伸ばそう」―永帝革命に際して
 「シンテーアは管理主義の母(ploos:e)だ、ジエールを管理主義国家の大家族にしよう!」―帝連設立に際して
 「無限の慈悲を以て、弱きものを助けよう。我々が困ったときは彼らに助けてもらう」―管理主義開発資金援助に際して
 「クソッ、アブノーマルなプレイは愛情の表れだって言っているだろ!誰もわかってくれないんだ!」―ルニアス、アオンとも酒の場において
 「恋人か、私の相手をするなら小便ぐらい軽く飲んでもらわなくては困るな」―恋人がいない理由に対する回答が察し
 「いいだろう、だがそのゲームにお前らが負けたとき、私のケツを舐めてもらうぞ」―賭け勝負の条件にサンヴァーもドン引き
 「アース連邦のニフォンという国には”クソ食らえ”という言葉があるらしいな。行ってみたいな、ニフォン」―アース連邦に関して

帝連主席


関連項目